歌手ヨン・ジュンヒョンが戻ってきた。

10日午後、ヨン・ジュンヒョンが新しいEP「ロナー(LONER)」発売記念記者懇談会をオンラインで行った。 「LONER」はヨン・ジュンヒョンが4年ぶりに披露するソロアルバムだ。一人で過ごす時間の中を通り過ぎる多くの考えや多様な感情からインスピレーションを受けて下された曲をまとめた。タイトなラッピングと中毒性の強いフックも際立つ。この他にも今回のアルバムには、むしろ私が嫌いだとし、’LONELY(ロンリー)’,’PRAHA(プラハ)’,’GET OVER YOU(ゲットオーバー有)’,’PIECES(フィシス)’まで計6曲が収録される。/p>

この日のカムバックの場でヨン・ジュンヒョンは「久しぶりに新しい音楽とアルバムを披露して嬉しい。とときめきもした。多くの感情が混ざった。今はとても気持ちいい」と挨拶した。続いて「久しぶりに発売するアルバムだけにファンをはじめ、できるだけ多くの方々にアルバムを紹介したかった。多くの関心を受けたかった」と付け加えた。彼は「一人でいる時間が好きだ。でも、幕屋が嫌いでテレビをつけた。そう、自宅で一人で孤独で寂しい時間を過ごすときに来る自由がある。周辺に多くの人がいても孤独な時がある」と共感して悩むことができるアルバムを作りたかった」と話した。

0000171924_002_202211110161901505.jpg?type=w540″>

一方、ヨン・ジュンヒョンは2019年3月、歌手チョ​​ン・ジュニョンが団体チャットルームで性関係のこっそりカメラ映像を知った人たちと回した。当時、彼は「2015年末、チョン・ジュニョンとお酒を飲んだ翌日1:1チャットルームを通じてお互いの安否を聞いてより違法動画を撮った事実を知ることになり、共有された違法動画を見たことがあり、不適切な会話をやりとりした」と詩人した。参考人として警察の調査を受けた後、2019年3月14日に所属チームだったハイライトから脱退した。安否を尋ねるより違法動画を撮った事実を知ることになったし、その後1:1チャットルームを通じて共有された違法動画を見たことがあり、これに対する不適切な会話をやりとりした」と認めた。以後参考である警察の調査を受けて所属チームのハイライトから脱退した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!