大勢イム・ヨンウン、また会えるかムービー3200万ビュー突破…やはりヒーロー

また会うことができるか」ミュージックビデオが絶えず人気を集めている。 > 該当映像は公開以後着実な関心を集めて1月30日基準で3200万ビューを突破した。 こうした記録は彼の格別な人気を実感させる。 一方、イム・ヨンウンは2022年サークルチャート歌手別シェアTOP400 1位に上がった。年間年間チャートTOP400歌手別サークル指数シェア調査でイム・ヨンウンが400位圏内の合計22曲を載せて合算シェア6.3%を記録した”と説明した。 写真=イム・ヨンウンファンクラブ イム・ヨンウンまた会えるかミュージックビデオが絶えず人気を集めている。去る2022年6月イム・ヨンウン公式YouTubeチャンネルイム・ヨンウンにはまた会えるかミュージックビデオが公開された。そのビデオは公開以来着実です

肋骨の金行きも..エイトン、チョンハ兄弟修飾子を離して緊急[総合]

グループAitton(8TURN)が30日午後、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで行われた最初のミニアルバム「8TURNRISE(エイトンライズ)」発売記念ショーケースに出席してポーズを取っている。 「8TURNRISE」はおなじみに染まった世界を目覚める8TURNの最初の動きを盛り込んだアルバムだ。無限の可能性を持つ8人のメンバーが合計5つのトラックで「私を表す価値はすぐに自分だ」というメッセージを伝える。 2023.01.30/写真=キム・チャンヒョン記者[email protected]グループエイトン(8TURN・ジェユン、ミョンホ、ミンホ、ユンソン、ヘミン、ギョンミン、ユンギュ、スンホン)が歌謡界出射票を投げる。彼らは自分たちの目標どおりに世界の枠組みを破ることができるだろうか。 > この日イ・ジュソプMNHエンターテイメント代表は「エイトンは2019年から4年余り準備期間を経て無限の可能性の8メンバーが集まるようになった。 ジェユンはデビュー感想について「舞台裏ではバドルバーを震わせたが、いざ舞台に上がるとときめいて楽しい。長い練習期間を経ただけに実感がよく出ない」と明らかにした。 “https://ssl.pstatic.net/mimgnews/image/108/2023/01/30/0003125108_002_20230130160401332.jpg?type=w540″>グループエイトントンミニアルバム「8TURNRISE(エイトンライズ)」発売記念ショーケースに出席してポーズを取っている。 「8TURNRISE」はおなじみに染まった世界を目覚める8TURNの最初の動きを盛り込んだアルバムだ。無限の可能性を持つ8人のメンバーが合計5つのトラックで「私を表す価値はすぐに自分だ」というメッセージを伝える。 2023.01.30/写真=キム・チャンヒョン記者[email protected]今回のデビューアルバムにはタイトル曲「TIC TAC」(チックタック)をはじめ、「WE」(上)、「WONDER」(ワンダー)、「Say My Name」(セイマイネーム)、 「Heartache」(ハートエイク)など合計5つのトラックが収録された。歌詞が印象的である。あるというのが栄光だった”と回想した。 > エイトンには、Mnet’アイランド’に出演したキョンミンとMnet’少年24’出身ジェユンなど既に大衆に目をつけたメンバーたちが含まれた。また、歌手チョ​​ンハが属するMNHエンターテインメントが初めてローンチするボーイズグループという点で格別な期待を受けている。する機会が少なかった”とし”2023年度にデビューする1号ボーイズグループという点で負担感が大きかったが8メンバーが一緒だから負担感もよく勝てた”と打ち明けた。 グループエイトン(8TURN)が30日午後、ソウル江南区「8TURNRISE(エイトンライズ)」発売記念ショーケースに参加し、素敵なステージを披露している。 「8TURNRISE」はおなじみに染まった世界を目覚める8TURNの最初の動きを盛り込んだアルバムだ。無限の可能性を持つ8人のメンバーが合計5つのトラックで「私を表す価値はすぐに自分だ」というメッセージを伝える。 2023.01.30/写真=キム・チャンヒョン記者[email protected]エイトンだけの強みは何でロールモデルは誰だろうか。ユン・ソン氏は「8人とも違うボーカル、ダンススタイル、性格を持っている。セブンティーンを言及し、「チームワークも本当に良く、舞台も良い。私たちがよく言う方だ。セブンティーン先輩のようになりたい」と答えた。ジェユンは「デビュー前から多くの会話を交わした。何かをしたいという意志が大きいメンバーたちが集まった。これまで見せてくれなかった新しさを見せようとしている」と伝えた。石」を挙げた。ユン・ソンは「ダンス、歌、放送など様々な分野で様々な姿をお見せしたいから」と説明した。話を聞きたい。修飾語をひとつ挙げてみると、「これだけはエイトンに勝てないか」という話を聞いてみたい。大衆に認められるグループになりたい気持ちだ」達成したい目標は新人賞受賞だ。メンバーたちは「私たちも先輩たちを見て夢を見たので、後日後輩たちも私たちを見て夢を見てほしい」と伝えた。 6時前にオンライン音源サイトを通じて公開される。 キムノを記者キョンミン、ユンギュ、スンホン)が歌謡界出射票を投げる。彼らは自分たちの目標通りに世界の枠組みを破ることができるだろうか。 30日午後、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールでエイトンの

デビューエイトンロールモデル=セブンティーン、チームワークに似ていること

ターン(8TURN)が30日午後、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで行われた最初のミニアルバム「8TURNRISE(エイトンライズ)」発売記念ショーケースに参加し、素晴らしいステージを披露している。 「8TURNRISE」はおなじみに染まった世界を目覚める8TURNの最初の動きを盛り込んだアルバムだ。無限の可能性を持つ8人のメンバーが合計5つのトラックで「私を表す価値はすぐに自分だ」というメッセージを伝える。 2023.01.30/写真=キム・チャンヒョン記者chmt @グループエイトン(8TURN・ジェユン、ミョンホ、ミンホ、ユンソン、ヘミン、キョンミン、ユンギュ、スンホン)がロールモデルとしてセブンティーンを挙げた。でエイトンの最初のミニアルバム「エイトンライズ」(8TURNRISE)発売記念ショーケースが行われた。彼らがひとつにまとめた時、途方もない相乗効果が出てくる。それが私たちの強みだ」と明らかにした。セブンティーン先輩のようになりたい」と答えた。

MONSTA X、グローバルパワー証明? ♥モンベベのおかげで[8]

X(MONSTA X)が一貫した愛を送る「モンベベ」(ファンダム名)に向けて感謝の挨拶を伝えた。 (ビューティフルライヤー)」で活発な音楽放送活動と多彩なコンテンツを公開した。アルバムという好評を得た。合計6トラックのうち5トラックにメンバーの名前が上がるほど高い参加度で多彩なジャンルを完成することも。また、MONSTA Xはアメリカ音楽専門メディアビルボードをはじめ、英国音楽マガジンNMEとクラッシュ、インド音楽専門媒体ローリングストーン・インディアなど海外有数媒体から多用途性を極めた。 /写真=スターシップエンターテイメントモンスターエックス。 「REASON」は発売と同時に「ワールドワイドiTunesアルバムチャート」と「ミュージックビデオトレンディングワールドワイド」で連日1位を占めたのはもちろん、「ユーロピアンiTunesアルバムチャート」、「iTunesトップミュージックアルバムチャート」で米国、 、ドイツ、インド、ベトナム、チュルキエ、インドネシアなど合計7カ国/地域1位、「iTunesトップKポップミュージックアルバムチャート」では、合計18カ国/地域で1位を記録した。 だけでなく、MONSTA Xは「ビルボードホットトレンディングソンズ(1月21日)」週間チャートで「REASON」の収録曲として「チャートを並べる」を達成した。アイエムの自作曲「Deny(ディナイ)」1位を皮切りに、ジュホンの自作曲「ダンスサイ(Crescendo)」が5位、ヒョンウォンの自作曲「LONE RANGER」(ロンレンジャー)が6位、「Daydream(デイドリム)」が7位、チュホンのもう一つの自作曲「大丈夫(IT’S ALRIGHT)」が9位に位置し、全体チャートトップ10の中になんと5曲をMONSTA Xの歌で掌握した。 国内チャートでもグローバル大勢のキャリアハイは続いた。 「Beautiful Liar」は公開直後、主要音源サイトで全曲チャートインに成功し、メロンでは6時間で100万ストリーミングを超える記録を見せた。また今回の新報は自社最高初動販売量を達成、ハンターチャートの「週間ワールドチャート(集計期間1月9日~1月15日)」と「週刊アルバムチャート(集計期間1月9日~1月15日)」’で1位を占め、サークルチャート’リテールアルバムチャート(集計期間1月8日~1月14日)’、’アルバムチャート(集計期間1月8日〜14日)’、’ダウンロードチャート(集計期間1月8日~14日)でも週間1位に位置した。このような愛に支えられ、MONSTA XはKBS 2TV「ミュージックバンク」で「Beautiful Liar」で1位のトロフィーを抱えた。 /写真=スターシップエンターテイン次はMONSTA Xとの一問一答専門 Q。ミニ12集「REASON」活動を終えた。成功した活動を終えた感想は?時間が多かっただけに活動を終えるのが、だからもっと残念に感じられるようです。もちろんファンの方々も私たちのように活動の仕上げに物足りなさが多いでしょうが、モンスターエックスとモンベベが一緒に作ったもう一つの思い出が幸せに位置したことを願っています。今回の活動もモンベベのおかげで無事に仕上げることができました。今回の活動もとても感謝していました!