ル・セラフィム(LE SSERAFIM)が日本デビューを一日控えてミュージックビデオティーザーを公開した。日本語版ミュージックビデオティーザー映像を掲載した。

今回の映像はボードゲームチェスを素材にして好奇心を刺激する。ルセラフィムは、上下左右、対角線など気に入ったままどこでも動くことができるチェスの最も強力な寄物、「クイーン」に自らを例え、過去に連演しないで恐れなく前に進もうとする曲のメッセージを表現する。 img src=”https://mimgnews.pstatic.net/image/117/2023/01/24/202301240916997172_2_20230124091701756.jpg?type=w540″>
公開された映像はチェスラ読むホン・ウンチェ、チェス盤の上に上がった一河の姿から始まる。続いてピンク色の背景で雰囲気が反転し、ネイルアートで個性を表現するキム・チェウォン、舞台を控えてセルフメイクをするホ・ユンジンなどそれぞれの方法で堂々とした魅力を発散する。ティーザー末尾にはチェス盤が連想される舞台で、今年のホワイト着場で群舞を繰り広げる姿が盛り込まれ、目を離せなくなった。/p>

[写真=ソムミュージック提供]

(カン・ダユン記者 [email protected])

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!