ユン・ゲサン、ペットと一緒に待っているgodコンサート

godユン・ゲサンがペットと一緒にコンサートを待っていた。文と一緒に写真を掲載した。伴侶犬はユン・ゲサンの顔を切って前をジグシ見て、ユン・ゲサンは諦めたように目を閉じた。 9日、KSPOドームで「2022 god ON」公演を開始する。この公演は9日から11日のソウルKSPOドーム、24日と25日、釜山BEXCO第1展示場で行われる。コンサートを待った。ユン・ゲサンは7日、自身の社会関係網サービス(SNS)に「疲れて感謝し、早くやると出せる。すでに顔は枕ではない」という文と共に写真を掲載した。公開した写真に

アリス、グラビア公開… 댄스온

[서울=뉴시스] 가린, 채정, 연제 2022.12.08 (写真=アイオケイカンパニー)[email protected] *再販とDB禁止 ワンピースとフラワープリントになった衣装などを消化した。所属事務所のアイオケイカンパニー関係者は「今日公開された写真は去る10月初め、アリスの新曲『ダンスオン(DANCE ON)』のシングルアルバムジャケット撮影日に行われたグラビアでメンバーそれぞれの魅力を最大限に盛り込んだ」と伝えた。 アリスは10月に新曲「ダンスオン」を発売した。 /12/08/NISI20221208_0001149270_web_20221208165106_20221208170408439.jpg?type=w540″> [ソウル=ニューシス]ソヒ、ドア2022.12.08 img src=”https://mimgnews.pstatic.net/image/003/2022/12/08/NISI20221208_0001149271_web_20221208165128_202212081002 )[email protected] *再販およびDB禁止

ルセラフィム、デビュー7ヶ月ぶりにグローバルK-ポップスターに登場…週間・月間チャート占領!

‘ANTIFRAGILE’はこの日一緒に公開された49週目週間グローバルKポップチャート(集計期間3月11日日)でも首脳を占めた。これでルセラフィムは月間チャート1位と週間チャート5週連続1位を同時に握った。また、この曲は11月サークルチャートデジタル、ストリーミング部門で先月比それぞれ16階段、27階段上昇した3位に上がった。同名のレコードが全世界の音楽市場で新しい歴史を書いている。このアルバムは米国ビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」14位(11月5日)に入り、K-POPガールズグループの歴史上最短期間、該当チャート入星記録を立て、発売48日ぶりに世界最大の音源ストリーミングメーカースポーティパイで1億ストリーミングを達成した。 一方、ルセラフィムは来る13日’2022アジアアーティストアワード'(2022 Asia Artist Awards IN JAPAN)に出演する。先立った授賞式を通じて華やかなダンスブレイクで「ガールズグループパフォーマンス最強者」の姿を披露した彼らの新しい舞台に関心が集中する。ル・セラフィム(キム・チェウォン、サクラ、ホ・ユンジン、カズハ、ホン・ウンチェ)のミニ2集タイトル曲ANTIFRAGILE(アンチプラザイル)が本日(8日)発表されたサークルチャート(

ソン・ウンイ、最後のキスは「昨日(?)」(ビボッティビー)

“> Youtubeチャンネル「ビボテレビ」キャプチャ 放送人のソン・ウンイが私生活の質問に答えた。極大怒するほど面白い人=ソン・ウンイ」というタイトルの映像が上がってきた。キム・シンヨンはMCから招待歌手「ダービー叔母」役まで1人多役を消化してソン・ウンイを祝った。シグニエル入居券、エルメステント、ベンツEクラスなど高価な商品がかかったハードコア問題が始まるとソン・ウンイは「何をするつもりはないが。シグニエルの入居権はどうですか?寿司を食べても誰にも行けないのだ」と極大怒った。食べ物セットをかけて簡単な問題に行きましょう。これは当てはまるだろう」と本格クイズに突入した。 “> Youtube Channel’BobTV’キャプチャ 最初に、ソン・ウンイ&キム・スクの秘密保障でソン・ウンイは説を控えて甥と通話をしましたが、スクイの叔母はお金の量が多くて良く、銀の叔母は○○○○○良い」と答えた」で○○○○○を合わせる質問にソン・ウンイは「チョンが入ってもいい!」と叫んで正解を合わせた。 次にキム・シンヨンは「ソン・ウンイの最後のキス日は?」という質問を出し、ソン・ウンイは「これは問題なの?本当に知りたいですか?本当に気になりますか?」と灸を聞いた。すぐに「どうだ」と答えると、キム・シンヨンは水玉を打って急いでクイズを終えた。健康を取りに来て」という徳談を渡した。キム・シンヨン20周年もおめでとう。一日一日頑張ってみると30周年になっていた。振り返ってみると、いっぱいの時間になることを応援します」と温かい仕上がりを作りました。 IN AMERICA」を開く。 6日、YouTubeチャンネル「VIVO TV-ビボッティビ」には「何が起こったクイズがあります!」極大怒するほど面白い人=ソン・ウンイ」というタイトルの映像が上がってきた。この日、キム・シンヨンはソン・ウンリーの

