“>仁川音楽制作所

シンガーソングライターチョ・ウンセが2022年仁川音楽創作所支援受賞作「シャドウ」を今日正式発売する。’を発売して後悔とため息の感情を感じる人々に自分も同じ感情を歌って聞く人々に小さな慰めを伝えた。ある制作支援プロジェクトに選ばれた曲で、直接演奏するギターメロディーの上に落ち着きながらも清楚なトーンで歌うシンガーソングライターのチョ・ウンセのボーカルが加わり感受性を刺激する。

愛」というテーマを音楽にしたいというチョ・ウンセの歌には、不器用な感情の話が込められている。愛は必ずしも男女の物語だけではなく、自分を愛する物語、おばあちゃんに対する心など愛が向かう対象と素材を苦手だが、率直な感情がそのまま伝わり、「苦手」より「フットフットさ」あるいは「純粋さ」で表現する。/p>

チョ・ウンセは昨年から自分の話とメロディーを世の中に取り出した。いつもそばには音楽があったし、過ぎる感情を放さずに歌にし、「子供時代の夢」と「消えた心」が歌を通して蘇った。

整えたハムチュンホの存在も欠かせない。プロデュースを引き受けたハム・チュンホの暖かい演奏とプロデュースは曲の持つ情緒、チョ・ウンセの声と共に歌をさらに多彩にし、暗くながら涼しいが暖かい、色んな感情が声とギターの歌で表現される。

<チョ・ウンセの新曲制作支援を進めた仁川音楽創作所は、アルバム制作支援事業、ライブクラブ支援、小規模野外公演、ミュージックドキュメンタリー制作支援、映像コンテンツ制作支援などの公募事業を進め、様々な教育プログラムも一緒に運営中だ。チョ・ウンセは18日、正午各種音源サイトを通じて新しいシングル「影」を発売し、後悔とため息の感情を感じる人々に自分も同じ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!