ラッパー・ジマスター、イトライブとキッズドル製作 [公式]

提供=ワンカンパニー2020ラッパージマスターと作曲家イトライブ(アン・ミョンウォン)が新しいキッズアイドルを製作する。 ONE’2期メンバーを選抜する。 キッズドルグループONE 1機を製作したジマスターは、「子供だけの明るく健康なエネルギーでトップクラスのアイドルグループに劣らないチームを作る」と明らかにした。 総括プロデューサーイトライブは「直接プロデュースを陣頭指揮し、キッズドルが徐々にグローバルグループになるように成長するのに役立つ」と話した。 ジマスターは2003年EP「ストーリーオブジマスター(Story Of G-Masta)」でデビューし、感覚的なラッパー兼プロデューサーとして通じる。イトライブは少女時代「ジ(GEE)」、イ・ヒョリ「ユーゴガール(U-Go-Girl)」、名カードドライブ「冷麺」など無数のヒット曲を作り、K-POP最高プロデューサーとして位置づけた。 二つの実力派ミュージシャンの意気投合だけでも特別な意味を与える中で、今後完成されるキッズドルがKポップに新しい風を起こすか関心が集まる。 キム・スジン記者([email protected]

ハッキングの別の犠牲者? MONSTA X ショヌ、熱愛説

MONSTA X ショヌもハッキングの被害者? 続きを読む. MONSTA X ショヌ、有名人以外との交際の噂に巻き込まれる > ここ数か月、BTS メンバー V と BLACKPINK メンバー Jennie は、報告されたハッキン​​グ事件の被害者であり、ロマンチックな関係が明らかになりました。これに照らして、2 人の多数の写真がオンラインで共有されました。 さらに、NCT ルーカス、EXO カイ、BTS ジミン、BIGBANG G-Dragon、 V と Jennie の写真のリーク者である gurumiharibo が 2 人のプライベートな写真をまとめて編集したと主張する 1 人の Twitter ユーザー、twocanplay_ によって共有されました。 (Photo: Nate Pann)BTS V と Read more…

プロミスナイン甘いステージ[★写真]

‘[★フォト]ガールズグループプロミスナインが1日午後、ソウル江西区KBSアリーナで開かれた’2022 fromis_9 concert’LOVE FROM.”で素敵なステージを披露している。 プロミスナインは9月30日から10月2日まで計3日間ソウル江西区KBSアリーナで2022 fromis_9 concert’LOVE FROM.’を開催する。先月21日、インターパークチケットを通じて行われた今回のコンサート一般前売りはオープンと同時に前回車全席完売を記録した。.’IN JAPANを開催する。/写真提供=プレディスエンターテイメント

「カムバック」キングダムが見せる美しさ

「カムバック」キングダムが美しさの終わりに王を予告した。 キングダムを通じてミニ5集「ヒストリオブキングダム:パート5.ルイ」タイトル曲「Long Live the King」ミュージックビデオティーザーを公開した。 公開された映像には華やかな宮殿で仮面舞踏会と晩餐を楽しむキングダムの姿が描かれた。また、メンバー個々人の魅惑的なビジュアルが込められている人々の視線を一気に捉えた。 「カムバック」終盤王を予告した。写真=GFエンターテインメントミニ5集は’美の王国’の王、ルイの話だ。ルイは夜にも暗くならない白夜のように負けない光であり、同時に死なない永遠の命を生きる王で、長年にわたって蓄積された喜び、悲しみ、苦痛などの様々な感情を今回のアルバムにそっくり溶かした。 「白夜」ミュージックビデオは、デビュー曲「Excaliver」とミニ3集タイトル曲「ブラッククラウン」、ミニ4集タイトル曲「昇天」を演出したジャニブロスイサガン監督がもう一度メガホンを捕まった。キングダムは今回も一本の映画のようなミュージックビデオの中に極川の美しさを盛り込んで聴く楽しさをプレゼントする。とタイトル曲のミュージックビデオは5日午後6時、各種音源サイトおよび公式YouTubeチャンネルを通じて公開される。キングダム(ホム、ジャハン、ダン、アーサー、ムジン、ルイ、アイバン)は10月1日0時、公式SNSを通じてミニ5集ヒストリオブキングダム:パート5。ルイタイトル曲白夜(Lon

ハッピーエンディングだけあるプロミスナイン、フローバーと一緒に作った初の単独コンサート[SS現場]

