歌手ホン・ジニョンが先行公開曲「君がいた」音源を今日(11日)公開する。

プラットフォームを通じて発売する。

「君がいた」というフォークとカントリーミュージックスタイルが調和した曲で、ホン・ジニョンならではの個性と感受性が感じられる声が調和した。ピアノ演奏で穏やかに始まり、簡潔に積み重ねていく楽器の演奏が過ぎ去った愛に対する懐かしさを振り返り、濃い香水を感じさせる。

「風がまたこの街に吹く/一緒に歩いていたこの街並み そんなに/私のそばにはただ君だけがいないだけなのに……」 …きらびやかに輝いた僕の愛/思い出の中にちょうど捨てるには/君を描く私の愛が本当に深い/私のそばに君がいた」という曲の雰囲気は大衆歌謡の最も主なテーマである愛と別れの物語を客観化して自我性察の換気で感動を加える。

イントロと曲の流れ サイサイピアノリバースサウンドを通じて、懐かしさのさわやかなイメージの余韻を表現、スサンとなっていく季節感を音楽的におしゃれで美しく形象化した。弦楽アンサンブルのダイナミックな演奏を通じて音楽が与える凄惨で寂しい感情と希望的で肯定的なエネルギーを発散する。

感動の叙事詩で季節の叙情的な感性を引き出したこの曲は、作曲家ホ・ジンホと共にホン・ジニョンが作詞と編曲作業に参加して完成度を高めた。

一方ホン・ジニョンは先行公開以後、12月にミニアルバム発売とMBN「燃えるトロットマン」に出演して放送活動を続ける予定だ。があった」音源を今日(11日)公開する。 12月にミニアルバム発売を控えたホン・ジニョンは収録曲「君がいた」音源を11日午後6時音楽プラットフォームを通じて発売する。 「君がいた」というフォークとコン

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!