Youtubeチャンネルキャプチャ

アイドルグループVAV(VAV)メンバーのエイノが「パーポ職人」でファンに会った。を通じてマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)「Love Never Felt So Good」(ラブ・ネバー・フェルト・ソー・グッド)パフォーマンス映像を公開、視線強奪する動きを披露した。数多くの参加者の中でダンスで強烈な印象を残したエイノは、「ダンスは誰が節指しても勝つ自信がある」と述べただけに、今回のマイケル・ジャクソン映像でもダイナミックなムーブメントを見せてくれた。 So Good’メロディーに合わせて、爽やかなステップとスリムなダンスラインを誇るのはもちろん、パワフルながらも柔軟なパフォーマンスで注目を集めた。特にエイノはマイケル・ジャクソンを思わせるスタイリングはもちろん、彼を象徴するシグネチャー振り付けをパフォーマンスに溶かすなど目を引いた。

すると、傷つけるところのない振り付け構成と表情演技で多用途性まで証明した。所属事務所を通じて「マイケル・ジャクソンを尊敬する心をパフォーマンスに盛り込んだ」と明らかにしたりもした。全域とともに「軍筆石」としての活発な活動を予告したことがある。彼らはロウ&ジウの全域記念YouTubeライブをはじめ、固有コンテンツ「HBD VAMPZ」を完全体で進行し、ファンの1月の誕生日を選ぶなど格別なコミュニケーションを続けている。

ロウ・ジウ・ジェイコブ・セントバーンの合計7人で構成されたVAVは、2023年の新しいアルバム発売はもちろん、多彩なコンテンツを通じてグローバルファンに会う計画だ。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!