朝鮮のコ・ジェワン記者]「数学旅行」アメリカの10代の学生が受験英語試験を行った。 7回目では、アメリカの学生が済州島の女子高校で授業を受ける姿が描かれた。アリサは点字案内について「米国ではホテルの客室でのみ見たが、韓国には視覚障害者のための点字案内が多かった。配慮が感じられた」と話した。彼らは共通してお互いを信頼し敬う文化に感動した。 MCチャン・ドヨンは「友達の視線で私たちに慣れたことを新しい視線で見ると不思議だ」とし、ウニョクは「点字は忘れていたが、あちこちに配慮があることをもう一度知ることになった」と先言した。 p>翌日、西帰浦に位置する高校に向かった。男子生徒は一人もいない女子高校で、ルーカスとケイロップは最初の男子生徒になった。チェ・ユジョンは「人気がすごく多いようだ。女中に通ったが男子学生が過ぎると友達が窓に飛び込んで叫んだ」と二人の人気を予感した。山と海に囲まれたきれいな学校に到着し、チェ・ユジョンの言葉のように二人の登場に学友たちは格別なデシベルに歓迎した。生まれたばかりのK-給食と出会ったアメリカの10代は韓国の学生たちと楽しくおしゃべりをし、給食を食べた。特にアメリカの学生たちは給食を食べてみんなでうがいをする文化に慌てたが、以内にこの姿を写真に残すなど完璧に適応した。 。合計10問題を20分以内に解決しなければならなかった。高い難易度で、ケイロップは頭を握って苦しんだ。 70点を迎えたアネカは「文法と英語が上手だと思ったが、一体何を意味するのか分からない」と訴えた。アリサは「本当に難しかった」としながら100点を受けた韓国学生に「秘訣は何?」と尋ねた。彼女は「試験をよく見たと英語を上手くするわけではない。問題解く訓練をたくさんした」と答えた。最初のテーマは肉と炭水化物の中から選択することで「肉派」と「炭水化物派」に分けられた話を交わした。親友のサリとアリサは炎の飛び散る討論を広げ、このテーマは地球の環境汚染に拡大した。チャン・ドヨンは「あの友達みんな素晴らしい大人になる。すごい」と親指を上げた。討論が終わった後、アリッサは「相手の意見も聞いて学べる時間だった」と振り返った。スタジオでも自動的に拍手が出た。カン・スンユンは「どうしてあんなに自分の考えをアピールするのか、不思議だ」と驚いた。ケイロップは生まれて初めて受けるシャンプーサービスに「とても良い」と満足して、貴公子スタイルで魅力を追加した。ルーカスは綺麗な目が見えるように前髪をお手入れ、柔らかいイメージの美少年に大変身した。ウニョクは「外国で美容室に行くのは新しい体験だろう。私も後でやってみるべきだ」と付け加えた。去る22日放送されたEチャンネルとMBNが共同制作する放課後コリア:数学旅行(演出全世界、以下数学旅行)7回ではアメリカ学生が済州島のある女

Categories: 放送/TV

山内 貴之

長年メディア産業に携わってきました。 K-Popをはじめ、少し新しい分野に挑戦します。 今日一日も最善を尽くします!