10/01/0000887442_001_20221001205401816.jpg?type=w540″> [スポーツソウル|キム・ミンジ記者] 「映画のようなコンサートが終わります。映画の中でも数多くの結末があるのにフローバーと私たちが作る映画にはハッピーエンディングだけがあることを願う。私たちは一緒に長くしています。 3日間ソウル江西区KBSアリーナで初の単独コンサート「ラブプロム」(LOVE FROM.)を開催する。 1日公演会場を訪れたフローバー(ファンダム名・flover)はピンクの服で合わせて着てプロミスナインを迎えた。これを見たペク・ジホンは「今日のドレスコードはピンクだった。今日自信を持ってよく守ってきたようなら、手に入れろ」とし「動物のパジャマを着て来た方もいる。 (ドレスコードを見ると)春の日の日差しのようだ」と感心した。 「ラブプロム」は2018年正式デビューしたプロミスナインの初の単独コンサートだ。今回の公演は一般前売りチケットオープンと同時に前回車全席完売を記録し、熱い人気を誇った。プロミス・ナインはソウル公演に続く7日、日本の東京立川ステージガーデンを探す。曲「ステイディスウェイ」(Stay this way)をはじめ、収録曲、ユニットステージなど計22曲の豊富なセットリストで構成した。 pstatic.net/image/468/2022/10/01/0000887442_002_20221001205401858.jpg?type=w540″> この日の公演はVCRの中で”ついにあなたに挨拶して、”思い出しながら一緒に勝つことを望んでいた日々、待って終わりに初めて訪れた私たちだけの時間」など切ないコメントと共に始まった。 「サムボディ・トゥ・ラブ」(Somebody to love)、「ガラス靴」、「ディエム」(DM)などで舞台が始まると、ファンはナイフのような群れで会場を隙間なく埋めた。終わって「コンサートがこんなに面白いんだな」と感じた。だから早く翌日が来てほしいと思った。一生懸命準備したコンサートを皆さんが楽しんでいただき、幸せにしてくれてとても良い」と感想を伝えた。続いてイ・チェヨンは「今日もフローバーと呼吸がとても良い。昨日は初めてのコンサートなので、ドキドキもしてときめく心が大きかった。今日は昨日よりもっと落ち着いた気持ちでやろうとしたが、オープニングから気持ちがとても良い。それでちゃんと楽しむことができそうだ」と話した。ノ・ジソンは「公演名のようにフローバーに向かった愛でいっぱいの時間にしてみたが、みんなそう感じたのか気になる」と聞くと、ファンは大きな歓声で答えた。強みの一つであるだけに、今回の公演でやはりファンとの相乗効果で公演場を開くことでいっぱいになった。メンバーたちは「コンサートをしたらぜひやってみたいことがあった。応援棒で波を作ってみよう」とし「波に乗っているサーフボードの上だと思って応援棒をタイミングに合わせて聞いていただければいい」とフローバーを指揮した。観客席には輝く白い波が起きました。 type=w540″> オープニングステージを終えた後、各種独自の最高記録を更新させてくれたシングル2集”ナインウェイチケット”(9 WAYTICKET)のタイトル曲”ウィゴ”(WE GO)を皮切りに「ラブナイト」(LOVE BOMB)、「エアプレーンモード」(Airplane Mode)を披露し、雰囲気を熱くした。メンバーの中で、イ・ソヨン、イセロム、ペク・ジホン、パク・ジウォンは作詞に直接参加した。イ・ソヨンは「舞台を想像しながら作詞作業に参加した。幸せになるフローバーを見ると嬉しい」と話した。パク・ジウォンは「ピンク色の花を見ている私の心。いつのまにかピンク色に染まった私のボール・ヴァルグレ・ヴァルグレ」と、イ・セロムは「フローバーの考えに魂を注ぐ星になる」と現場の雰囲気を浮かべた。 /mimgnews.pstatic.net/image/468/2022/10/01/0000887442_004_20221001205401913.jpg?type=w540″> 舞台が最後に向かって行き、フローバーはプロミスナインに向けて”フローバーの初恋、プロミスナインコメントが書かれたスローガンを聞いた。イ・ナギョンは「プロミスナインの初恋もやはりフローバー」と答えた。プロバーはサプライズ準備されたイベントで「ファーストラブ」(FIRST LOVE)まで歌って感動的な瞬間を作り出した。観客席で私たちを眺めてくださるフローバーたちの可愛らしい目つきを見ると降り注ぐ。舞台の中、息が顎の終わりまで冷える瞬間ごとに、フロバーのおかげで船で力が出た。常にフローバーは私たちにエネルギーになってくれるようだ。昨日、寝る前に初めてのコンサートを終えたのが実感だった。とても嬉しかったです。愛する。フロバー」と最後に我慢していた涙を注ぎ出した。フローバーがコンサート終わり、家に帰りながら無駄だと言った。今こんなに騒々しくて華やかなところにいるが帰ってきたからといって、心までなくなるわけではないから、絶対そんな気持ちを持たないことを願う。私たちは一つであることを知りませんか」と最後の挨拶を渡しました。 /0000887442_009_20221001205402031.jpg?type=w540″> .jpg?type=w540″> [email protected]写真|プレディスエンターテインメント

