カムバックD-5パク・ジフン、シンボディアンサーハイライトメドレー公開

カン・ダユン記者]歌手パク・ジフンがムルイクの音楽的成長を予告した。/p> ビデオでは、最初のトラック「サイレンス(Silence)」を皮切りに、タイトル曲「ナイトロ(NITRO)」、「ムーンアンドバック(Moon&Back)」、「フレーム(Frame)」、「Dontel Tel Animon( 「Don’t Tell Anyone」、「Midnight」まで、合計6曲のハイライト音源が収められた。/10/07/202210070709954120_2_20221007071603598.jpg?type=w540″>これと共に今回のカムバックプロモーションのビハインドカットが公開され、注目をひきつけた。赤い髪に変身したパク・ジフンの強烈なビジュアルと多彩な音源の一部が調和して目と耳を楽しませた。ボーカルが加わった曲で、以前のアルバムとは別のパク・ジフンの切除されたカリスマを感じることができる。’、先月30日先行公開でときめきを醸し出した’ムーン&バック(Moon&Back)’、グルービーなリズムが魅力的な’フレーム(Frame)’、かわいい愛告白を盛り込んだ’ドントテルアニワン(Don’t Tell Anyone)’、一幅の美しい夜空を連想させる「ミッドナイト(Midnight)」まで「ディアンサー(THE ANSWER)」というテーマを多様な語彙と魅力で表現して音楽スペクトルを広げた。アルバム「ディアンサー(THE ANSWER)」は来る12日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて発売される。 [写真=床計画提供] (カン・ダユン記者[email protected]

防弾少年団ジョングク、亞ソロ最短スポーティファイ400万フォロワーを突破..代替不可グローバルパワー

防弾少年団ジョングク、亞ソロ最短スポーティファイ400万フォロワーを突破…大体不可グローバルパワー防弾少年団(BTS) 2月11日に初めて開設されたジョングクのスポーティファイ公式アカウントは10月2日累積フォロワー400万7996を達成した。開設234日ぶりだ。 米国メディアオールケイポップ(allkpop)はスポーティファイの歴史上防弾少年団ジョングクがアジアソロ歌手最短400万フォロワーを突破したと歴代級新記録達成ニュースを伝えた。 防弾少年団ジョングク、亞0ソロ..代替不可グローバルパワーメディアはジョングクがスポーティファイアカウントでソロ曲「Stay Alive」(ステイアライブ)とコラボレーション曲「Left And Right」(レフト&ライト)わずか2曲だけで偉業を達成したとスポーティファイでジョングクの驚くべき影響力と存在感を強調した。 、亞ソロ最短スポーティファイ400万フォロワーを突破..代替不可グローバルパワー防弾少年団のジョングク、亞ソロ最短スポーティファイ400万フォロワーを突破..代替不可グローバルパワー一方、ジョングクはスポーティファイで233日目1857万6326人の月間リスナー数を記録して全世界229位にランクされた。 >ジョングクのスポーティファイアカウントは初開設24時間でアジアソロ歌手最短57万以上のフォロワーを得て新記録疾走を予告した。また開設16日ぶりに韓国歌手最短100万フォロワー、81日ぶりにアジアソロ歌手最短200万フォロワー、142日ぶりにアジア歌手最短300万フォロワーなどを達成するなど輝く記録を続けてきた。 防弾少年団スポーティファイ400万フォロワーを突破..代替不可グローバルパワームーン完食記者([email protected])