先日がモンベベと私たちのメンバーたちが一緒にいることにより一層固まることができたということを今回の活動でもう一度感じることができる時間でした。最後まで誰も傷つけずに活動仕上げできてありがとう! ヒョンウォン:今回の活動期間を通して幸せだった記憶だけがあるようです。楽しかった思い出がたくさん溜まっただけに終わるのが残念ですが、それでも後悔なしにお見せしたかったものすべてお見せして活動を終えることができて嬉しいです。寒い天気に現場に来て応援してくれたモンベベにも感謝して、現場には惜しく来ませんでしたが、いつもモンスターエックスを応援してくれるモンベベの愛 いつも私たちはいつも感じているから、今回の活動が終わってもこれからも大好きです。 > ジュホン:活動を無事に終えることができるように多くの応援と愛を送ってくれたモンベベに感謝します。今回の活動説連休も重なったりして、もっと多くの活動をお見せできませんでしたが、それでも活動期間内に出てきたコンテンツをたくさん好きにしてくれたようで気持ちよく仕上げることができるようです。私たちの歌を聴いて、一緒に舞台を楽しんでくださった皆さんに感謝の挨拶を伝えたいと思います。 アイム:多彩なジャンルの音楽が詰め込まれた今回のアルバム、公開された直後から熱い関心と愛を送ってくれてとても感謝しており、MONSTA Xだけの色を確実にお見せできた活動だからもっと意味があるように仕上げまで活動できたと思います。活動を通して応援してくれたモンベベありがとうございます! Q。発売直後、国内主要音源サイト全曲チャートインはもちろん、海外チャートでも「ワールドワイドアイチューンズアルバムチャート」と「ミュージックビデオトレンディングワールドワイド」で連日1位をはじめ、ビルボード「ホットトレンディングソンズ」チャートを並べるなどで強力なMONSTA Xのグローバルパワーをもう一度証明した。良い成果を得た気分は?多くの方々が私たちのMONSTA Xの音楽をこれほどたくさん愛してくださっていることを感じることができたし、これまで歩いてきた私たちの時間が決して無駄ではなかったことを感じることができた活動でした。私たちのファンの方々が一生懸命サポートしていただき、今回の活動も満足のいく結果を得ることができたと考えて、いつも与えてくださった愛にお返しできるように最高の舞台を見せることができるモンスターエックスになります。 キヒョン:アルバムが出るたびに着実に成長した姿と新しい姿をお見せするために多くの悩みと練習をしますが、その過程で大変だった瞬間もありますが、このように多くの愛に戻ると、一瞬で大変だった時間がサルル消える気分です。いつももっと頑張らなければならないという動機づけになり、今回の活動も全世界にいるモンベベの方々が好きでくださって愛してくださったようで気持ちいいです。 アイエム:モンスターエックスだけができる曲を作って、その曲がアルバムに盛り込まれて多くの愛を受けるたびに、より良い曲でファンの方々にお返ししなければならないという考えが最も多いようです。大好きなだけに、私がモンベベに私の心を込めてお届けできる最高のプレゼントは良い曲と舞台だと思います。今の結果に満足せず、いつも成長するMONSTA Xになるようにします。たくさん愛してくれてありがとう! /写真=スターシップ>Q。 「REASON」活動期間にメンバーのヒョンウォンとアイエムの誕生日があり、多彩なコンテンツでファンと会う機会が多かったのにどうでしたか? ヒョンウォン:今回の活動毎瞬間が記憶に残りますが、活動の途中に誕生日があり、その日が記憶にたくさん残ります。あまりにも多くのお祝いを受けて幸せな一日でした。おそらく家に一人でいたら、ただ行くことができた誕生日でしたが、ファンの方々と一緒にいたらもっと楽しく過ごすことができました。思い出に残る一日を作ってくれたすべてのモンベベにもう一度感謝の挨拶を伝えたいです。 アイエム:コンテンツを通じて「ミムチャン菌」の様子をお見せすることができ、楽しく活動の仕上げができました。リラックスした気持ちで撮影に取り組んできましたが、おもしろいと言ってくれて、好きになってくれて気持ちよかったです。また、誕生日にはビデオ通話サイン会があり、ファンの方々とコミュニケーションできる時間がありましたが、あまりにも多くのお祝いをありがとうございました。今回の活動は本当に幸せでした! Q。今後の活動計画がどうなるのか気になる。 。 キヒョン:毎週しているネイバーNOW。’PLAY!(プレイ!)’で多くの方々と歌もして話も交わしながら過ごす計画です。毎週月曜日の夜8時にNAVER Read more…