全席完売プロミスナイン初のコンサート[★写真]

プロミスナイン初コンサート[★フォト]ガールズグループプロミスナインが1日午後、ソウル江西区KBSアリーナで開かれた「2022 fromis_9 concert’LOVE FROM.」で素敵な舞台を披露している。 プロミスナインは9月30日から10月2日まで計3日間ソウル江西区KBSアリーナで2022 fromis_9 concert’LOVE FROM.’を開催する。先月21日、インターパークチケットを通じて行われた今回のコンサート一般前売りはオープンと同時に前回車全席完売を記録した。.’IN JAPANを開催する。/写真提供=プレディスエンターテイメント

プロミスナイン初の単独コンサートの完成はフローバー…ファンと幻想の2時間デュエット [総合]

プロミスナイン、デビュー後4年ぶり初の単独コンサート30日~10月2日計3日間進行ヒット曲に収録曲までこれまでの活動 オールは構成“プローバーに向かった心を込めた”ラブプロム。””2時間半の間優しい歓声を注いだファンたち“舞台完成したのはフローバー、あふれる愛感謝” グループプロミスナイン(fromis初めての単独コンサートを開き、ファンともう一つの幸せな思い出を築いた。 単独コンサート「ラブプロム(LOVE FROM.)」を開催した。前日に続く2回目の公演で翌日まで計3日間行われる。プロミスナインは階段式成長を一群の代表的なグループに挙げられる。彼らは最近発売した3作品を連続で日本オリコンデイリーアルバムチャートトップに上げ、国内でも中毒性強く清涼な魅力の曲で堂々と’サマークイーン’修飾語を獲得した。コンサートも一般の前売りチケットオープンと同時に売り切れを記録し、もう一度成長傾向を立証した。ファンとのコミュニケーションに強いプロミスナインが前日初公演で直接提案したドレスコードを忘れずに手に入れたこと。プロミスナインが舞台に上がると、華やかなピンク色の客席では、内側にうるさい歓声があふれてきた。続いてプロミスナインは’ガラス靴’、’DM’まで歌って公演の熱気を存分に引き上げた。爽やかなメンバーたちのボーカルに力強い男性ファンたちの応援が調和して幻想のデュエットを成し遂げた。 0004756928_002_20221001203301120.jpg?type=w540″>グループプロミスナイン/写真=プレディスエンターテイメント提供オープニングを終えた後、プロミスナインは”昨日初めて公演をして’コンサートがこんなに来たらいいと思った」と客席をいっぱいに満たしてくれたファンに向かって感謝の気持ちを伝えた。ドレスコードを装着してきたことに言及し、明るい笑顔で答えた。 やったけど気持ちが良すぎる。 昨日よりもう少ししっかり楽しむことができないかという気持ちだ」とし、路地線は「長い悩みの末に『ラブプロム』というタイトルのようにフローバー(公式ファンダム名)に向けた心を込めた時間を準備してみた」と本格的な公演の始まりを知らせた。メンバーたちは初の単独コンサートであるだけにデビュー時から今までの足跡に沿って一緒に旅行するような経験を与えるために4年間披露してきた多彩な歌でセットリストを盛り上げて完成した。 シングル1集「ファン!(FUN!)」、ミニ1集収録曲「幻想続の君」は思い出を刺激するのに十分だった。プロミスナインは「タイトル曲から収録曲まで本当に名曲グルメ」と自評して笑いを誘った。ペク・ジホンは「デビュー秒の心、初心に戻って様々な表情も作ってみた」とし、パク・ジウォンは「練習しながら昔の思いが新しくなった」と明らかにした。 を抱えてくれた曲「ウィゴ(WE GO)」、「DM」、「ステイディスウェイ(Stay This Way)」の舞台ではウレのような群れが飛び出した。エキサイティングな雰囲気の中で活気のあるパフォーマンスを続けているメンバーに向かってファンは惜しみない歓呼と拍手を送った。 10/01/0004756928_003_20221001203301149.jpg?type=w540″>「快適な夜」、「0g」などできる舞台はプロミスナインの風変わりな魅力を垣間見るのに十分だった。ユニットステージも良い反応を得た。ソン・ハヨン・パク・ジウォンは「FLY HIGH」で爆発的な高音とともに感性的な舞台を完成し、イ・サロム・イ・チェヨン・ソン・ハヨンは雰囲気を受け継いで「ラブ・イス・アラウンド」(Love is around)でさらにスムーズで濃いボーカルを誇った。パク・ジウォン、ノ・ジソン、イ・ソヨン、イ・ナギョン、ペク・ジホンは「Hush Hush」を通じて成熟しながらもパワフルなパフォーマンスを披露した。アップアンド(Up And)、「エスケープルーム(Escape Room)」、「フィルグッド(FEEL GOOD)」、「リワインド」など、ミニ1集から5集まで合わせる様々な構成でファンを楽しませた。全曲が抜けずにプロミスナインの魅力を倍加して「​​名曲グルメ」であることをまた感じさせる公演だった。 公演末尾プロミスナインは舞台を一緒に完成してくれたのはファンたちだと強調した。ソン・ハヨンは「前でファンの方々が応援棒を持って歓声をあげてくれれば私たちもテンションが上がる。舞台を完成させるのはフローバー」とし「今日も客席を満たしてくれてありがとう。愛する」と話した。 アンコールでは「ブラインドレター」魚’、’あなたに従って、あなたに’を披露した。これにプロミスナインは直接書いてきた手紙を読んで答えた。大きな愛に感謝し、今後も一緒にしようという内容だった。受け取った愛をたくさん返す」と話した。続いて、ペク・ジホンは「もともと汗がよくないのに汗が出るほど頑張った。皆さんの熱気のおかげだ。私たちに大きな応援をくれてありがとう。イ・ソヨンは「ただ私たちだけを見るために来てくれたのではないか。それを知っているので、もっと体が壊れてステージをした。イ・ギョンギョンは「今や初めてのコンサートをするようになったように、今後も私たちが一緒になる初めて」が期待される」と打ち明けた。原動力はフローバーだ。理想に愛を返してくれてまたまたそれ以上にお返ししますから続けて横を守ってほしい」と呼びかけた。舞台の上で踊ると息が顎の終わりまで湧く瞬間が来るが、そんなたびに歓呼してくれて私たち愛らしく見つめてくれるフロバーを見ると船で力が出てきた。そうだ」と話した。続いてメンバーに向かって感謝の気持ちを伝えて泣く姿を見せた。心を持ってはいけない”としながら”この姿一生見ることができるように一生懸命やる”と約束した。

