w540″>グループトレンド誌/写真=グローバルエイチメディアグループトレンド誌(ハライト、レオン、ユンウ、韓国、ラエル、ウンイル、イェチャン)が梨泰院惨事にした次々に延期されたカムバックに対する考えを明らかにした。 12日公開される新しいシングル「ブルーセットチャプター」。 「アンノウンコード」(BLUE SET Chapter. UNKNOWN CODE)発売記念ラウンドインタビューを通じてスターニュースと出会い、様々な話を交わした。 (One Way to Go)、「ブレイクダウン」(Breakdown)など合計3曲が収録された今回のアルバムには、FTアイランド、インフィニット、エンフライング、ラブリーズなどのアルバムを制作した作曲家兼プロデューサーリーズ(LEEZ)が参加した。またメンバーラエル、韓国、イェチャンも直接作詞に参加して意味を加えた。

アルバムに仕上げることになってより特別に感じられる”と明らかにした。

グループ=トレンド誌/写真=グローバルエイチメディア当初のトレンド誌は去る3日カムバック予定だったが、梨泰院事故に哀悼を表して新曲発売を一回演じた。彼らは今回のアルバムを通じてついに理想郷に到達した自分たちの新たな方向性と話を繰り広げる。

この病気で、初めてその知らせに触れた時、信じられなかった。胸が痛かった」とし「深く哀悼するのが最も重要なのに(カムバック演技に対する)残念、後悔は全くなかった。皆の心が速く回復されることを心から祈る」と伝えた。

タイトル曲「バガボンド」はパワフルなシンセベースが際立つヒップホップベースのダンス曲だ。夢の世界に到達したが、そこに居住せず、放浪者の姿勢で自分に絶えず質問を投げながら進む混乱の自我を表現した。本当にたくさん入った」とし「どこか分からない空間で放浪する姿をいっぱい込んだアルバムだ。その姿を大衆と推測して楽しむといいと思う」と説明した。最初に、2番目のミニアルバムでは、私たちが混乱に閉じ込められていたので、多くの方が今回はメンバーが混乱を脱出したくないかと思っていたでしょうが、今回は(もう一つの理想香を)発見して終了します。曲はもちろんのこと、ミュージックビデオ、コンセプトフォトなどにも放浪者のコンセプトがよく現れたので、多くの期待をお願いいたします。 image/108/2022/11/12/0003103822_003_20221112100104030.jpg?type=w540″>グループトレンド誌/写真=グローバルエッチメディアメインダンサーのレオンはパフォーマンスに自信を持って。彼は「最初の曲を受けた時、「これはできた」と思った。今回の振り付けは映画「マッドマックス」がモチーフで口を覆う振り付けがあり、中途半端な休憩がない。

メンバーが考える「ブルーセットチャプター」。アンノンコード’の定義は何だろうか。ユンウは「「これは可能だ?」という疑問型だと思う。したい感じだから「と自信を示した。そういえばラエルは「スペシャル」だと思う」と「アンノウンコード」というもの自体が特別ではないか。状況自体を放浪者と表現するコンセプトが特別だと思う」と誇りを表わした。これに対してウンイルは「(放浪者は)世の中の誰もが共感するほどのテーマのようで、私たちはそれを音楽で表現するだけだ。だから、乖離感よりも共感が大きくないかと思う」と説明した。

キムノを記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!