セブンティーンブソクスンホシオフィシャルフォト…フンフン+スポーティな魅力

のメンバー、星が新報「SECOND WIND」の第2版オフィシャルフォトを公開した。セカンドウィンド)の第2版個人オフィシャルフォトを掲載した。星が温かいビジュアルで個人オフィシャルフォトの最後を飾った。 「死点」を過ぎて、今後力強く走る姿を盛り込んだ。 jpg?type=w540″> “SECOND WIND”は自分を疲れさせた仕事を続けることを可能にする「第2の呼吸」あるいは「新しい活力」を意味する。激しい運動で身体的苦痛を感じる「死点」を過ぎ、痛みが減りながら「最も爽快な瞬間」を感じながら、むしろ運動をさらに続けたい意欲が生じる時期、あるいは変化を意味する。 疲れた日常に新しい息を吹き込む「SECOND WIND」のように、ブソクスンはいつも私たちのそばで絶え間なく笑いと活力を与える「私のための応援団」に変身して2番目(Second)アルバム「SECOND WIND」を通じて歌謡界にも新しい息(Wind) )を吹き込む予定です。 [写真=プレディスエンターテイメント] [email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

ブラックピンク、ギネス世界記録6部門に追加登載

BLACKPINKがギネス世界記録6部門に追加登録された。 YGエンターテインメントはBLACKPINKが正規2集「BORN PINK」でイギリスとアメリカでそれぞれ「アルバムチャート1位を達成した最初のKポップ女性アーティスト」でギネスワールドレコード(Guinness World Records、以下ギネス)に公式登載されたと27日明らかにした。 メンバーリサもソロアーティストとして3部門に追加登載された。彼は米国・ヨーロッパの代表音楽授賞式である「MTV VMAsとEMAで共に受賞した最初のKポップソロアーティスト」、個人インスタグラムフォロワー数8630万人(19日基準)で「Kポップアーティストインスタグラムフォロワー最多保有者」’タイトルを獲得した。 すでに数回ギネス新記録を立てて世界中で最高の人気を誇ってきたブラックピンクだ。グループとして「YouTubeの購読者最多保有アーティスト」「24時間で最も多く見たYouTube映像」など12番、ロゼ(2個)リサ(5個)ソロ成果まで加えればこれまで計19回の名前を上げた。 ギネスはブラックピンクとリサのこの成果を集中的に照明し、「ブラックピンクは現音楽市場で最大の成功を収めた、自他共同である世界最高のガールグループだ。今後、ブラックピンクが新たに更新する記録」彼らも非常に期待される”と今後の好声的を見込んだ。 一方、BLACKPINKは約150万人を動員するKポップガールグループ最大規模のワールドツアーを進行中だ。昨年7都市14回目の北米、7都市10回目の欧州公演を盛況裏に終えた。 最近アジアに足を運んでファンに出会っており、4月に米国「コッチェラバレーミュージック&アーツフェスティバル」、7月に英国「ハイドパークブリティッシュサマータイムフェスティバル」にヘッドライナーとして舞台に立つ。 [写真=YGエンターテイメント] * YTN starは芸能人や芸能界の従事者に関連する情報を受け取ります。 [email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

イム・チャンジョン、ミニ3集全曲作詞参加…タイトル曲は「愚痴」

歌手イム・チャンジョンがミニ3集カムバックを予告した。’愚痴’を最初に公開した。日’、’愚痴(inst.)’合計5曲が収録された。 歌手イム・チャンジョンがミニ3集カムバックを予告した。写真=イエスアイエムエンターテイメントイム・チャンジョンは今回も全曲作詞に参加し、それだけの感性が溶けている歌詞を聞かせる。イム・チャンジョンはタイトル曲「バカ」をはじめ「もっと愛してほしい」、「ただ良い日」作曲にも名前を挙げるなど、プロデュースに参加して多彩な音楽スペクトルを見せる見通しだ。 特に今回のミニ3集にはイム・チャンジョンの妻であり、各種放送で活躍中のソ・ホワイトが作詞に参加して注目を集める。ソ・ホワイトはイム・チャンジョンと共に収録曲「許し」作詞に参加、果たして夫婦である二人が描いた「許し」はどんな感じか注目が集中する。全プロデューサーイノシシ、オオカミと再び意気投合して最高のクオリティを見せる予定だ。また、イム・チャンジョンは冬の感性を醸し出す雰囲気とリスナーのリラックスした声でリスナーの鼓膜を刺激する計画だ。 、リリックフォト、ミュージックビデオティーザー、スペシャル映像など様々なコンテンツも予定されており、カムバック熱気をさらに引き上げることが期待される。 3集『愚痴』が発売され、イム・チャンジョンは同日オフラインショーケースを開催する。 27日真夜中所属事務所イェスアイエムエンターテイメントは公式SNSチャンネルを通じてイム・チャンジョンの3番目のミニアルバムトラックリストをオープン、アルバム名と同名のタイトル曲名「バカ」を初公開した。

