=ジェジェスエンターテイメント

歌手クモが今年でデビュー20周年を迎えた小会を明らかにした。

クモは去る2022年11月からデビュー20周年全国ツアーコンサート「BE ORIGIN」天安公演を皮切りに大邱、蔚山、釜山、水原、光州、城南、仁川まで8都市をクモの訴え力の濃い声でいっぱいに満ちて約2万人の観客に会った。 2023年デビュー20周年を迎えたクモは全国ツアー旅程の華やかなピリオドを撮るソウルコンサートを控えている。

明室上部国内女性代表ボーカリストのクモは「K-コンサート女帝」であることを実感させるデビュー曲から最近愛された曲まで20年の音楽ヒストリーを総網羅しながらも前回の道より今後の音楽力量このより期待される驚くべき舞台掌握力を見せて公演女帝の帰還を華やかに知らせた。のコンサートを観覧した観客の後期を通じて確認することができる。毎公演当日観客たちの本気でいっぱいの事情で飾られるクモのコンサートは笑いと楽しさと感動の両方をプレゼントし、年末観客の心を温かくするのに十分だった。コーナーを通じて全国各地域でクモの歌を愛する観客がクモの歌を歌ってミニコンサートを飾ったこと。自分だけの個性で武装した観客たちの争いの実力にクモは「歌う上手な人だけが私の公演を見に来てください」と言い、驚きを隠せずコンサート場の雰囲気を一層引き上げることも。

クモはR&B 、バラード、ヒップホップ、ロック、OSTまでジャンル不問完璧なライブで消化して公演女帝と呼ばれる理由を如実に証明。クモの音楽を着実に愛してくれた観客たちに彼女の音楽で一つになる感動的な時間をプレゼントした。濃い感性の別れバラードで繊細な感情だけでなく、爆発的な歌唱力で20年次歌手の独歩的なカリスマを吹き飛ばし、毎公演レジェンド舞台を残している。

クモは来る日ソウルオリンピック公園オリンピックホールで行われる20周年コンサート「BE ORIGIN」で観客に会う予定だ。デビュー20周年を迎える全国ツアーコンサートだった。感慨が格別だったようだが所感がどうなのか?今回の全国ツアーで最も重要なことが何かを考え続けてきたが、「20年近くクモの音楽を愛してくださった方々のために、彼らが会場に来て音楽を聴きながら、それぞれの思い出を思い出すことができるようにしよう。する」という結論が下され、歌にもっと集中しながら公演を準備し、すべての舞台に立ったようだ。ところが、むしろ観客の方々がこれまでお疲れ様でした、ありがとうございました。今回の全国ツアーコンサートだけの差別点とツアーを準備しながら最も気になった部分があるとしたら?だから多くの方々の思い出を思い出させる代表曲を中心に準備していたようだ。そして発表年度順にセットリストも作ってみようと努力した。 20年間歌ったクモとその音楽を聴いてくださった方々が一緒に思い出して共感できる舞台をしようとしたようだ。

Q。過去2か月間8都市で公演をした。特に思い出に残るエピソードがあるのだろうか?縁が生じたり、全国のクモ探しもして楽しく予測できない状況を多く経験することになった。また、公演観客の方々と団体写真も撮ったが、彼も忘れられない思い出で残った。各都市ごとにその日一緒に観客と一緒に記憶するエピソードができたようだ。

Q。全国ツアーの最後の都市であるソウル公演を控えているどのように準備しているのか?準備しています。

Q。過去20年間、一生懸命走ってきた。クモを疲れないようにしてくれた原動力があるとしたら?すべての歌手がそうだと思います。クモの音楽を待ってくれて慰められて共感してくださる方々が最大の原動力だ。そしていつも私を応援して支持してくれるファンと家族に感謝した心だ。

Q。これまでクモの音楽を愛してくれたファン、リスナーたちに一言言うなら?その間に一緒に泣いて笑ってくれた皆さんのおかげで、私の音楽が止まらず歳月に沿って流れてきたようだ。これからも生きながら一緒にぶつかり、一緒に感じるものを音楽で共に共感できるというのが、同じ時代を生きていく人々がいるということが、あまりにも大きな力で幸せだ。いつも音楽で皆さんのそばで一緒にできる人になるよう努力します。

Q。 2023年のクモにとってどんな年なのか?今後の新年目標や計画があるとしたら?みんなが一日一日幸せに病気なく健康的に休むことなく良い音楽を発表できたらと願う風がある。

ユン・サングン記者が今年でデビュー20周年を迎えた小会を明らかにした。クモは去る2022年11月からデビュー20周年全国ツアーコンサートBE ORIGIN天安公演を皮切りに大邱、蔚山、釜山、水原、光州、城南、仁川まで

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!