エイティズミニ3集、日オリコン1位…ミニ1集販売量対比3倍↑

(ATEEZ) 2022.12.01. (写真=KQエンターテイメント提供) [email protected] *再販売とDB禁止 [ソウル=ニューシス]チョン・ジンアインターン記者=グループ「エイティズ(ATEEZ)」の日本ミニ3集がオリコンチャート首脳を占めた。 1日所属事務所KQエンターテイメントによると、先月30日に発売されたエイティズの3番目の日本ミニアルバム「ザワールドエピソード「パラダイム」(THE WORLD EP.「PARADIGM」)」が発売されるやいなやオリコンデイリーアルバムチャート1位に上がった。 エイティズのミニ3集は発売と同時にデイリーアルバムランキング進入と1位を獲得し、日本ミニ1集「トレジャーエピソードマップトゥアンサー(TREASURE EP. Map To Answer)」対比3船以上の販売量を記録した。また、タワーレコードデイリーセールスチャート1位まで席巻した。 また、共に公開された「パラダイム」のパフォーマンスバージョンミュージックビデオがYouTubeミュージックビデオトレンディングワールドワイド3位を占めただけでなく、チリ、インドネシア、アメリカ、カナダなど様々な国のトレンディングにも上がる姿2022年下半期のワールドツアー「ザ・フェローシップ:ブレイク・ザ・ウォール・イン・チバ(THE FELLOWSHIP)」 「BREAK THE WALL in CHIBA」公演を開催する予定だ。 1日の所属事務所KQエンターテイメントによると、先月30日に発売されたエイティズの3番目の日本ミニアルバム「The World Episo」

ハイライトソン・ドンウン、自作曲「冬の香り」4日発表

グループハイライトのソン・ドンウンが自作曲「冬の香り」を発表する。 Pop/R&Bスタイルの曲で、ソン・ドンウンが直接作詞、作曲に参加した。 紹介して「ある日バスに乗って行って冬の香りが感じられて作った歌」と曲の誕生秘話を明らかにした。彼は自分だけの感性で「冬の香りやちょっと寂しい香り、冬の香りが私の時を思い出させる」のようなリフレッシュをはじめ、「香りにも温度があるようだ。風に飛んで私を通り過ぎる時、日差しのように暖かかったその時のあなたがそのまま感じられるね」など寂しいが暖かく叙情的な歌詞で表現した。 冬の香り」のライブ舞台を初めて披露しながら、温かくふわふわの音色で現場の観客たちとお茶の間の視聴者たちに晩秋のヒーリングと感動をプレゼントする予定だ。ザ・リーソン’は、ホガク、シン・ヨンジェ(2F)、キム・ウォンジュ(2F)、イム・ハンビョル、ソン・ドンウン(ハイライト)、ジュホ、キム・ヒジェのハーモニーが際立つプロポーズソング「My First Love(私と結婚してくれます)」を筆頭に、キム・ヒジェの君にできなかった言葉、ホガクの「救ってくれ」、ジュホの「君だ」、2F(シン・ヨンジェ、キム・ウォンジュ)の「君だけ、君だけ」、臨韓星の「道を失った」を発表したのに続き、最後のランナーとしてソン・ドンウンがバトンソン・ドンウンの新曲「冬の香り」は12月4日午後6時に各音源サイトで会うことができる。 ファン・ヒョイオンライン記者com

今月の少女、ヒ・ジンヒョンジン、ジンジンの魅力[写真]

少女ヒジン、&ヒョンジン。ビッグイシューコリア ジンとジンのクローズアップである。ヒジン、ヒョンジンはマガジンビッグイシュー288号を通じて純粋で綺麗な感じのグラビアで、「ビジュアルメンバー」という数式を再び確認させた。特に、2人は正面を見つめている表紙で、2人の女の子らしさを強調するリボンディテールのワンピースを完璧に消化した。 、その中でも憎しみを感じた」と一年を終える所感を明らかにした。今月の少女はを通じて見せた舞台演出と編曲で大衆に近づいただけでなく、デビュー後初のワールドツアーを成功裏に終えながら全世界が注目するアーティストの反熱に上がった。サマースペシャルミニアルバムで夏を涼しく飾ったりもした。今回のビッグイシューインタビューを通じて、2人はミュージシャンとしての成就を真剣に打ち明けたという裏話だ。 /01/0000852564_002_20221201142901410.jpg?type=w540″>今月の少女ヒジン、&ヒョンジン。ビッグイシューコリア 。ビッグイシューコリア 今月の女の子2人は今月の少女のさわやかで純粋なイメージを強調するように、レースとリボンディテールが際立つワンピースなどの衣装を消化してスタッフたちの弾性をかもし出した。それだけでなくインタビューでヒジン、ヒョンジンは「デビュー6周年になるので後輩たちもたくさんできた。これからもっと頑張らなければならないという考えがある」と責任感を打ち明けた。二人は「ファンを見て自ら成長していることを感じる。ワールドツアーで海外ファンとの出会いも忘れられない思い出」とし、今月の少女を愛する五光に対する無限の愛を加減なく明らかにしたりもした。