NCT 127、コロンビアも受付完了

グループNCT 127がコロンビアで初の単独コンサートを成し遂げた。ビスタアリーナ(MOVISTAR ARENA)で華やかに繰り広げられた。コンサートで現地の大きな注目を集めた。 これにこの日の公演にはコロンビア代表ニュースチャンネルRed+とCanal CITY TV、コロンビア最大の報道機関El Tiempo、経済誌La Republica、大型ラジオLos 40など現地主要メディアが開かれた。取材競争を繰り広げ、NCT 127の熱い人気を実感させた。 jpg?type=w540″> NCT 127夜’などヒット曲、’エレベーター’、’ドリーマー’、’ブラックファースト’、’明日の私に’などアルバム収録曲、それぞれ違う個性が込められたソロ舞台まで計32曲の豊かな舞台で爆発的な呼応を得た。 p> 客席をいっぱいにした観客は歓声をあげて韓国語の歌詞に沿って歌うなど情熱的に公演を楽しんだし、コロンビアの国旗色である黄色、青、赤のライトを活用NCT 127の初訪問歓迎イベントと’白夜’、’Back 2 U’などバラード舞台に合わせて携帯フラッシュで公演場を美しく彩るイベントも繰り広げて忘れられない思い出をプレゼントした。 NCT 127 28日、メキシコのメキシコシティのパラシオ・デ・ロス・デポルテ(Palacio de los Deportes)で2番目のワールドツアー北南アメリカ追加公演のフィナーレを飾る。 >

デビュー20周年クモ、今日(27日)そのための曲発売

> (EXPORTSニュースチョ・ヘジン記者)歌手クモが作詞に参加した新曲’グダムのための歌’が公開される。寂しいか悲しくないようにいつもそばにいてくれるという心を込めた慰めの曲であるクモの今回の新曲は、デビュー20周年を迎えたクモの歌を長い間愛してくれてまた待ってくれたリスナーたちに向けた感謝の気持ちを込めた。

TNX、6人6色コンセプトフォト公開。 w540″> TNX、6人6色コンセプトフォト公開..フットプットした少年美’期待UP’グループTNX(チェ・テフン、ウ・ギョンジュン、チャン・ヒョンス、チョン・ジュンヒョク、ウンフィ、オ・ソンジュン)がコンセプトフォトを公開、カムバック期待感を高めた。 TNXは1月26日午後、公式SNSを通じて2番目のミニアルバム「Love Never Dies」のコンセプトフォトを公開した。注目を集中させる。制服を着て美術室からプールなどそれぞれ異なる空間にあるTNXは、純粋な魅力でファンを魅了した。 別の写真の中で、TNXはまるでチョコレート広告を見るような感じで注目を集めました。自分だけの個性通り制服を着たまま反抗的ながらも初恋を連想させるビジュアルを誇っている。特に団体コンセプトフォトの中のTNXは、広大な大地を背景にすべて一緒にどこかを眺めており、新しいアルバムに対する疑問を刺激する。 image/108/2023/01/27/0003124318_002_20230127082101414.jpg?type=w540″> TNX、6人6色コンセプトフォト公開。感性と剛性が共存するパフォーマンスで、同世代と共に勇気を出して挑戦し、克服して成長していく新しい6人」というグループの意味のように、今後TNXが追求する新鮮で多彩な音楽に対する意志を盛り込む。 >前にTNXはカムバックトレーラー公開を皮切りにアルバム事前予約販売、コンセプトフォト公開およびショーケース開催のお知らせを伝えて本格的なカムバックオープンを暖めている。また、TNXはトレーラー映像をカムバック3週間前に公開し、破格的なアルバムプロモーションを開始、Kポップファンの熱い反応を得ている。 また、TNXは2月15日午後6時、オンライン音源サイトを通じて2番目のミニアルバム「Love Never Dies」を公開しました。全世界同時発売する。同日午後8時、オン・オフラインカムバックショーケースを開催する。

