ボルトン耐寒公演ポスター。 KBES提供

世界的なポップ歌手のマイケル・ボルトンの来韓公演が観客の目を向けた。 15日まで2日間開催される今回の公演には初日にはユミとチョン・ホンイル、2日目にはソヒャンとK2キム・ソンミョンがゲストに予定されて期待を加えた。マイケル・ボルトンの登場に先立ち、「ゲスト」のユミとチョン・ホンイルの舞台が100分という長い時間の間行われた。当初の総公演時間が100分と予定されていたことを考えると、観客たちの立場では荒涼としたことにならない。 。各種オンラインコミュニティと個人社会関係網サービス(SNS)チャンネルを通じて現場の状況がリアルタイムで共有されたりもした。 100分という、コンサート打っては腐り長くない公演時間のうち、ゲストが二人も舞台に上がるだけに時間分配はその何より重要なポイントだ。しかし公演主催製作会社のKBES側のセットリーツを見てもマイケル・ボルトンが10曲、ユミとチョン・ホンイルはそれぞれ5曲と8曲で合同公演に近いほどだ。 9年ぶりに韓国を訪れたマイケル・ボルトンの舞台を見るためにお金と時間を使った観客たちの立場では、怒るしかない状況だ。チョン・ホンイルの公演後20分余りの舞台整頓を経て登場したマイケル・ボルトンは梨泰院惨事犠牲者のための黙念で公演を始めた。本来去る11月開催予定だったが、梨泰院惨事によって公演を演じただけに意味を加えた。続いたマイケル・ボルトンの公演は相変わらず「巨匠」の姿を誇り感動を与えた。 ▲多くの人波により駐車やチケットブースの進行業務が遅れて公演遅延が発生し、▲公演遅延による公演時間の短縮をゲスト2チームに刻印させず、▲ゲスト2チームのステージセットアップ規模が短い時間に転換するのは難しかったし、リハーサル中に急変したセットアップ内容でリスクを抱えたと解明した。観客の上限心を洗い流すのは難しいようです。また、2日目の公演会場を訪れた観覧客の不安感を解消したのではない。長い待ち終わりに成功した貴重な出会いが不満の声で染み、残念が残る。

キム・ウォンヒ記者そうだった。去る14日ソウル黒区高汰スカイドームでは「アンコール、マイケルボルトンライブインソウル」公演が開催された。 15日までの2日間開催される今回の公演では、

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!