シン・ギナム、ウェブトゥーン「コーヒーキツネ・キム・サムウォル」OST発売

コーヒーキツネキム・サムウォル」OST「君を愛して」。ヨーグルトスタジオ 歌手シン・ギナムが切ない別れ感性を盛り込んだOSTでリスナーを探す。 「公開されている。愛して/君を惜しみよう 君だけ幸せになればいい 俺は/聞きたい君の声/もう一度聞くことができないが本当に大丈夫/私は君だけ幸せなら好き’などの率直な歌詞が出会って共感を引き上げる。 ここにユ・ジェハ音楽歌謡祭出身ポップ感性シンガーソングライター シン・ギナムのユニークな音色が加わって完成度を高めた。録音当時、シン・ギナムの完璧な歌唱力とディテールな感情線が現場スタッフたちの感心をかもし出したという伝言だ。ユン・ジソン(Wanna One)、ソンミン(スーパージュニア)、ディンディン、ジェア(ブラウン・アイド・ガールズ)など数多くのアーティストやOST作業をしてきたプロデューサーキム・ナムウォンと作曲家パク・チヨン、ソンヒョン、カン・ジェヒョクが意気投合してクオリティを加えた。 Nica作家のウェブトゥーン「コーヒーキツネキム・サムウォル」は人間に変わってしまった久美穂キム・サムウォル、そして放浪生活をしていた彼女をアルバイト生として聞いたカフェ社長パク・ジョンマンのギリギリなロマンスを描いた純正物だ。 参加したウェブトゥーン「コーヒーキツネキム・サムウォル」OST「君を愛して」は来る10日、正午各種オンライン音源サイトを通じて発売される予定だ。 この切ない別れ感性を盛り込んだOSTでリスナーを探す。来る10日正午各種オンライン音源サイトを通じてシンギナムが参加したウェブトゥーン「コーヒーキツネキム・サムウォル」OST「君を愛して」が公開される。 「君を愛して」は別れ

アイブラブダイブチックトーク映像239万個↑…冷やさない人気

2022.12.08. (写真=スターシップエンターテイメント提供)[email protected] *再販とDB禁止 8日所属事務所スターシップエンターテイメントによると、アイブは去る7日ショートフォームプラットフォームTicktokが発表した2022年決算「Ticktokプレイリスト」部分で2番目のシングルアルバムタイトル曲「ラブダイブ」で1位を占めた。の人気を再び確認させた。入った映像視聴回数が2億ビューを飛び越える熱い人気を見せてくれ、これは一気に別名「遊び場チャート」を占領して10代の間で流行のように広がり始めた」と明らかにした。されてから約7ヶ月が過ぎたにもかかわらず、現在チックトーク内の「ラブダイブ」音源を使って公開された映像は239万本を超えているほど冷めない人気を誇っている。 ダイブ(LOVE DIVE)がチックトーク内で最も多く使われた音源に選ばれた。 8日、所属事務所スターシップエンターテイメントによると、Iveは7日、Shortform Platform Ticktokが発表した20

キム・ジェジュン、来年1月J-パーティー… 팬들과 특별한 생일파티

[서울=뉴시스] 가수 김재중’2023 KIM JAE JOONG Asia Tour Concert’J-PARTY’in Seoul’ポスター2022.12.08。 (写真=シジェスエンターテイメント提供)[email protected] *再販売とDB禁止 8日所属事務所のシジェスエンターテインメントによると、キム・ジェジュンは来年1月28~29日両日、COEXシンハンカードアーティウムで「2023キム・ジェジュンアジアツアーコンサート「J-PARTY」であるソウル(KIM JAE JOONG Asia Tour Concert」J-PARTY’in Seoul)’を開催する。 ‘ジェイパーティー’はファンミーティングとミニコンサートが結合された形の誕生日パーティーで、キム・ジェジュンは2015年から該当公演を通じてファンに会って特別な誕生日を送っている。

ヒップホップフェスティバルライドザビットオープン… Ziko→Song Minho

2022.12.08. (写真=タイプコミュニケーション提供) 8日のタイプコミュニケーションによると、「ライド・ザ・ビート」は来る30~31日、ソウル長忠体育館で繰り広げられる。 現在まで公開された3次ラインナップによると、30日にはジコ、ロコ、ウウォンジェ、ピエイチウォン(pH-1)、ビッグナティ(BIG Naughty)、調光日(Jo Gwangil)、ホミス( HOMIES)、Dvwnが2日目の31日には、ソン・ミンホ(MINO)、シッケイ(Sik-K)、ビオ(BE’O)、ジャスディス(JUSTHIS)、アッシュアイランド(Ash Island)、リラマルズ(Leellamarz)などが出演する。 特に今回の公演では、ヘッドライナーのジコとソン・ミンホの公演時間が45分以上大幅に増えた。他の出演陣もそれに準ずる長いランニングタイムを披露する予定だ。一方、タイプコミュニケーションとアテオードが共同主催し、ヒップホッププレーヤーが後援する。

