(エクスポートニュースキム・イェナ記者)SMエンターテインメント(以下SM)アーティストたちの活躍が輝いた’第32回ソガデ’だった。

「第32回ソウル歌謡大賞」(以下「ソガデ」)が19日、ソウル松坡区オリンピック公園KSPO DOMEで開かれた。この日MCではチェ・ミンホ、イ・ミジュ、キム・イルジュンが出て呼吸を合わせた。

今回の「ソガデ」では、対象主人公NCTドリームをはじめ、エスパ、レッドベルベット、ガッドダービート、テヨン、守護、ボアなどが受賞者と名付けられた。そのうちNCTドリームは本賞と大賞など2冠王、ボアはガッドダービーで本賞を握ってレジェンドアーティスト賞まで受け、2冠王を占めるなど計8つのトロフィーがSMアーティストに帰った。

この日最初に舞台に上がったエスパは本賞トロフィーを握った。カリーナ、ウィンターだけ出席したこの日、エスパは不参加な寧寧、ジゼルと喜びを分かち合おうと約束するとともに、「SMイ・スマン先生と会社の家族に感謝している。ファンたちを愛する」という感想を残した。

NCTドリームも本賞受賞者として先に舞台に上がった。この場でファンたちに「いつもご飯よく手に入れて食べて、病気ではなく健康であればいい」という言葉で優しい姿を現したNCTドリーム。この日一緒にできなかったマーク、ハチャンを言及して「可愛くて愛らしい二人のメンバーにも栄光分かち合う」と誓った。

また、ランジュムは「昨年アルバムを3つ出したが、愛されて応援してくれたおかげで良い賞を受けた。誘った。

レッド銀のスギとウェンディだけが出席して席を輝かせた。本賞受賞後、レッドベルベットは「『フィルマイリズム』でこれまで愛されているのは皆皆のおかげだ。たくさん愛してくれてありがとう。今年もレッドベルベットの歩みをたくさん期待してほしい」と要請した。

続いてイ・スマンとSM家族に感謝の気持ちを伝えたレッドベルベット。ウェンディは「私たちのメンバーたちがとても会いたくて、スタッフの方々にも感謝している。ファンの応援と愛感謝している」と挨拶を残した。

「SMガールズグループアベンジャーズ」と呼ばれるガッドダービートも本賞の喜びを味わった。テヨンは「素晴らしいメンバーたちと一緒に活動することができてとても栄光だ。素敵なパフォーマンスを見せてくれて嬉しかった」とファンに感謝の気持ちを伝えた。できるグループはガッドダービートしかないと自負する。 多くの方々の愛でイベントではなくミニアルバムで訪れて感謝申し上げる。

続いてテヨンはソロ歌手としても本賞を受賞、格別な存在感を誇示した。この時、現場では「キム・テヨン」を呼名する叫びが続き、テヨンを笑顔にすることもできます。

これが生まれたので、私の声を信じて聞いてくれてありがとう。

「SMの歴史」ボアは「レジェンドアーティスト賞」トロフィーで内攻を証明した。ボアは「レジェンドという賞を受けるのにあまりにも早い感がないわけではない。私がした20年余ごろここで対象を受けた。その時年齢が17歳くらいだった。ここに来るのに感慨が新しくなった」引き上げた。ありがとうございます。 明けましておめでとうございます。

できなかったEXOスホは「韓流対象」を占めた。映像を通じてスホは「理想の栄光を世界中の私たちエクソエルに回す。何より少し残っていないエクソのカムバックたくさん期待してほしい」と伝え、ファンの期待感を高めた。

最後に「32回ソガデ」栄誉の対象を受賞したNCTドリームは「皆さんがいて本当に幸せで活動することに大きな意味があるようだ。常に私たちのチルドリームと共に成長しよう」と叫んだ。

なお、「2023年も本当に面白いだろう。たくさん試してみて、変化するから期待してほしい」と伝え、NCTドリームの無限の成長と変化をさらに期待させた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!