防弾少年団(BTS)とセブンティーン(SEVENTEEN)が影響力を証明した。 1位を占めた。防弾少年団は2022年の年間ワールドチャートで2万4230.64点のワールド指数で1位を占め、一年間絶え間ないグローバル人気を証明した。 2022年の年間ワールドチャート2位はストレイキッズ、3位はエンシティドリーム順だった。防弾少年団の「Proof」は、レコード指数737万8546.50点とアルバム販売量305万1082枚で、2022年の年間アルバムチャートで1位を獲得した。防弾少年団は該当アルバムで年間アルバムチャートで唯一300万枚を突破する気炎を吐いた。年間アルバムチャートの2位と3位は、ストレイキッズの「MAXIDENT」、セブンティーンの「Face the Sun」のシェアだった。 Sun’で1位になった。続いて、ストレイキッズの「ODDINARY」とエンシティドリームの「Glitch Mode」が2位と3位をそれぞれ名づけた。

少年団(BTS)とセブンティーン(SEVENTEEN)が影響力を立証した。 1日、ハンターチャートによると防弾少年団はワールドチャートと年間アルバムチャートのトップを占め、セブンティーンは年間認証チャートで1位を占めた。ワールドチャートはレコード

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!