写真=ミュージックファーム提供シンガーソングライタークァク・ジンアンが新年初の小劇場コンサートを開催し、多彩な選曲で90分をいっぱいに満たした。が開催された。今回の公演は去る12月3日、4日開催した「Op.5」以後開催する新年初公演で観客の呼応を導いて公演を成し遂げた。

「ある夜に」を披露してオープニングを開いた。彼は「明けましておめでとうございます。今年は一年も元気です」と明けましておめでとうございます。続いて「昨年夏から公演を続けてきている」とし「一年の始まりに貴重な時間を設けていただきありがとうございます」と6番目の小劇場コンサートに足を踏んでくれた観客に向けた感謝挨拶を伝えた。クァク・ジヌンは正規アルバム1集収録曲「私たちの間に」と2019年に発売したシングル「君の姿」を熱唱し、公演序盤の雰囲気を盛り上げた。その後、過去の公演と同様に、直接書いた手書きの書籍を観客にプレゼントして喜びをプレゼントした。クァクジン言は「よく書く文ではないが、ちょっと気に入ってみた」とし「後で見たら公演を覚えていただきたいという気持ちで準備した」と説明した。

写真=ミュージックファーム提供次の舞台は真冬の気分が込められた「202号」とを刺激し、正規アルバム1集の収録曲「自慢」と去る4月発売したミニアルバム「正陵」の収録曲「秘密」まで相次いで披露し、呼応を引き出した。直接作曲したパク・ジユンの’他の人愛する準備をして’二曲をカバーして一味違った舞台を披露した。この他に「見つめたら」「一緒に歩く道」「私と分かち合う」を相次いで歌ったクァク・ジンオンは最後の曲で「後悔」を選曲して公演末尾の雰囲気を熱く飾った。

したことを成し遂げてほしいと健康にしてほしい」とし「次の公演がいつになるのか分からないが、いつかもう一度訪ねてほしいという気持ちで一年を生きてみるようにする」と挨拶した。アンコール曲で’自由に’と’君のもの’を歌い、最後まで暖かい感性で舞台を満たした。彼は「今日来てくれてありがとう。次の公演の時は、より良い日、より良い場所でまた会うことを希望する」と話して公演を終えた。 「Op.6」まで計16回行われた。公演は舞台と客席の距離を狭め、息吹まで交感する公演でファンの熱い呼応を得た。初の小劇場コンサートを開催し、多彩な選曲で90分を満たした。去る14日、15日二日間ソウルベロージュ弘大書「クァク・ジンオン小劇場コンサートOp.6」が開催された。今回の公演は去る12月

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!