w540″>

[ニュースエンファン・ヘジン記者]グループMONSTA X(MONSTA X)がデビュー9年目にも熱い人気を謳歌中だ。

米国音楽専門メディアビルボード(Billboard)が発表した「ビルボードホットトレンディングソンズ(Billboard Hot Trending Songs/1月21日字チャート)」週刊チャートで新しいミニアルバム「REASON」(リーズン)収録曲にチャートを並べる達成した。

「ビルボードホットトレンディングソンズ」チャートは、Twitterで最も議論された音源のリアルタイムランキングに基づいて集計され、最大1週間までそのランキングが提供される。 「ビルボードホットトレンディングソンズ」週刊チャートで1位のアイエムの自作曲「Deny(ディナイ)」を皮切りに、ジュホンの自作曲「ダンスサウイ(Crescendo)」が5位、ユニークなウェスタンサウンドが魅力的なヒョンウォンの自作曲「LONE RANGER」(ローンレンジャーが6位、「Daydream(デイドリム)」が7位、ジュホンのもう一つの自作曲「大丈夫(IT’S ALRIGHT)」が9位を占めた。

ミニ12集「REASON」収録曲のうち、なんと5曲がチャートインに成功したわけだ。全体チャートでトップテン(TOP 10)の中に、なんと5曲を自分たちの歌で掌握したMONSTA Xは強力なグローバルパワーを誇った。 MONSTA Xは1月21日に公開された今回のチャートを通じて、過去1週間のTwitterで最も多く音源が言及されたアーティストになった。

/image/609/2023/01/23/202301231416590410_52_20230123142204080.jpg?type=w540″>

サークルチャートでも強大な存在感を震わせた。 「REASON」は発売後、サークルチャートの「リテールアルバムチャート(Retail Album Chart/集計期間1月8日~14日)」と「アルバムチャート(Album Chart/集計期間1月8日~14日)」、「ダウンロードチャート(Download Chart/集計期間1月8日~14日)’で1位を占めた。今回のアルバム「REASON」を通じて独自の初動キャリアハイを改めて更新した。 「iTunesトップミュージックアルバムチャート」では、米国、オーストラリア、ドイツ、インド、ベトナム、チュルキエ、インドネシアなど計7カ国/地域で1位を占め、計8カ国/地域ではTOP10に位置した。 「iTunesトップKポップミュージックアルバムチャート」では、合計18カ国/地域で1位を記録した。また、ワールドワイドiTunesソングチャートに新報収録曲全曲をチャートインさせた。’でカムバック後、音楽放送初の1位トロフィーを抱きしめた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!