【Y現場】プロミスナイン、ハイブ合流・8人体制再整備→初単独コンサート成績(総合)

.jpg?type=w540″> 8人体制で再整備したプロミスナインが初の単独コンサート2022 fromis_9 concert’LOVE FROM.’(以下「LOVE FROM.」)を華やかに成し遂げた。 プロミスナインは9月30日から10月2日まで3日間ソウル江西区KBSアリーナで初の単独コンサート「LOVE FROM.」を開催、国内ファンに先に会った。’LOVE FROM. IN JAPAN」で来る10月7日には日本の東京立川ステージガーデンを探す予定だ。を入れる。 2018年正式デビューしたプロミスナインはついに初の単独コンサート「LOVE FROM.」を通じて「名曲グルメ」の真価を披露した。プロミスナインは音楽放送5冠王、初動記録更新などキャリアハイを抱かせたミニ5集タイトル曲「Stay This Way」を含む、多彩な収録曲と初公開されるユニット舞台など計22曲の豊富なセットリストを用意した1日開催された公演の初舞台は、プロミスナインのミニ3集「My Little Society」収録曲「Somebody to love」で始まった。シルエットだけを表わしたまま初登場したプロミスナインメンバーたちは無声映画スタイルのVCRでミステリーな雰囲気を造成した後、再び姿を現してデビューシングル「ガラス靴」とミニ4集タイトル曲「DM」まで相次いで披露した。 それで「みんなが待って待っているだけに長い時間、フロバーの皆さんと幸せな時間を過ごすことができるか悩んだ」とし「どれだけ悩んだかと言えば、長い悩みの末に「ラブプロム」というタイトルのように、私たちの心をぎっしり詰め込んで愛に満ちたコンサートを作った”と予告した。 また、彼らは”今日少し春の日差しのような感じだ”とドレスコードをピンクに合わせて着てきたファンを見回して”初日に続き二日目もタイトホワイト、ピンクすべて満たしてくれた」と感心した。以後、「FUN!」と「幻相続の君」「星の夜」「0g」「WE GO」「LOVE BOMB」「Airplane Mode」の舞台まで順番に披露し、ファンダムフロバーたちの歓声を引き出した。 以後完全体に戻ってきた彼らは’Cheese”Up And”Stay This Way”FEEL GOOD”Escape Room’の舞台を続けてコンサートの終盤に向かった。プロミスナインは「今日もこんなに多くの客席を満たしてくれてありがとう。愛する」と挨拶した後、エンディングステージ「Rewind」「Blind Letter」のステージを披露した。プロミスナインはフローバーたちに直接作成した手紙を紙飛行機に吹き飛ばした。彼らは「魚」「あなたに従って、あなたに」の舞台を披露し、「今日も愛される感じをたくさん受けていく」「今日はとても幸せだった」「今後も今のように最高の瞬間を作ってみよう」とファンに最後の挨拶を伝えた。彼らは計22曲の舞台を披露し、カスケード成長を見せたプロミスナインの足跡に沿って一緒に旅行するような経験をプレゼントした。さらにアップグレードされた舞台とパフォーマンス、チームケミストリーと入談まで加え、公演会場をプロミスナインだけのエネルギーで満たした。ズのプレディスに移籍した。去る7月にはメンバーチャン・ギュリ氏が脱退して8人滞在に再整備した。プレディスは「8月からプロミスナインは8人体制でチームを整備し、予定された日本スケジュールをはじめ、多彩な活動で下半期にファンの皆さんに会う計画」と伝えた。=プレディス]