エイトン・チョンハと接触機会を書き留め、2023年初のデビューアイドル負担感

エイトトン(8TURN)が30日午後、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで行われた最初のミニアルバム「8TURNRISE(エイトンライズ)」発売記念ショーケースに出席してポーズを取っている。 「8TURNRISE」はおなじみに染まった世界を目覚める8TURNの最初の動きを盛り込んだアルバムだ。無限の可能性を持つ8人のメンバーが合計5つのトラックで「私を表す価値はすぐに自分だ」というメッセージを伝える。 2023.01.30/写真=キム・チャンヒョン記者[email protected]グループエイトン(8TURN・ジェユン、ミョンホ、ミンホ、ユンソン、ヘミン、キョンミン、ユンギュ、スンホン)がデビュー感想を明らかにした。エイトンの最初のミニアルバム「エイトンライズ」(8TURNRISE)発売記念ショーケースが行われた。大衆に目印を撮ったメンバーたちが含まれた。また、歌手チョ​​ンハが属するMNHエンターテイメントが初めてローンチするボーイズグループという点で格別な期待を受けている。すごく多くて接触する機会が少なかった」と明らかにした。一方、エイトンの最初のミニアルバム「エイトンライズ」はこの日午後6時前にオンライン音源サイトを通じて公開される。

エイトン・ミンホの遊び心いっぱい[★写真]

遊び心いっぱい'[★写真]グループエイトン(8TURN)ミンホが30日午後、ソウル江南区清潭洞イルジアートホールで行われた最初のミニアルバム「8TURNRISE(エイトンライズ)」発売記念ショーケースに出席して素敵なステージを披露している。 >’8TURNRISE’はおなじみに染まった世界を目覚める8TURNの最初の動きを盛り込んだアルバムだ。無限の可能性を持つ8人のメンバーが合計5つのトラックで「私を表す価値はすぐに自分だ」というメッセージを伝える。 2023.01.30