.jpg?type=w540″>
所属事務所は事実ではなかったが、集団訴訟は実になされており、今月の少女(以下今月所)メンバーの運命は交錯してしまった。 1部は今月所のメンバー、ヒジン、キム・リップ、ジンソル、チェ・リー氏など4人に所属事務所ブロックベリークリエイティブ(以下、ブロックベリー)を相手に提起した専属契約効力停止仮処分申請で勝訴判決を下した。一方、同じ訴訟を提起した今月所の他の5メンバーハスル・ヨジン・イブ・オリビアヘ・高原氏は敗訴し、現11人のメンバーのうちビビ・ヒョンジン氏は訴訟を提起しなかった。

昨年11月、今月所の9人のメンバーが所属事務所のブロックベリーを相手に契約解除訴訟をかけたという報道が出た。当時、所属事務所は訴訟について「事実無根」と立場を明らかにしたが、これは偽であったことが明らかになった。そうだった。勝訴したヒジン・キム・リップ・ジンソル・チェリ氏は判決が下された直ちに所属事務所の制約なしに自由に活動をすることができるようになったが、敗訴した5人のメンバーは元所属事務所ブロックベリーを去ることができなくなった。

勝訴14人のメンバーは昨年、チュ氏と同じ条件の契約を維持していたことが分かった。一方、敗訴した5人のメンバーは契約条項の一部を変更し、裁判所は変更された条約が契約を解除するほど不当だとは思わないと判断し、このような判決を下したこと。これに今月所はメンバーの半分近くブロックベリーを去りながら解体危機を迎えることになった。毎日のように痛みを伴う日々であり、胸にトラックを載せたような甲斐さに眠れない日々だった」と吐露した。また、「お出かけしたくなかったのに申し訳ない。どれくらいかかるか、どれくらい痛くなければならないのか、私はとても分からないが、できるまで全部やってみよう」と意志を固めた。

事実で、私はメンバーのためにそして私自身のために最後まで努力するからたくさん応援してほしい」と伝え、ヨジンさんも「記事内容は事実が正しい。幼い時から今まで本当に耐え難い時間であり、訴訟は怖くて大変なことだったが五光があって勇気を出せた。またまた怖くて恐れるだろうが五光が隣にいてくれればまた勇気を出せそうだ」と伝えた。

月メンバー中氏の除名で一次的な危機を迎えた。当時、所属事務所は「チューガスタッフたちに甲質や暴言などを行った」とし、除名と退出を決定したと明らかにしたが、チュ氏の甲質真偽可否をめぐって論争が起きた。報道を通じて所属事務所が語ったチュー氏の突然と暴言の実体が明らかになった。該当メディアが公開したチュー氏とマネージャーA氏のメッセンジャー対話でチュー氏が一部過激な言事をした事実が確認されたが、チュー氏のこうした行動は、ブロックベリー側の決済比率問題に対する不満から始まったという反論が出てきた。むしろブロックベリーに向けた批判もさらに大きくなっていくことになった。を無理に推進した。しかし、悪化した世論の中で「複数の不安が解消されない状態でのカムバック活動は無意味だ」とし、すべての日程を無期限に延期した。を迎えることになった。残りのメンバーたちが心を掴んで今月所活動をするにはするが、ブロックベリーに向けた大衆と一部の今月所メンバーたちの信頼が急落した状況で活動を続けるのはこれまで難しいと思われる。

・キム・リップ・ジンソル・チェリ氏の勝訴のニュース以後、今月所側はいかなる立場も出さない。毎月メンバーを1人ずつ公開した末に12人のメンバーで意味深い完全体を成し遂げた今月所。なんと100億を持ったプロジェクトグループである彼らがどんな結末を迎えることになるのか注目される。

に関連する情報提供を受けます。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!