防弾少年団ジミンフォトブック、日売り切れ大乱→メンバー唯一の三次予選..危険な美しさ絶賛

防弾少年団のジミンフォトブック、日売り切れの大乱→メンバー唯一の3次予選…「危険な美しさ」絶賛防弾少年団(BTS)ジミンが美しいフォトブックで日本列島を魅了している。 ジミンのポートフォリオ「Me、Myself、Jimin’ID:Chaos」は、9月30日に日本ファンクラブ公式販売店(JPFC)とユニバーサルミュージックストアで1次に続き、2次予約販売も売り切れを記録防弾少年団→メンバー唯一の3次予選..「危険な美しさ」絶賛フォトブック、日売り切れ大乱→メンバー唯一の3次予選…「危険な美しさ」絶賛のような販売熱風にジミンはメンバーの中で唯一3次予約販売が始まった。ジミンはフォトブックはユニバーサルミュージック日本ウェブサイトの10月1日ベストセラー1位と2位に名前を挙げて現地での高い人気を実感させた。 はジミンのフォトブックについて「振り返ってみると、私たちはいつもジミンにとらわれてきた。純粋な同心を感じることができる笑顔を作るかと言えば、セクシーな表情でファンの心臓を揺動させるようにする”と’ギャップサイシン’という新造語を誕生させるほど極名な温度差魅力に驚きを表現した。 「https://ssl.pstatic.net/mimgnews/image/108/2022/10/07/0003093967_004_20221007073403785.jpg?type=w540」>防弾少年団ジミンフォトブック、日売絶大乱。 「危険な美しさ」絶賛また「穏やかな雰囲気とは対照的な耳を疑うほど自らに厳しい(ストイックな)エピソードが飛び出してくる」とし、「公開されたコンセプトフィルムを見ても完成した世界観の中のどこか」危険「とも言いたくなる繊細な美しさが漂う」と絶賛した。できないジミンだけの特別さに注目して賛辞を伝えた。防弾少年団のジミンフォトブック、日売り切れ大乱→メンバー唯一の3回目の予選..「危険な美しさ」米国からわずか1分、韓国を含むグローバルで2分で売り切れを記録したことがある。続いて日本でもこのように高い販売高とともにメディアの絶賛を集めて列島を揺るがす圧倒的人気を見せている。 /www.youtube.com/embed/yTL_-OR-etM”>[emb edded content]▶Me, Myself, and Jimin’ID: Chaos’Special 8 Photo-Folio Mood Sampler [embedded content]▶Me, Myself, and Jimin’ID: Chaos’Special 8 Photo-Folio Concept Film 2 [embedded content]▶Me, Myself, and Jimin’ID: Chaos’Special 8 Photo-Folio Concept Film 2

バックホー、ミニ1集Absolute Zeroハイライトメドレー公開..期待UP

ミニ1集「Absolute Zero」ハイライトメドレー公開…期待UPペクホ(BAEKHO)がアルバムタイトル曲を含め全曲あらかじめ聴くことをオープン、カムバック期待感を高めた。ペクホは7日0時、公式YouTubeチャンネルを通じてハイライトメドレー映像を公開した。ハイライトメドレー映像ではタイトル曲「No Rules」(ノールールズ)を含むミニ1集「Absolute Zero」(アブソリュートゼロ)全曲の一部が最初に公開された。感情’を温度に斜めに表現した。トラックリストの流れに沿って相手に会い、愛し、別れ、経験する一連の過程を盛り込んだ。最初のトラック「Festival in my car」(フェスティバル・イン・マイカ)は、初めての異性に出会った時の感情をROCKとEDMジャンルで描き、2番目のトラック「LOVE BURN」(ラブ・バーン)は沸騰する愛に飛び込む姿を画像に例えたSynth POPとROCKジャンルだ。ギリギリのシーンを「Night Swimming」という非日常的なキーワードで解放した。第4トラック「We don’t care no more (Feat. June One of Glen Check)」(上ドンケアノモア)」は、温度が違う二人が出会って恋に落ちるようになって「何も気にしない」というメッセージを伝えたニュートロジャンルだ。ミニ1集「Absolute Zero」ハイライトメドレー公開..期待UP 5番目のトラック「BAD 4 U」(バッド・フォー・ユ)は、結局惜しく終わってしまった愛の感情を冷たく凍った寒い冬に例えたR&Bジャンルでアルバムの最後を飾る「変わったと感じる私が変わったのか(Feat. Sik-K)」は、ROCKサウンドに808 Bassとヒップホップトラック要素が加味されたR&B曲に変わってしまった関係について話す。 バックホーの最初のミニアルバム「Absolute Zero」は、すべての分子のエネルギーの流れが「0」(zero)になり、どんな動きも透明に投影される「絶対影図」を意味する。一人で書かれたバックホーの新しい始まりを意味するだけにアルバム全曲に対する期待感が大きくなる。 [embedded content]▶BAEKHO (バックホー) Absolute Zero Highlight Medley ムンワンシク記者([email protected])

カムバックパク・ジフン、シンボTHE ANSWERハイライトメドレー公開..強烈メッセージ

/202210070716215481237_20221007071646_01_20221007071901459.jpg?type=w540″>歌手パク・ジフンが音楽的成長を予告した。 パク・ジフンは7日、映像を公開した。 、「Don’t Tell Anyone(ドント・テル・アニワン)」、「Midnight(ミッドナイト)」まで計6曲のハイライト音源が収められた。吐き出した強烈なラッピングとボーカルが加わった曲で、以前のアルバムとはまた別のパク・ジフンの切除されたカリスマを感じることができる。 「Silence」、先月30日先行公開でときめきを醸し出した「Moon&Back」、グルービーなリズムが魅力的な「Frame」、かわいい愛告白を盛り込んだ「Don’t Tell Anyone」、一幅の美しい夜空を連想させる「Midnight」まで「THE ANSWER」というテーマを様々な語彙と魅力で表現して音楽スペクトルを広げた。発売される。

