記事内容のまとめ

=”https://ssl.pstatic.net/mimgnews/image/003/2022/11/25/NISI20211227_0000900998_web_20211227094934_20221125110305937.jpg?2 @newsis.com *再販とDB禁止示唆した。フックエンターは25日、「イ・ソンヒはフックエンターの始まりから共に​​したアーティストなので、礼右次元で名目上理事として登載されていたが、2006年から2021年までクォン・ジニョン代表が株式100%を所有していた1人会社であり、イ・ソンヒ氏は会社の経営や収益分配問題などに関与しなかった」と述べた。

最近の一角でイ・スンギの収益分配問題と関連する同社に長く身を包んだイ・ソンヒに事実上責任があるという主張が出ると反論して出たのだ。イ・ソンヒはイ・スンギが2004年デビューする当時’歌師’で通じた。

フックエンターは「抑止でイ・ソンヒの名誉を毀損して傷つける行為について黙認せず、法律代理人を通じて強力に法的対応をする予定」と別れた。

これと共にこの日の港間に知られたイ・スンギに対する’精算0ウォン’は事実ではないと反論した。 「去る2021年専属契約を終了して再び専属契約を締結する当時、これまでの決済内訳などを双方確認して金銭的債権債務関係を精算し、そのような事実を確認する内容の合意書を作成したことがある」ということだ。

それでも「イ・スンギ氏の問題提起に伴い、専門家と共にこれまでフックエンターがイ・スンギ氏に支給した金額の収益精算内訳をもう一度綿密に検討中」とし「最近のメディアを通じて発表された」イ・スンギ氏と所属会社間の契約内容(収益分配比率など)およびフックエンターがイ・スンギ氏に対して一度も音源精算をしてくれなかったという内容は事実と異なる。

それで「間違った業務処理があればそれを正して責任を負う予定だ。ただし、信仰と信頼をもとに所属芸能人たちとの関係を維持しなければならない芸能人マネジメント社として良くない姿をお見せし、もう一度申し訳ありません」と述べた。ニューシス]イ・スンギ2022.01.27(写真=フックエンターテイメント提供)[email protected] *再販とDB禁止の間違った言行により傷ついた方々にも頭を下げて申し訳ないという御言葉を伝える」と付け加えた。

去る2004年「私の女だから」でデビューしたイ・スンギはこの曲がヒットしながらすぐにスターダムに上がった。最近は俳優活動に力を入れているが、「削除」「結婚してくれ」「元に戻す」「やりにくい言葉」などしばらくヒット曲を続けた。しかしイ・スンギが去る18年間27枚のアルバム、137曲に対する音源収益を精算されなかったという主張が最近オンライン芸能メディアディスパッチから浮上し、これによりオンラインでは’イ・スンギ奴隷契約説’が広がり続けた。彼は昨年独立してから一ヶ月ぶりにフクラン再契約を結んだ。警察庁重大犯罪捜査課は去る10日ソウル清潭洞に位置したフック社屋に対する押収捜索を進行した。一部では、フック所属俳優パク・ミンヨンの元恋人カン・ジョンヒョン氏がいた上場社3カ所に対して警察が押収捜索を進行したことと関連する推測が出たがこれは事実ではないことが確認された。押収捜索の背景には一部経営陣の横領容疑などが含まれていることが確認された。該当経営陣がクォン代表という説も出てきた。

また最近は該当会社の看板俳優であるユン・ヨジョンが会社を出ることができるという主張が浮上したこともあったがフックはまさに​​事実無根という立場を出した。同社には俳優イ・ソジンも所属しているが、崇高な所属事務所の雰囲気のために彼の歩みがオンラインで関心を受けた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!