記事内容のまとめ

京畿連川某師団新兵教育大学入所
メンバー・ハイブ、2025年完全体活動再開希望

2022.11.07. (写真=ビッグヒットミュージック提供) [email protected] 24日、業界などによると、防弾少年団のメンバー陣は来る12月13日、京畿道延川に位置する親師団に入所する。ジンは該当サタン新兵教育隊で訓練を受けた後、自ら配備される予定だ。楽しいですか?」というあるファンの質問に「いいえ。最前方出ました」と答えた。

以後該当文がオンラインに広がり、ジンの入隊日付が決定され、最前方新兵訓練所に割り当てられたのではないかという解釈が出た。いつも寒さを嫌うジンの性向を知るファンの間では「冬で寒いところなのに心配される」などの反応が多かった。

これが与えられたが、今年中に入隊しなければならなかった。ジンが最近ライブ放送で明らかにしたように当初、2020年から入隊を準備したが、コロナ19とコンサートなどで延期されただけだった。去る6月に発売後すぐ入隊することに最終決定したが、「2030釜山世界博覧会」(EXPO)誘致広報という変数がまた発生し、仕方なくまた延期された。

このように、いくつかの利害関係が絡み合って所属事務所ハイブ(HYBE)はその事実を公開できず、その過程でジンをはじめとする防弾少年団のメンバーたちとハイブだけ様々な説に苦しみながら困惑をしなければならなかった。結局先月15日、釜山でエキスポ誘致起源コンサートを終えるやいなや、ハイブとジンは入隊すると公式に明らかにした。

ジンは先月28日、初の公式ソロシングル「The Astronaut」を発売し、同日アルゼンチンのブエノスアイレスリバープレートスタジアムで開かれたブリットポップ「コールドプレイ」コンサート「ミュージックオブザスピアーズ」 「MUSIC of the SPHERES」にスペシャルゲストとして参加した後、今月4日、兵務庁に入営演技キャンセルを提出した。その後、様々なバラエティ番組出演を通じてファンとコミュニケーションをとって入隊を準備している。ハイブと防弾少年団のメンバーは2025年に完全体活動の再開を希望しているとした。ただし、国防部が防弾少年団メンバーが入隊後も国益や公益目的の舞台がある場合、本人が参加を希望すれば機会を提供できると明らかにしただけに、その前にイベント性で完全体舞台を披露する可能性もある。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!