>グループ防弾少年団メンバージーンが米国全域で放送されるK-POP専用チャートショー「K-POP RADAR」のウィークリーファンダムチャートで1位を占めた。’がK-POP初めて米国ラジオ番組で正規編成されて話題を集めている中、11日K-POPレーダーウィークリーファンダムチャートが発表された。 1位の座を占めた。ビューを記録した。 1週間ぶりに3千万ビューを超える記録を見せてソロデビューの出発を知らせた。 「Generation」が3位に入り、クラシック(CLASS:y)の新曲「Tick Tick Boom」がカムバックと同時に8位に上がった。活躍も目を引く。最近カムバックのニュースを伝え、「私の手の中のダックメイト、ブリップ」の「blah blah(ブラブラ)」に出演し、「顔の近接ショット」中心の映像でK-POPファンの間で話題を集めたユナイトは新曲「Bad Cupid(Bad) 「Cupid」で9位を占め、成長傾向を証明した。毎週木曜日午後8時ごとに1時間、米国全域に放送される。 C.ポップレーダーウィークリートレンディングチャートは、90%以上が海外で消費されるK-POPの現在の状況に合わせて、グローバルメジャープラットフォームのデータに基づいて作成される唯一のK-POP専用チャートです。 YouTubeのミュージックビデオの再生回数や発売日はもちろんのこと、TwitterやInstagramのフォロワーの増加量、Spotifyのフォロワーの増加量などの主要なグローバルメジャープラットフォームで起こるファンダムの増減数値を反映したチャートとして知られている。

K-POPレーダーウィークリートレンディングチャートは、88ライジングラジオとK-POPレーダーSNSで確認することができます。スケジュールアラート、ブリップ」を披露した音楽スタートアップスペースオーディティで音楽業界のために全K-POPアーティストたちのファンダムの規模と変化量を一目で把握できるように無料でオープンしたサービスだ。

チームのリアルタイムミュージックビデオ視聴数、YouTubeの購読者、Twitter、Instagramのフォロワーなどの変化量をウェブサイトの形で提供しており、毎年「K-POP世界地図」を公開してきて話題を作っている。 2020年にはTwitterと公式パートナー協約を結んでK-POPの10年成長グラフと現況を発表した。今年「2022 K-POP RADARカンファレンス」は「2022 K-POP GLOBAL MAP:ファンデミックを過ぎ、2022 K-POP世界地図」、「Girls on Top:4th Gen Girl groups」、「K-POP LOVERS CLUB:02 「2022 K-POP 10 PICKS:今年を輝かせたK-POP 10選」合計4つのセッションで行われる。全セッションを公開する

ファン・ヒョイオンライン記者 [email protected]

‘のウィークリーファンダムチャートで1位を占めた。 K-POP専用チャートプログラム「K-POPレーダー」がK-POPで初めて

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!