キム・イェナ記者)グループITZY(ある)チェリョンの奇妙な魅力が大きな笑いを抱いた。 25日午後、ソウル永登浦区汝矣島洞フェアモントアンバサダーソウルでITZY(イェジ、リア、リュジン、チェリョン、ユナ)の新しいミニアルバム「チェシャー(CHESHIRE)」発売記念ショーケースが行われた。

今月30日に発売を控えたITZY新報「チェシャー」には、前作「スニーカー(SNEAKERS)」を作った海外作家陣の参加で完成度を高め、各ジャンルの多彩なサウンドと率直に堂々とした歌詞でいっぱいになった。

同名のタイトル曲「チェシャー」は、ITZYのクールな魅力を垣間見ることができる歌詞とスタイリッシュで中毒性の強いメロディーが印象的な曲だ。特に’アルソクダルソプ 不明な私だが自らに対する悩みに正解はないので感じを信じてみろ’というメッセージを込めた。

この日メンバーたちも様々な状況の中で’アルソクダルソト悩むようになる’瞬間を向き合うと明らかにした。先にイェジは「デビュー前だけでなく歌手という職業を夢にして前に向かっていく過程で「私が上手にできるのか?」という信念が不確かなか大変な時があった」と告白した。

続いて「それでも「私がよく知って、よくできる」という信念を持ってこの場まで来ることができると思う。チェシャーのメッセージを心から伝えることができるようだ」と自信を示した。

続いてチェリョンが「重い悩みでなくても」と慎重に運を離して自分だけの悩みを分けた。彼は「普段のメニューを決める時や部屋を誰と使うのか決める時も数多くの悩みにぶつかるようになる」と真剣に話した。

それとともに「はしごに乗ったり、ツバメガチャなどを通じて後悔のない選択をする」と淡白に話した。やや奇妙で機知あふれる答えはもちろん、チェリョンの真面目な姿が可愛さを加え、場内は笑い海になった。

リアも新しい活動を控えて悩みになると明らかにした。彼は「新しいタイトル曲を聴き始めるとき、「今回の活動はうまくいくのだろうか?」心配や悩みになる。 そんなたびに「よくなるだろう」と思う」と明らかにした。

なお、「みんなが一生懸命やるだけに続く結果があると思う。常に得ることはある方法」と強調した。

ユナすべての悩みの終わりにはファンの「信じる」があると愛情を誇示した。 「誰も大変な状況があるだろうが、私も数多くの悩みを自らすることになる」というユナは「そんなたびにつかんで進んでくれた存在が「信じない」と思う」としながら格別なファン愛を表わし、温かさを抱いた。

一方、ITZYの新しいミニアルバム「チェシャー」は30日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて発売される。

写真=輸出ニュースDB、JYPエンターテイメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!