(EXPORTSニュースキム・イェナ記者)グループNTX(エンティエックス)が音楽から靭性まで似たいロールモデルアーティストを挙げて成長に対する期待感を植えた。 23日午後、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールでNTX(ヒョンジン、ユンヒョク、ジェミン、チャンフン、ホジュン、ロヒョン、ウンホ、チソン、スンウォン)新シングル「レイトコマール」発売記念ショーケースを開催した。

NXT新しいシングル「レートコマー」は、メンバーのロヒョンが作詞、作曲、編曲から録音など全体的なプロデュースを引き受け、音楽的能力はもちろんチームの色まではっきりと見せた。今回のシングルには中毒性の強いベースとドラムが印象的なタイトル曲「オールドスクール」とリードサウンドをメインにとった収録曲「ヴィンテージガール」など、両方とも2曲が収録された。 >

約1年空白を終えて歌謡界カムバックしただけに音楽的悩みが大きかったと。ロヒョンは「空白期の間、様々な音楽に触れているうちにヒップホップ音楽に楽しさを感じた。レトロが流行なだけにヒップホップと交差すれば面白そうだった。 「と説明した。

昨年歌謡界正式デビューしたNTXは、特有の愉快でエネルギーあふれるエネルギーはもちろん、自社製作という音楽的実力まで備えたチームとして多くの注目を集めている。メンバーたちはそれぞれ異なるロールモデルあるいは好きなアーティストを挙げ、今後NTXの成長を期待させた。ホンジュンは「ダンス的にはアストロムンビン先輩、音楽的にはIUの先輩、靭性は防弾少年団のジン先輩にしている」と具体的にロールモデルに言及した。イ・ウンホは「ハイライトヤン・ヨソプ先輩をボーカル的にロールモデルにしている」と伝えた。なお、チャンフンは「ザボーイズ先輩たちをファン心で好きだ」、ユンヒョクは「ビッグバン先輩たちが好きだ」と告白した。

この日は「オールドスクール」らしいヒップホップスタイルのファッションやアイテムなどを着用して1990年代の雰囲気を漂わせた。ロヒョンは「1990年代に流行した音楽放送の舞台を取り上げてポイントを与えた。当時アイドルたちの舞台をモチーフにして振り付けやビートなどを新たに再解釈した部分を重点的に見てほしい」と尋ねた。また、ロヒョンは「1990年代と差別点といえばミックスポップ的な要素」と挙げ、「オールドスクール」の中にも、バルスとビルドアップ、フックとブリッジ区間まで様々なビットの中で変化を感じることができる。サウンド変化を与え、当代の感じを与えて最大限努力した」と説明した。

これらは「こんなアイドルは初めて」という評価を受けたいと言った。ヒョンジンは「NTXだけの多様性を今後お見せする予定だ。ゆっくり時間を置いてお見せするという約束する」と伝えて期待感を植えた。

一方NTX新しいシングル「レートコマー」は今日(23日)午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて発売される。

写真=ビクトリーカンパニー

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!