「>>防弾少年団RM新報タイトル曲は『野の花遊び』..’Indigo’トラックリスト公開防弾少年団(BTS)RMが様々なアーティストたちとコラボした初の公式ソロアルバム’Indigo’のトラックリストを公開、期待感を高めた”。

RMは25日、公式SNSに「Indigo」の収録曲がリストされたイメージを上げた。

トラックリストには、タイトル曲「野花遊び(withチョ・ユジン)」を含む「Yun(with Erykah Badu)」、「Still Life(with Anderson.Paak)」、「All Day(with Tablo)」 「キム・サウル」、「Closer (with Paul Blanco, Mahalia)」、「Change pt.2」、「Lonely」、「Hectic (with Colde)」、「No.2 (with パク・ジユン)」など計10曲が収められた。

タイトル曲「野花遊び(withチョ・ユジン)」は華やかだがすぐに消えてしまう「花火」ではなく、穏やかな「野花」の姿で生きていきたいというRMの風が込められた曲で、チェリーフィルターのボーカルチョ・ユジンがフィーチャーリングで、DOCKSKIMがプロデューサーとして参加して曲のオシャレを活かした。シンガーソングライターキム・サウォル、イギリスシンガーソングライターマハリア(Mahalia)、R&Bヒップホップミュージシャンポールブランコ(Paul Blanco)、シンガーソングライターコールド(Colde)、シンガーソングライターパク・ジユンなど、それぞれ異なる魅力のアーティストがフィーチャーリングに参加し、RM初のソロアルバム「Indigo」の完成度を高めた。 DOCSKIMをはじめ、被毒(Pdogg)、ホンネ(HONNE)、イアン(eAeon)、ウン・ヒヨン(john eun)などが’Indigo’プロデューサーに出た。被毒は「All Day(with Tablo)」と「Lonely」、「Hectic(with Colde)」のプロデュースを引き受け、RMのミックステープ「mono」。収録曲「seoul(Prod. HONNE)」で呼吸を合わせたイギリス・エレクトロニック・デュオ・ホンネが「Closer(with Paul Blanco, Mahalia)」に、イ・イアンは「Change pt.2」に、ウン・ヒヨンは「健忘症(withキム・サウォル)」と「No.2(withパク・ジユン)」にプロデューサーとして参加した。と美術という「境界を超越した」コラボレーションを実現させた。先に公開された「Indigo」フォトを通じてRMと彼が普段尊敬する故ユン・ヒョングン画白の作品「青」の自然で魅力的な調和を確認することができる。

を飾らず伝えてきたように’Indigo’にも率直な感情と悩み、いくつかの単相をそっくり込めた。 RMの人生と理由の痕跡が溶けている「Indigo」の全曲は12月2日に公開される。 BTS)RMが様々なアーティストとコラボした初の公式ソロアルバムIndigoのトラックリストを公開、期待感を高めた。 RMは25日、公式SNSにIndigoの収録曲がリストされたイメージを上げた。トラックリー

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!