元AOAユギョンはどうなった?グループとFNCを脱退した後のアイドルの地位

AOAの元メンバーの中で、グループと所属事務所FNCエンターテインメントを最初に脱退したのはソ・ユギョンです。デビューからわずか11ヶ月でグループ活動を行った。しかし、彼女は数年後に FNC を離れただけです。 グループと会社を去った後、元 AOA ユギョンに何が起こったのだろうか? 元 AOA ユギョンについて 2012 年 8 月に AOA のメンバーとしてデビューしたソ ユギョン。ドラマー。彼女はダンスユニットの活動に参加しなかったため、「ハーフエンジェル」と見なされていました.グループと FNC を去った後のアイドルのステータス FNC エンターテインメントでデビューする前に、Youkyung は 2010 年にガオンという芸名で Sponge Band のメンバーとしてキャリアをスタートさせました。彼女はデビュー曲「Can’t Hear You」でラップパートを担当しました。 によるとこのサイトのように、ユギョンはAOA時代にボーカルラインを持っていませんでした(おそらく彼女はドラマーだったからです). (Photo: Facebook: AOA)元AOAユギョンは今どこにいる?グループとFNCを脱退した後のアイドルのステータス AOAメンバーとしての彼女の最後の音楽リリースは、2013年7月にリリースされたグループの最初のサブユニットAOA Blackのデビューシングルアルバム「Moya」です。 なぜユーギョンは AOA と FNC エンターテインメントを離れたのですか? 2016 Read more…

プロミスナイン、多彩なユニット舞台お見せできて幸せです

type=w540″> [スポーツソウル|キム・ミンジ記者]グループプロミスナイン(fromis_9)がときめいっぱいの気持ちを歌詞で表現した。から10月2日まで3日間ソウル江西区KBSアリーナで初の単独コンサート「ラブプロム」(LOVE FROM.)を開催する。 1日公演会場を訪れたフローバー(ファンダム名・flover)はピンクの服で合わせて着てプロミスナインを迎えた。 「ナインウェイチケット」(9WAYTICKET)のタイトル曲「ウィゴ」(WE GO)を皮切りに「ラブナイト」(LOVE BOMB)、「エアプレーンモード」(Airplane Mode)を披露し、雰囲気を熱くした。メンバーの中で、イ・ソヨン、イセロム、ペク・ジホン、パク・ジウォンは作詞に直接参加した。イ・ソヨンは「舞台を想像しながら作詞作業に参加した。幸せになるフローバーを見ると嬉しい」と話した。パク・ジウォンは「ピンク色の花を見ている私の心。いつのまにかピンク色に染まった私のボール・ヴァルグレ・ヴァルグレ」と、イ・セロムは「フローバーの考えに魂を注ぐ星になる」と現場の雰囲気を浮かべた。 /mimgnews.pstatic.net/image/468/2022/10/01/0000887439_002_20221001200601933.jpg?type=w540″>