24日、オリコンチャートの日刊シングルランキング1位にルセラフィムの日本デビューシングル「ピアレス」が名を連ねた。発売初日13万2621枚販売された「ピアレス」は、歴代Kポップガールズグループの日本デビューシングル1日目販売量2位に該当する数値であり、現在活動中の4世代ガールズグループのうち1日目最多販売量だ。このように、ルセラフィムは圧倒的なアルバムパワーを誇示しながら日本音楽市場の平定に乗り出した。たった7チームだけだ。ル・セラフィムはデビューシングル発売の1日で13万枚を上回る販売量を記録し、争った先輩たちと肩を並べることになった。ポップガールズグループが現地で発表したシングルアルバムの最多販売量も驚いた。現在まで最大の愛を受けた第4世代Kポップガールズグループのアルバムは累積10万枚売れたが、ルセラフィムはデビューシングル発売1日目にこれを越える成績表を受けた。

写真=ソースミュージック提供現地オン・オフライン解けるとすぐに売り切れた珍風景が広がった。タイトル曲「ピアレスジャパニーズバージョン」ミュージックビデオは、公開当日、日本、メキシコ、カナダなど全16カ国地域のYouTube人気急上昇動画に進入した。中だ。ミニ2集タイトル曲「アンチプラザイル」が米国ビルボード最新チャート(28日)で「ビルボードグローバル200」68位、「ビルボードグローバル(アメリカを除く)」44位を占め、14週連続チャートインに成功

[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!