グループTNX(チェ・テフン、ウ・ギョンジュン、チャン・ヒョンス、チョン・ジュンヒョク、ウンフィ、オ・ソンジュン)がコンセプトフォトを公開、カムバック期待感を高めた。 TNXは1月26日午後、公式SNSを通じて第2ミニアルバムLove Never Diesコンセプト

2月タイ→3月香港キム・ジョンヒョン、初の海外ファンミーティング開催[公式]

=w540″>/写真=エバーモアエンターテインメント歌手キム・ジョンヒョンがタイと香港のファンに会う。来る3月1日、香港MACPHERSON STADIUM(マクファーソンスタジアム)で初の海外ファンミーティング「FANTASIA」を開き、ファンと特別な時間を過ごす。現地のファンを一番近づけるだけでなく、公演を通じて華やかなパフォーマンスと率直な魅力まで加減せずにすべてを見せる予定だ。舞台はもちろん、トークやゲームなど豊かな公演で多彩な楽しさを加える予定だ。キム・ジョンヒョンは昨年11月に初のミニアルバム「MERIDIEM(メリディアム)」を発売し、音楽的成長を証明してグローバルファンの熱い反応を得た。これに先立ちキム・ジョンヒョンは昨年12月16日から18日まで3日間チャムシル学生体育館で行われた最初のファンコンサート「Fantasia」を成功裏に終えて国内ファンと会ったことがある。 ファン・ミーティング「FANTASIA」に関する詳細は、今後の公式SNSを通じて確認することができます。 。キム・ジョンヒョンは来る2月25日タイバンコクUnion Hall2, Union Mall(ユニオンホール2,ユニオンモール),来る3月1日香港MACPHERSON STADIUM(マクファーソン)

ジャクソン、ソロ初のワールドツアー巡航… 7都市追加決定[公式]

イ・ミンジ記者]シンガージャクソン(Jackson Wang)がソロ初のワールドツアーを首尾よく進行中だ。ワールドツアーを進め、現地のファンに会っている。彼はアメリカとカナダのメキシコまで7つの主要都市を開催することを確定した。 ?type=w540″> 来る4月26日ロサンゼルス、4月28日サンフランシスコ、4月30日バンクーバー、5月4日シカゴ、5月6日トロント、5月11日ニューヨーク5月25日、メキシコシティなど、米国、カナダ、メキシコまで主要7都市でソロ公演を追加した。 /609/2023/01/27/202301270832352410_4_20230127083503013.jpg?type=w540″> 前にジャクソンは11月26日、バンコク、12月17日2月17日日ロンドン、1月15日、パリなど海外各所でソロ初のワールドツアーを開催した。一方、ソロワールドツアーを成功裏に続けているジャクソンは、4月に開催される米国最大の音楽祭「コッチェラバレーミュージック&アーツフェスティバル」に2年連続の招待を受けた。 (写真=ジャクソン)

イム・ヨンウン、2022年年間チャートサークル指数シェア1位

年間チャートサークル指数シェア1位歌手イム・ヨンウンが2022年年間チャートサークル指数シェア1位に上がって大勢人気をもう一度輝かせた。 イム・ヨンウンは1月27日サークルチャートが発表した2022年年間チャート歌手別サークル指数シェアTOP400で1位を占めた。イム・ヨンウンは2022年の年間チャートTOP400歌手別サークル指数シェア調査で400位圏内の合計22曲を載せて合算シェア6.3%を記録した。 1月まで8ヶ月連続歌手別サークル指数シェアTOP400 1位を記録したイム・ヨンウンはこれで2022年全体を統一してサークル指数シェア1位を記録して独歩的存在感を見せた。 イム・ヨンウン、2022上位1位のイム・ヨンウンに続き、2位は18曲で5.2%のシェアを記録したIUだった。 3位はアイブ3%(3曲)、4位は雨2.8%(7曲)で、5位はそれぞれ2.6%(7曲)のシェアを記録した防弾少年団とエスパが共同で上がった。 7位は(女)子どもたち2.1%(4曲)、8位はテヨン2.1%(7曲)で、ニュージンスとメロマンスがそれぞれシェア2%(5曲)で共同9位を占めた。一方、イム・ヨンウンは2月11日~12日、米国LAドルビーシアターで初の海外コンサートを行う。