今は英雄時代、17万観客に熱狂したイム・ヨンウン IM HERO

イム・ヨンウンがソウルの夏の夜を熱く盛り上げる。 オリンピック体操競技場(KSPO DOME)で開かれたイム・ヨンウンの全国ツアーコンサート「IM HERO」(アイム・ヒーロー)は、観客の歓声と拍手の喝采の中「宝座」で始まった。続いて「愛していますあなたを」、「愛役」をはじめ、正規1集タイトル曲「再び会えるか」など収録曲が続き、現場の雰囲気は熱くなった。カラフルなジャンルで高品質のステージを飾り、ファンの目と耳を掴んだ。 /0001225711_004_20220815115502829.jpg?type=w540″> ファンクラブヒーロー時代もイム・ヨンウンのためにテチャンと「変わらない歌になって」、「変わらない心を約束する」と書かれたスローガンイベント行きました。イム・ヨンウンは「私はいつもこの席が舞台で皆さんを待つ。また会うその日までに建てる」と挨拶したイム・ヨンウンは夏歌メドレー、’人生賛歌’などでアンコール舞台を飾って濃い余韻を残した。 イム・ヨンウンはソウルを最後に高陽、昌原、光州、大田、仁川、大邱に続く全国ツアーを終えた。今回のツアーで約17万観客に会ったイム・ヨンウンは、年末’IM HERO’釜山ベクスコ、ソウル高汰ドームアンコールコンサートを開く。 夏の夜を熱く甘くした。 12日から14日まで3日間、オリンピック体操競技場(KSPO DOME)で開かれたイム・ヨンウンの全国ツアーコンサート「IM HERO」(アイム・ヒーロー)は観客の歓声と拍手の喝采の中「宝座」で

歌手イム・ヨンウンが全国ツアーコンサートを盛況裏に終えた。 /15/0000164197_001_20220815115601633.jpg?type=w540″> 昨年12日から14日まで3日間オリンピック体操競技場(KSPO DOME)でイム・ヨンウンの全国ツアーコンサート「IM HERO」/p> この日、本公演に先立ち、MC船とMCタックが現場観客とのインタビューなどで祭りの雰囲気を詳しく伝え、コンサートを待つ楽しさから抱かれた。 ハムソンとパク・スガルチェの中に登場したイム・ヨンウンは「宝の座」を皮切りに「愛しています。バラドとダンス、ヒップホップ、トロット、ポップなど多彩なジャンルはもちろん、高品質のステージ演出、そして巨大なスケール、興奮を帯びるバンド演奏と振り付けなどが調和をとる成り立ち、目と耳も好強させた。/p> ファンクラブ英雄時代もイム・ヨンウンのためにテチャンと「変わらない歌になってくれ」、「変わらない心を約束する」と書いた「私はいつもこの場でこのステージであなたを待っています。また会うその日までに建てる」と最後の挨拶を渡したイム・ヨンウンは夏の歌メドレーと「人生賛歌」などでアンコールをプレゼント、最後まで濃い余韻の中の皆に忘れられない大切な思い出をプレゼントした。 来る12月の年末コンサートを知らせる映像が出ると歴代最高デシベルの歓声でその喜びを表現し、約3時間以上の生中継が終わって再び舞台に出てきたイム・ヨンウンは観客のために5曲のリアルコールで感謝することを歌った。

ニュージンス、初週アルバム販売量31万枚突破

ドア提供] [ヘラルド経済=コ・スンヒ記者] ハイブ傘下のラベルでミン・ヒジン代表取締役が率いるアドア所属グループニュージンズ(NewJeans)の新記録行進が続いている。 集計サイトハンターチャートによると、ニュージンス(ミンジー、ハニー、ダニエル、ハリン、ヘイン)の最初のミニアルバム「ニュージンス」が発売の一週間(集計期間8月8~14日)の間に合計31万1271枚販売された。 。これは歴代ガールズグループデビューアルバムの初動(発売日基準一週間のレコード販売量)の新記録である。また、歴代ガールズグループアルバム初動11位に直行した。 =w540″>ニュージンス[アドア提供] また、「ニュージース」はハンターチャート最新週間アルバムチャート(集計期間8月8~14日)1位を占め、サークルチャート最新週間小売店のアルバムチャート(集計期間8月7~13日)の頂上に上がった。ニュージンスの最初のタイトル曲「アテンション(Attention)」と2番目のタイトル曲「ハイプボーイ(Hype Boy)」が韓国スポーティファイ「日刊トップソング」チャートで13日連続1、2位を守り、3番目のタイトル曲’Cookie’は7日連続3位に名前を上げた。 「アテンション」は13日、Spotify Globalの「日刊トップソング」チャート179位を記録し、3日連続チャートインした。

