=w540″>ラッパー兼放送人イ・ヨンジが去る11日放送されたMnet(Mnet)<ショーミーマネー11>2次予選でサバイバルプログラムに挑戦することになった理由を明らかにしている。 Mnet YouTubeのカムリ

11シーズンの幕をあげたMnetヒップホップコンテストプログラム(Showmi)の主人公は誰になるのだろうか。去る18日まで全10のエピソードのうち4つが電波に乗っただけだが、スポットライトが撮影するのは断然ラッパー兼放送であるイ・ヨンジ(20)だ。

話題だった。彼もそうすることが2019年<高等ラッパー>で優勝して名前を知らせた後、ウェブ芸能<チャリンは(ネズミも)ないが>、tvN<뿅뿅地球娯楽室>など人気番組で活躍して放送人として位置付けた彼が再びヒップホップサバイバル舞台に帰国したからだ。切実さを解き放ち、戦う空間だ。その空間でぶつかり、壊れてみて私の限界を試してみたい」と出演理由を明らかにした。音楽に対する「真正性」を重視する国内ヒップホップシーンが過去3年間音楽よりバラエティ番組活動に集中してきたイ・ヨンジに送る視線はまったく乗るだけではない。 「放送出演でお金を稼いで競演に出て他の(貧しい)ラッパーたちのご飯を奪う」というのが彼に向けた批判の主な論理だ。音楽評論家カン・イルクォンは社会関係網サービス(SNS)を通じて「音楽に対する空虚さとアーティストとしての認め欲求を満たすために選んだ方編が卓越したアルバムを作るのではなく<ショーミ>出演という事実に後味が苦い”とイ・ヨンジの真正性に疑問を提起した。アーティストの音楽的野心が結集される正規アルバムやEPアルバムなしでシングル(11枚)中心に活動してきたことに対する批判だ。 <ショーミ>審査委員の一人であるパク・ジェボムの言葉通り「失うことが多い」という事実を否定しなかった。それとともに「ノイズマーケティング手段で軽く挑戦したのではないかという疑問がかからないように最善を尽くす」とし「私ができることが(放送以外にも)多様であることを見せたい」と話した。芸能人として自分が積み重ねてきた成果を否定せずに熾烈なサバイバルプログラムの舞台に自らを載せて愚然さを見せた。過去1次「無伴奏ラップ審査」でのんびりネックレスを獲得したのに続き、2次「60秒火ピットミッション」では、自身の特長であるしっかりとした発声と正確なディクションでステージを掌握して「オールパス」(審査委員全員通過)を受け取りました。メインストリームの提供

何よりイ・ヨンジの出演を最も半色するのは<ショーミ>プログラム自体だ。 <ショーミ>はシーズン制オーディション番組の中で最長数番組で、過去10年間、国内ヒップホップの新拡張と大衆化に貢献した。しかしシーズンが重ねられて話題性が落ちたのも事実だ。今シーズンの視聴率は過去4回まで1.1~1.2%の間を行き来してなかなか反騰できずにいる。 300万ヒットを記録している。他のクリップとかなりの違いが見えます。制作陣も彼の話題性を丁寧に活用する。毎回予告編にイ・ヨンジを抜けずに登場させ、毎回次の最後の部分に至ってこそイ・ヨンジの出演分が出るように編集して視聴者たちを最後まで捕まえておく。去る18日放送された4回末には3次「ゲリラビットサイパーミッション」で脱落危機に追い込まれたイ・ヨンジが駆使一生する場面が演出された。このように<ショーミ11>が持つドラマの多くの部分もイ・ヨンジから出てくる。ヒップホップファンたちの醜い視線にもかかわらず、イ・ヨンジの<ショーミ11>出演はイ・ヨンジとエムネット両側に「ウィンウィン」だ。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!