ジェレミー・ズーカー、分子生物学が音楽に与える影響//ssl.pstatic.net/mimgnews/image/003/2022/10/07/NISI20221007_0001101806_web_20221007061717_20221007070110647.jpg?type=w54 2022.10.07. (写真=ユニバーサルミュージック提供)[email protected] *再販とDB禁止 *再販売とDB禁止好きな私の姿を見て、私がそちらを専攻することを望んだ生物先生がいらっしゃるほどでした。 DNA構造と特性を把握して生命現象を説明しようとする学問。それは音符で人生の現象を把握しようとする音楽に触れる。 ジュッカーは7日、ユニバーサルミュージックを通じた国内メディアとインタビューで「個人的に何かどのように動作するか調べるのが好きだから、音楽作業をする際にも技術的な面に集中する方だと思う」と言った。 「論理と創造力の間の適切なバランスを合わせている」ということだ。 2015年EP「ビーチアイランド(Beach Island)」でデビューしたジュッカーは、2018年に発表した感性アコースティック曲「コムスルー(comethru)」で国内に名前を知らせた。発売当時、大きく反響を起こさなかったが、ソーシャルメディアなどの口コミに乗って遅れて音源チャートで逆走した。やはり感性的な「トークイスオーバーレイテッド(talk is overrated)」の国内で人気曲だ。ジュカーは「韓国のファンがなぜ有毒その二曲が好きになるのかはよく分からないが、本当に運が良かったと考えて感謝している」と話した。 グローバルスーパーグループ「防弾少年団」(BTS)所属事務所ハイブが運営するグローバルファンダムプラットフォームウィーバースを通じてコミュニケーションし、国内ファンにもっと親しむこともある。ジュカーは「他のソーシャルメディアプラットフォームで出会えるファンとは別の方に会えることができてとても良いです。 防弾少年団のメンバーVが「コンスルー」を良い曲と言及した。ズーカーは「ビュを含む防弾少年団のメンバー全員が好きです!そのうち誰とコラボしてもいいようだ」と思った。 003/2022/10/07/NISI20221007_0001101807_web_20221007061741_20221007070110656.jpg?type=w540″>[ソウル=ニューシス]ジェレミー・ジュッカー。 2022.10.07. (写真=ユニバーサルミュージック提供)[email protected] *再販売とDBの禁止最近ではジャズ・ソル・ミュージシャン・ディゾン(Dijon)、イギリスのシンガーソングライター、トム・ミッシュ(Tom Misch)、アメリカのシンガー・ソングライター・リッジ・マクアルパイン(Lizzy McAlpine)などの音楽をたくさん聴くとした。 「これまでのように、今後も音楽を通じて自分と私が感じる感情を表現するつもりです。もう少し洗練された意味のある歌詞を書いて、音楽を制作することにも絶えず挑戦しています。ジュカーは来る10月8~10日オリンピック公園88芝生庭で繰り広げられる「第4回スローライフスローライブ2022」を通じて国内ファンと再会する。 2019年初の来韓以来3年ぶりだ。 「ファンデミック以来、いよいよこんなに多くの場所を訪問しながら人々の前で公演できて本当に嬉しいです。分離中に私のライブステージやファンにどんな公演観覧経験をプレゼントしたいかなどについてたくさん考える」長い間離れていたので、既存はもちろん新しいファンも会うつもりに本当にときめきますね!内容まとめ 第4回 スローライフ スローライブで3年ぶりに来た科学が私が持っている興味の一つであれば、音楽は私の情熱です。高校生の時は科学が好きな私の姿を見て、私がそちらを専攻したかった

ハングルデー連休に音楽祭を開くアーティストたち…韓国公演大きな期待

「韓国アーティストとコラボしたい」 8~10日3日間「第4回スローライフスローライブ」フェスティバル バンドバレー[ユニバーサルミュージック提供。再販およびDB禁止] (ソウル=ヨンハップニュース)Jan Jong-hoon記者=今年4回目を迎える音楽祭「スローライフスローライブ2022」がハングルの日の連休である8日から10日まで芝生の庭で開く。 今年の公演には、イギリスのシンガーソングライター&マリーとアメリカのシンガーソングライターラウブ、ジェラーミ・ジュッカーをはじめ、カナダの4人組のハイブリッドバンドであるバレー、イギリスのDJ兼作曲家のジョナスブルーなどが来韓して韓国ファンたちに会う。 公演を控えて7日、連合ニュースと書面で先に会ったジェレミー・ジュッカーとバレー、ジョナス・ブルーは韓国舞台に大きな期待感を示した。 今回のイベントは新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で2019年以降約3年ぶりに再開されるものだ。 ジュッカーは「ファンデミックのために長い間離れていた既存のファンと新しいファンに会う考えにときめく」とし、バレーは「韓国を訪問して公演までできるというのがあまりにも不思議である一方で、大きな感動”と所感を伝えた。 2018年と2019年来韓公演をしたブルーは”韓国ファンたちと文化に再接続することができて本当に期待される”と話した。

