[テンアジア=キム・セア記者]”>/写真提供=EDAMエンターテインメント

‘アイユ(IU)’が新報トラックイントロを公開した。

所属事務所EDAMエンターテインメント側は17日から18日に進む深夜、公式SNSチャンネル(社会関係網サービス)を通じてというフレーズに加えて、公開曲「Love wins」に対するトラックイントロ(Track Intro)同日公開されたトラックイントロ専門でIUは「誰かは今を大嫌悪の時代という。きっと愛が蔓延した時ではないようだ。目立つ敵意と無関心でますます寒くなる灰色の世の中で、目に見えない愛を武器で勝利を望むことが時にはとんでもないことで感じられることもある。だが、直接経験してみたまさに憎しみは勢いの良い瞬間でさえいつも一人だ。反面に逃げて壊れて噛まれながらも愛はひどく一緒だ。愛には十分に乗算がある」と幸運を解く。続いて「愛することを妨げる世界で最後まで愛しようと努力する人々の話を込めた」と伝えた。

/2024/01/18/0000645499_002_20240118083105250.jpg?type=w540″>/写真提供=EDAMエンターテイメント

アイユは、”捧げる2曲があり、そのうちの1つがこの曲Love winsだ。突然大きな愛を受けて一日の朝に人生が変わった18歳から今まで。振り付けは仕事について一日も想像しなかった日がない。漠然と寂しく、恐ろしく、また当然のことだと思った。ところで、そのように毎日毎日十数年を考えたところ、それに対する態度も少しずつ変わった。今はあまり怖くない。その瞬間、物足りなさが大きくても寂しいとは思えない。何よりもそんなに近いとは思えない」と伝えた。誰かがいたからだろう。彼らのおかげで、考えてみると私はIUで暮らし、ただ一瞬も一人だったことがない。一度も私を一人置いたことのない私の勤勉なファンに。たぶん乗り心地を悪質性タイプの私の心の中に無限に愛を育ててくれてありがとうと言いたい。また、どんな理由からなのかはまだ分からないが、一度は私のそばを選んでくれて本当にありがとうございました。あなたたちが私にそうしてくれたように、私もあなたたちの思い出と私の瞬間に一緒にいる人でありたい。その隣で「怖くない。私たちが一番かっこいいものだ」と言ってくれる人でありたい。」/0000645499_003_20240118083105295.jpg?type=w540″>/写真提供=EDAMエンターテイメント

以外にも一緒に公開された曲紹介では「ミニマルでビンテージなピアノイントロで幸運を迎えマキシム確実なバラード曲で「秘密」、「名前に」、「Love poem」、「子供と私の海」などファンに大きな愛を受けてきたIUの大曲バラードシリーズを続ける。後半に行くほど戦闘するように輝くアーカイブのボーカルと華やかなシンフォニーを連想させる楽器構成が感情を最大化する。」と知らせた。分の6拍子の魅力を高め、広く広げて全体のサウンドを穏やかに包み込むストリングは曲の幅と奥行き感を加える。 IUの繊細なボーカルテクニックとレンジ広いメロディーの調和、止まらず走る盛り上がりを追っていくと、いつのまにか最後に田田愛の最後の息吹まで集中することになるだろう。このようにIUはトラックイントロと詳細紹介を通じて曲誕生過程はもちろん、小会を伝えながら「ユアナ」に向けた心からの感謝を伝えた。

一方IUの「Love wins」は24日午後6時、主要オンライン音源サイトを通じて公開される。 >

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!