ターニングポイント
今日の新曲「春星の花」で賑わい続ける

type=w540″> [ソウル=ニューシス]蝶。 2022.11.11. (写真=アルアンディカンパニー提供)[email protected] *再販売とDB禁止今年デビュー15年目の歌手蝶(36・アン・ジホ)は再び翼を広げた。今年MBC TVバラエティ「遊んだら何ですか?」を通じて結成された女性ボーカルグループプロジェクト「WSGワーナービー」メンバーに抜擢され、自身の真価を再確認した。 「蝶効果」という言葉も出てくる。蝶の羽ばたきが地球の反対側では台風を起こす可能性があるという意味が国内芸能界では歌手蝶の続く羽ばたきが結局大きな風を起こしたという意味と通じる。

最近ソウル麻浦区で会った蝶は「今年一年忙しかったが、WSGワナビーが「ターニングポイント」になった。今年は私が「春」のような1年だった」と吸足した。

蝶は冬を控えた11日午後6時、新曲「春星花」を発売し、風風を続けていく。デュオ「メロマンス」のチョン・ドンファンと一緒に作業した曲。今春の蝶がメロマンスのヒット曲「プレゼント」をリメイクさせたのが縁になった。

蝶は、「蝶」とバラードや高音を上げることを期待していることを知っているが、「遊ぶと何?」で明るい姿をたくさん見せてくれただけに、今回明るい曲がしたかった」と説明だった。 2022.11.11. (写真=アルアンディカンパニー提供) [email protected] 「私の状況と私がやりたい言葉を盛り込んだ。私も子育てを並行しながら体も心も疲れる時があるが、その都度「よくやっている。大丈夫」と言ってあげたかった。 「ということだ。

タイトル「春星花」は心の春を意味する。 「大変な時期があっても皆さんの季節が春である、輝く星、明るく咲く花であることを必ず覚えながら買ってほしいというメッセージを込めた」とし「私が誰かを慰める手段は「歌」だ。歌を通じてリスナー皆さんが共感してくださったら嬉しい」と伝えた。

WSGワーナービーメンバーとは依然として着実に連絡している。 「この友達がすることがすべてうまくいってほしい。私が助けてくれることがあれば助けるだろう。機会になれば、メンバーたちと新しい歌で一緒にしたい」という気持ちだ。

「見たかった」はまだチャートに名前を上げる。このチームのメンバーだった’白(HYNN)’も来る23日音源を発売する。蝶は「『遊ぶ』当時、みんなが一生懸命やったので感謝しても出てきた結果だ。最近のチャートには連れていない。と歌って様々なコンテンツで皆さんを探してみたい」と伝えた。

.jpg?type=w540″> [ソウル=ニューシス] WSGワナビー12人団体。 2022.07.089。 (写真=「遊んだら何してるの?」提供) [email protected] *再販やDB禁止ヒット曲「家に帰らない」のようにスパイシーな雰囲気の曲をまた出す意向もある。蝶は「「家に行かない」よりも辛い味で発売する意向がある」とし「MZ世代が率直で、おっぱいがない。逆走行になってほしい」と願った。

蝶は「何年も前に音楽をやめたかったことがあった」と告白した。 「デビュー8年目頃だった。以前は上位圏にあったが、アルバムをいくらよく準備して出てもチャートに上がらない姿を見て自信が下落した。’人々がこれ以上私の歌を探さない感じ’になって萎縮した」と打ち明けた。 。 「夫が横でたくさん自信を盛り上げてくれた。「蝶らしく」という言葉をたくさんしてくれた。だから今は楽しみながら幸せに歌っ​​ている。」

‘に出演し、2008年にシングル’アイラブユ(I Luv U)’を発売してデビューした。 「心が痛くて」、「家に帰らない」、「うまくいったのよ」などのヒット曲を出した。新人時代「友達のような歌手」が目標だった。高校時代から音楽を愛する心は一貫して本気だった。

「姉妹の歌を聞きながら育ったが、今結婚して一緒に年をとる」という応援もよく受ける。私もいましたが、これまで私の歌を惜しんで応援してくださった方々がおられたので、彼らに歌をもっと聞かせてあげたい。 p>

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!