イ・ジェウク、アジアツアーソウルファンミーティング全席完売…熱い人気を証明する

ファンミーティングが全席完売を記録した。 1日所属事務所のCJ エンターテイメントによると、同日午後2時メロンチケットを通じて単独オープンしたイ・ジェウクの’2023イ・ジェウクアジアツアーファンミーティング’ファースト’であるソウル(‘First’in Seoul )’がチケットオープンから1分で全席完売した。だけでもグローバルファンの関心を集めた状況。このような関心を証明するようにファンミーティングはチケットオープン1分で全席完売を記録、「グローバル大勢」の熱い人気を立証した。を盛り込んでファンミーティングの準備を続けているイ・ジェウク。来る1月ソウルを皮切りに本格的なアジアツアーファンミーティングを進行するイ・ジェウクが披露するグローバル大勢の歩みに期待が増幅されている。 俳優イ・ジェウクのソウルファンミーティングが全席完売を記録した。 1日、所属事務所のCJエンターテインメントによると、同日午後2時、メロンチケットを通じて単独オープンしたイ・ジェウクの2023イ・ジェウクアジアツアーファンミーティングファーストインソウル(First

샤이니 민호, 솔로 앨범 타이틀 곡은 놓아줘

[서울=뉴시스] SHINee Minhoソロアルバム「チェイス」ティーザー2022.12.01。 (写真=SMエンターテイメント提供)[email protected]/p> 1日所属事務所SMエンターテインメントによると、来る6日午後6時音源サイトを通じて公開されるミンホの初のソロアルバム「チェイス(CHASE)」はタイトル曲「放してくれ」をはじめとする合計6曲が収録された。全曲がヒップホップとR&Bジャンルを基盤に構成されているだけに、ミンホの独歩的な音楽色に出会うことができる。 特にタイトル曲「置いてくれ」はヒップホップアル&ビーベースのミディアムテンポポップ曲で、重量感のあるベースラインの上に加わったピアノループ、アルペジオシンセサウンドが特徴だ。歌詞には夢の中から遠ざかっていく相手の後ろ姿を追うが結局届かないまま目覚める空虚な感情を表現した。シックながらも強烈な魅力を発散するミンホの姿が盛り込まれ、アルバムに対する期待を高めた。来る12日にアルバム発売予定。 1日所属事務所SMエンターテイメントによると、来る6日午後6時音源サイトを通じて公開されるミンホの初のソロアルバムチェイス(

防弾少年団RM、タイトル曲野花遊び(withチョ・ユジン)MVティーザー公開

グループ防弾少年団RMのソロアルバム「Indigo」発売を一日控えてタイトル曲メロディの一部が公開された。 RMは1日公式SNSに’Indigo’のタイトル曲「野花花(withチョ・ユジン)」ミュージックビデオティーザー映像を掲載した。ティーザー映像は飛ぶことの風の音を背景に落潮が漂う野原を歩くRMの後ろ姿から始まる。続いて雲の上を遊泳するような場面に切り替わり、雲の下の閃光と共に火花が鳴る音が聞こえた後、野原の端の丘の上に小川線RMのシルエットが現れてティーザーは仕上げられる。 今回のミュージックビデオティーザーはアートフィルムを思わせるビジュアルと壮大なスケールが注目を集める中、映像の末尾「野花遊び(withチョ・ユジン)」のメロディの一部が公開され、完曲とミュージックビデオ本編に対する期待感を高めた。 「野花遊び(withチョ・ユジン)」は派手だがすぐに消えてしまう「花火」ではなく、穏やかな「野花」の姿で生きていきたいというRMの風が込められた曲で、チェリーフィルターのボーカル・チョ・ユジンがフィーチャーリングで、DOCKSKIMがプロデューサーとして参加した。 一方、RMは来る2日初の公式ソロアルバム「Indigo」を発売する。 2018年に公開されたミックステープ「mono」その後約4年ぶりの個人作品である「Indigo」にはこれまで変わったRMの性向と好み、色々な思いが込められ、RMは様々なアーティストとのコラボレーションを通じて幅広い音楽を披露する予定だ。 [email protected]