バックホー、ミニ1集ハイライトメドレー公開…音源の一部をプレビューする

ペク・ホがアルバム全曲のプレビューを公開した。ハイライトメドレー映像ではタイトル曲「No Rules」(ノールールズ)を含むミニ1集「Absolute Zero」(アブソルートゼロ)全曲の一部が収められている。を温度に斜めに表現した。トラックリストの流れに沿って相手に会い、愛し、別れ、経験する一連の過程を盛り込んだ。最初のトラック「Festival in my car」(フェスティバル・イン・マイカ)は、初めての異性に出会った時の感情をROCKとEDMジャンルで描き、2番目のトラック「LOVE BURN」(ラブ・バーン)は沸騰する愛に飛び込む姿を画像に例えたSynth POPとROCKジャンルだ。ギリギリのシーンを「Night Swimming」という非日常的なキーワードで解放した。第4トラック「We don’t care no more (Feat. June One of Glen Check)」(上ドンケアノモア)」は、温度が違う二人が出会って恋に落ちるようになって「何も気にしない」というメッセージを5番目のトラック「BAD 4 U」(バッド・フォー・ユ)は、結局惜しげに終わってしまった愛の感情を冷静に凍らせた寒い冬に例えたR&Bジャンルで、アルバムの最後を装飾する「変わったと感じる私が変わったのか(Feat. Sik-K)」は、ROCKサウンドに808 Bassとヒップホップトラック要素が加味されたR&B曲に変わってしまった関係について歌う。 バックホーの最初のミニアルバム「Absolute Zero」は、すべての分子のエネルギーの流れが「0」(zero)になり、どんな動きも透明に投影される「絶対影図」を意味する。一方、ベクホは最初のソロアルバム「Absolute Zero」は来る12日発売される。

2022年釜山国際映画祭がオープニング・ナイト・フェスティバルを開幕 香港の伝説的俳優トニー・レオンを迎え、Kスターを多数招聘 新作映画の上映準備完了

(58).jpg”> 今年で第 27 回釜山国際映画祭が開催され、レッド カーペットの群れとたくさんのスロー ウェーブの星がちりばめられた栄光の日々が戻ってきました。残念なことに、K スターは彼らの試行錯誤された真の退屈なファッションに固執し、珍しい色の黒いドレスがたくさん現れました.クラシックなタキシードは流行遅れになることはなく、クールな裏地、ジャケットの質感、装飾が施されたものもあったため、男性ははるかにうまくいきました.この夜の大きな賞は、香港の俳優 Tony Leung に生涯功労賞として贈られました。ここ BIFF でデビューするための盛りだくさんのエキサイティングなフリックで、フェスティバルの映画がどのように受け止められるのか楽しみです。

「ヒョト排気」イ・チャンウォン、「大田ヒョ文化根祭り」出撃…期待感UP

「大田孝文化ルートフェスティバル」に出撃し、世代共感の場を広げる予定だ。 文化根祭り」が開かれる。 このイベントはヒョ文化を体験し、世代共感のために設けられた場所だ。大田広域市中区で主催し、大田孝文化根祭り推進委員会が主管する。 これに、イベントには私たち家族写真展、ヒョ・ムン中体験ブース、ヒョテーマ挑戦ゴールデンベル、伝統遊びデモ、演劇公演など多彩な体験と見どころが設けられる。 特に、イベント初日の10月7日午後6時30分からは「ヒョシムミュージックフェスティバル」が開かれ、祭りの砲門を開く。 そしてこの重要な祭りには’ヒョト排気’イ・チャンウォンが一緒にして午後7時から始まる公演舞台を飾る。 イ・チャンウォンは’便ストラン’などを通じて両親との爽やかな対話シーンを見せ、愛にあふれる孝子の姿で’ヒョト排気’というニックネームを得た。 これで、「ヒョト排気」イ・チャンウォンが何世代にもわたって交わった「大田ヒョウ文化ルートフェスティバル」に出撃し、どのようなコメントと歌で世代共感と和合を成し遂げるか期待が大きくなる。写真=イ・チャンウォンファンクラブChan’s-大田ヒョウ文化ルーツフェスティバル