=w540″>

韓国グループが3チームも出演したが、「紅白歌合戦」視聴率に大きな助けにはならなかった。

特集番組NHK「紅白歌合戦」視聴率は35.3%で、歴代2番目に低い数字を記録した。歴代最低視聴率は2021年で、前年比1%ポイント上昇した数値だ。これにNHKは若い視聴層をつかむために2022年放送にK-POP歌手を大挙投入した。

ファンデミックが見つからなかったTWICEが3年ぶりに、4番目にこの舞台に上がり、K-POP第4世代代表ガールグループであるアイブとルセラフィムも加わった。 K-POPに熱狂する日本のMZたちを一番の部屋に座るために破格キャスティングを敢行したこと。去る2011年東方神起、少女時代、カラなど3チームが出演して以来11年ぶりに韓国チーム複数出演を決定して危機突破に乗り出した。

だけではない。 JYPが作った日本ガールズグループのニジュ、日本版「プロデュース101」を通じて結成されたJO1などK-POPトレーニングで誕生した日本グループまで、「紅白歌合戦」に再び韓流が吹いた。進行者も若くなった。橋本莉奈、櫻井翔がマイクを握った。

このような努力にも「紅白歌合戦」は視聴者を戻すことに失敗した。破格的な出演者キャスティングもOTTとストリーミングプラットフォームを通じて映像を視聴するのに慣れた若い層を戻すことに力不足だった。大きな愛を受けた数世代の歌手たちが出演、ホンチームとバックチームに分かれた対抗戦を持つフォーマットの音楽祭だ。史上最高視聴率は1963年に81.4%で、2000年以降平均40~50%の視聴率を維持した。

3チームも出演したが、紅白歌合戦の視聴率に大きな助けにはならなかった。日本の現地メディアによると、12月31日に放送された日本年末特集番組NHK紅白歌合戦の視聴率は35.3%で、歴代2回

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!