ホン・ジニョンのために来韓…米プロリー、ショーケース・人気歌謡同時出撃/12/01/0000173959_001_20221201142101512.jpg?type=w540″> シンガーホン・ジンヨンのデビュー’Color Mood’のタイトル曲’Girl In The Mirror'(ガールインザミラー)にフィーチャリング参加したプロリーは29日、仁川空港を通じて初めて韓国を訪問した。”東アジアには初めて来るようになった」と最初の感想を伝えたプロリーは「初の挨拶で握手をしなければならないのか頭を下げてすべきか気になって不思議だ。カンプウィの中空港を出たプロリーは「韓国がたくさん寒いという話を伝え聞いて心配したが、最後に滞在した国家がフィンランドだったので寒さに適応をしたようだ」と付け加えた。 デビューシングル「Hard Boy」で立地を刻んだシンガーソングライタープロリーは最近、米国最大のレコードレーベルリパブリックレコード(Republic Records)に所属契約を結んだ。音楽性と機知のある万能エンターテイナーの姿を見せ、米国全域のラジオ放送交渉1位で認知度を積んだ。爆発的な人気を記録し、この曲を活用した映像が8万を超え、世界各国で人気指数を高めている。 12月2日、ソウルイルジアートホールで開かれるショーケースでタイトル曲「ガールインザミラー」のフィーチャリングステージを披露すると期待を集める。歌謡’にも同伴出演して国内ファン、視聴者たちと特別な出会いを持つ。

アメリカのポップ歌手プロリー(Frawley)がホン・ジニョンと輝く義理を誇示した。歌手ホン・ジニョンのデビュー15周年記念ミニアルバムColor Moodのタイトル曲Girl In The Mirror(ガールインザミラー)にフィーチャーリングチャーム

カラ、新曲ウェンアイムーブチャレンジ… 주말 음방 컴백무대

[서울=뉴시스]’웬 아이 무브’챌린지 。 2022.12.01. (写真=DSPメディア提供) カラは去る11月30日グローバルショートフォームモバイルビデオプラットフォームチックトック(TikTok)に’ウェンアイムーブ’ダンスチャレンジ映像を掲載した。彼らは新曲サビに合わせて多彩なポイント振り付けを披露した。カラ(パク・ギュリ、ハン・スンヨン、ニコール、カン・ジヨン、ホ・ヨンジ)は先月29日、デビュー15周年記念スペシャルアルバム「ムーブアゲイン(MOVE AGAIN)」を発売した。タイトル曲「ウェンアイムーブ」は発売直後、バックスリアルタイムおよび日刊チャートで1位を占めた。 カラーは約7年6ヶ月の空白が無色になるほど熱い話題性を続けている。アルバム発売当日「2022 MAMA AWARDS」で披露した「ルパン(Lupin)」、「STEP」、「ミスター」などが国内音源チャートで逆走する真の風景を演出した。 日KBS2ミュージックバンク、3日MBCショー!音楽中心、4日SBS人気歌謡に続いて出演して新曲カムバックステージを持つ。

スーパーバンドアーティスタックゲーム9001年末コンサートリワインド開催

アミューズエンターテイメント新芸バンド9001(ナインティオウォン、ジョゴンチュウォンウォンウォン)がファンと爽やかな年末を送る。コンサート「リワインド」(Rewind)開催のニュースを知らせた。公知によると9001は来る12月30日と31日両日間ソウル中区に位置するCKLステージで年末コンサート「リワインド」を開催してファンと会う。公開されたポスターは落ち着いた色感の紙のような背景の中の9001メンバーたちの姿を映すヴィンテージな感性のカセットテープイメージを盛り込んでいる。 巻き戻しが可能なカセットテープのアナログ的感性で一年の記録を振り返ってみる公演のコンセプトを完璧に溶かした感覚的なデザインは、公演名である「リワインド」と喧嘩のように調和して感心をかもし出した。 去る2018年「新韓カードルーキープロジェクト」で金賞を受賞して注目され始めたバンド9001は、JTBC「スーパーバンド」、KBS 1TV「オールコットミュージック」、光州MBC「アジアトップバンド」などに出演これまで磨き上げたしっかりとした実力を誇り、大衆に目印をつけた。 4月「ノーデスティネーション」(No Destination)、5月「ウィアド」(Weirdo)、6月「アイ・ウォーズ・アヒーロー」(I was a Hero)まで毎月新曲を発表する月間プロジェクトで歌謡界に強烈な存在感を刻印させたことに続き、去る10月発売した7番目のシングル「マネキン」(Mannequin)を通じて一層成長した音楽的力量を立証して真の「完成型バンド」として位置づけた。 特にボーカルジョゴンはMnet音楽サバイバルプログラム「アーティスタックゲーム」に出演し、ユニークな音色とレベル級の歌唱力で爆発的な反応と共にホットな人気を享受している。 ユン・サングン記者>

大勢のイム・ヨンウン、レインボー音源1000万ストリーミング突破

イ・ジョンボム記者)イム・ヨンウンの「レインボー」音源が絶えず人気を集めている。 )MV」というタイトルの映像が掲載された。彼らの耳と心をひきつけた。 これに該当映像は12月1日基準で1000万ビューを突破した。 p> 一方、イム・ヨンウンは「2022 AAA」に出撃する。’)に出席する。の音楽を調和的に披露した。ジャンルに限定されない「オーラウンドアーティスト」としての真価を立証した。 写真=イム・ヨンウンファンクラブ 2022年5月28日のイム・ヨンウン公式YouTubeチャンネルイム・ヨンウン