防弾少年団V、19世紀のヨーロッパ神社に変身

ニューシス]防弾少年団V。 2022.12.08. (写真=ビッグヒットミュージック提供)[email protected] *再販とDB禁止第二ランナーに出た。 Vは8日防弾少年団公式SNSに来る23日発売する’スペシャル8フォト-ポリオ’コンセプトフィルムとプレビューイメージを公開した。 ビュマンの感性で表現したグラビア「ビューティフルデイズ(Veautiful Days)」は、近代ヨーロッパの雰囲気を合計4つのコンセプトで盛り込んだ。 Vは乗馬授業を受ける神社に変身、ティータイムを持って休憩を楽しむなど多彩な姿を演出する。 「ビューティフルデイズ」には普段ジャズを楽しんで聴き、クラシックな衣装を楽しんで着るVの好みがそのまま投影された。彼は各コンセプトに登場するヴィンテージ小物を選ぶなど、企画段階からグラビア作業全般に参加したという。

フック側クォン・ジニョン代表代理処方違法NO..人権抹殺行為への法的措置[専門]

=w540″>クォン・ジニョン代表/写真提供=フックエンターテイメント代表は適法な手続きにより代理処方を受けた。その過程で違法、不法行為がなかった。 p> 続いて「これに医療法令が定めたところにより代理処方を受けることができる者だ。睡眠薬代理処方も適法だ。 p> それとともに「今日(8日)あるメディアの記事は、「怪しい薬の使い方」という表現を通じてクォン・ジニョン代表の名誉を失墜させようとした。意図的に事実関係を好道したもの」とした。 > 最後にフックエンターテイメント側は「クォン・ジニョン代表はこれまでの議論について頭を下げて謝罪し、責任を回避するつもりはない。 しかし、適法に行われたことすらクォン・ジニョンがしたという理由だけで非難されるのは過度な人権抹殺行為」とし「該当媒体と記者個人に対する民、刑事上責任を問う」と伝えた。クォン・ジニョン代表は適法な手続きに従って代理処方を受け、その過程で違法、不法行為がありませんでした。 医療法令は一定の場合、代理処方を許可しており、コロナ19により2020年2月24日から一時的に代理受領者の範囲が治療を支援する知人まで拡大されました。クォン・ジニョン代表は2015年に発症した脳梗塞によるひどい片麻痺で日常生活でさえ補助人の助けを受けなければならないほど挙動が非常に不便で、左筋の硬直などで現在も継続的治療を受けなければならない人です。 それに伴い、クォン・ジニョン代表は医療法令が定めるところにより代理処方を受けることができる者であり、特に一時的に代理受領者の範囲が拡大して知人を通じた代理処方も受けることができる者です。 要するに、クォン・ジンヨン代表の代理処方は「受賞」または「違法」ではありません。 2。クォン・ジニョン代表の睡眠薬代理処方もやはり適法です。 「臨時肥大面診療に対する向精神薬処方制限措置」にもかかわらず、睡眠薬の代理処方は可能です。 保健福祉部公告第2021-780号 ¡一時的肥大面特定医薬品処方制限案」により①肥大面診療について②麻薬類及び五男用懸念医薬品の処方を制限しています。 しかし、保健福祉部が報道資料として配布したように、2020年2月24日から施行した代理処方は、上記の一時的非対面特定医薬処方制限に該当しません。 したがって睡眠障害を患っているクォン・ジニョン代表は医師の許諾と関連法令により睡眠薬処方を受けたもので、これは決して違法ではありません。 3。 SBS芸能ニュースの2020年12月8日10:28頃、記事は事実関係が間違っており、深刻な名誉毀損です。 上記の記事で言及されているように、その媒体はクォン・ジニョン代表の法律代理人から関連法令と解釈を伝えて聞いたことがあります。 該当媒体は、まるでクォン・ジニョン代表の代理処方受領行為が違法なようなニュアンスの「怪しい薬の使い勝手」という表現を通じてクォン・ジニョン代表の名誉を失墜させようと意図的に事実関係を好道したと当社は判断しています。 4。クォン・ジニョン代表は該当媒体と、記者に対する法的措置を厳重に取ります。 クォン・ジニョン代表は、これまでの議論について頭を下げて謝罪し、その責任を回避するつもりはありません。 しかし、適法に行われたことさえ、ただクォン・ジニョンがしたという理由だけで非難されるのは過度なものであり、クォン・ジニョン代表に少しでも残っている人権を抹殺する行為だと思います。 クォン・ジニョン代表は、該当媒体と記者個人に対する民、刑事上責任を問うことをお知らせし、該当記事を引用する際には必ず事実関係を正確に確認してください。