>

[ニュースエンファン・ヘジン記者]グループエイティズ(ATEEZ)がアメリカのメインアルバムチャート「ビルボード200」で熱い人気を続けている。

1月18日(現地時間)発表した最新チャート(1月21日者)によると、昨年12月30日に発売されたエイティズ国内初のシングル「スピンオフ:プロンザウィットネス(SPIN OFF:FROM THE WITNESS)」は「ビルボード200」40位に上がった。

これで、エイティズは先週該当チャートに7位に進入したことに続いて2週連続名を上げることに成功した。これは、エイティズの「ビルボード200」記録の中で最長記録だという意味を加えた。

.jpg?type=w540″>

エイティズは全州「スピンオフ:プロムザウィットネス」を通じて「ビルボード200」だけでなく、「ワールドアルバム」、「アーティスト100」、トップカレントアルバムセールス’、’トップアルバムセールス’、’ワールドデジタルソングセールス’チャートなど計6つのチャートに進入した。

とは一歩離れたスピンオフ作だ。匿名の目撃者視線に触れるようになる叙事詩がまるで一本の短編映画の中に入っているような新しい経験を抱く作品だ。 FELLOWSHIP:BREAK THE WALL)の一環として、2月にヨーロッパ7カ国を回ります。

ビルボード200で熱い人気を続けている。 1月18日(現地時間)ビルボードが公式発表した最新チャート(1月21日者)によると、昨年12月30日に発売されたA

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!