朝鮮鄭光記者] 人生に活気がなく、苦しい人々、あるいは孤独で疲れて苦しい人々、あるいは慰めと癒しが必要な人々に歌手蝶が伝える。あなたは日差しのように暖かい春であり、夜空に輝く星である。

蝶は最近ソウル麻浦一カフェでスポーツ朝鮮と会って、新しいシングル「春星花」についての話を聞かせた。 11日、新しいシングル「春星花」を発表した蝶は、この曲を通じて肯定的なエネルギーを伝達する計画だ。何より切ない別れバラードで有名な蝶が明るい雰囲気のミディアムテンポでなされたアルアンビージャンルを持って出て驚きをかもし出す。

今回の曲作詞をして、メロマンスチョン・ドンファンと共同作曲をした蝶は「昨春メロマンス「プレゼント」リメイクをしながら縁を結んだが、私がドンファンさんピアノ演奏をとても好きだったし今回機会で一緒に曲を使ってみようとした」とし「元々バラードや別れの歌をたくさんしたが、結婚して子供を産んで人生が変わって、それでも暗い曲よりは明るい曲をしたかった」と明らかにした。ように暖かい君は春だ/夜空に輝く星だ」という爽やかな歌詞については「最近疲れて大変な方々がこの歌を聞いて慰めを受けてほしい気持ちで書いた。私も書いて慰めになったよ。」私自身に言うことでもある」と説明した。

写真提供=アル・アンディン特許である涼しい高音と悲しいバラードを期待するファンもいるはずだ。しかし蝶は今は自分を見て力を得る人々にもう少し力を与える役割になりたい。それとともに真剣で丁寧なスタイルの歌よりは、誰かに喜びと笑いになる音楽に挑戦してみたい気持ちが大きいという。

“音楽をする人で音楽が好きでしたが、今は別れの歌が出てこなかった。バラードはOSTや今後も機会になりそうだった。どうしてこだわるべきかということはない。新しい挑戦を続けたい」

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!