ブラックピンク、180度

YGエンターテインメント バーチャルらしいバーチャルではなく、180度他のブラックピンク完全体が視線を圧倒する。ブログに公開された。 ブラックピンクの4人メンバーは割れたガラスケージの中で一歯の揺れなしに堂々とした姿勢と強烈な目つきを吹き出した。彼らの独歩的なビジュアルとカリスマ、挑発的な魅力を確認することができる映像だ。また、これは息を呑むように緊張感のあるBGM音響と交わり、新曲が盛り込まれているメッセージに対するファンたちの気になることを育てた。実際、今回のビジュアルフィルムに先立って公開されたメンバー別個人ティーザー映像はすべてYouTubeトレンディングワールドワイド最上位圏を一気に掌握した。 image/144/2022/08/15/0000831051_002_20220815115701430.jpg?type=w540″>ブラックピンク。 YGエンターテイメント ブラックピンクYGエンターテインメント 約14秒~17秒分の短いティーザー映像であるにもかかわらず、いつものアーティストミュージックビデオ本編に次ぐ視聴数を記録し、BLACKPINKのグローバルな影響力と存在感を確認したのだ。

イム・ヨンウン初の全国ツアー、英雄時代17万人が集まった

記事内容のまとめ ssl.pstatic.net/mimgnews/image/003/2022/08/15/NISI20220815_0001063238_web_20220815114642_20220815115903669.jpg?type=w540 2022.08.15. (写真=魚ミュージック提供) 15日所属事務所の魚ミュージックによると、イム・ヨンウンが去る5月6日高陽を皮切りに前日オリンピック公園体操競技場(KSPO DOME)でフィナーレを飾った全国ツアーコンサート’アイムヒーロー(IM HERO)’にこのような人員が集まった。特に今回の全国ツアーの対米を飾ったソウル公演は去る12日から前日まで毎回1万人ずつ合計3万人が集まった。 10代から90代まで様々な年齢層が公演会場を訪れたと魚ミュージックは伝えた。 また、ティービングなどを通じて生中継されたリアルタイム放送は96.8%のシェアを記録した。魚ミュージックは「異例の数値だ。日曜日であることを勘案した時も圧倒的なシェア」と伝えた。

アイドル出身そうだね…イ・ウ、キム・ドヒ、ソウル、相変わらずダンスの実力

歌手イ・ウ、キム・ドヒ、ソウルがアイドル出身を証明した。この公開された。 img src=”https://ssl.pstatic.net/mimgnews/image/410/2022/08/15/0000887990_001_20220815115901603.jpg?type=w540″>歌手イ・ウ、キム・ドヒ、ソウル写真=コヨテ「GO」チャレンジ映像キャプチャ 特に3人は国内最長数混成グループであるコヨテ劣らない喧嘩ケミはもちろん、真剣さとさわやかさを行き来する雰囲気に注目を集めた。清涼ながら愉快なエネルギーを伝えた義烏、キム・ドヒ、ソウルはそれぞれアイドルグループマッドタウン、松、インパクト出身らしくゆったりとした消火力も誇り、’アイドル出身バラーダー’の底力を見せた。 また、センターキム・ドヒをはじめ、義烏とソウルは短い映像でも特有の魅力を見せるとともに現役アイドル級ビジュアルまでプレゼントし、グローバルファンの関心を受けた。 を示したことがある。キム・ドヒは4月「別れが答え」発売以後「キスシックスセンス」OST Part.9「それがうまくいかない」歌唱に参加して「OST妖精」に生まれ変わり、ソウルは現在新曲発売準備に真っ最中だ。

イム・ヨンウン、ソウルもスカイライトフェスティバル写真提供=魚ミュージック歌手イム・ヨンウンがソウルでも空の光祭りを繰り広げて全国ツアーを盛況裏に終えた。 KSPO DOME)で全国ツアーコンサート「IM HERO」(アイムヒーロー)を開催した。 この日、本公演に先立ちMC船とタクが現場観客とインタビューなどで祭りの雰囲気を詳細に伝え、コンサートを待つ楽しさを抱いた。ハムソンとパク・スガルチェの中に登場したイム・ヨンウンは「宝座」を皮切りに「愛しています。 バラードとダンス、ヒップホップ、トロット、ポップなど多彩なジャンルと高品質ステージ演出、そして膨大なスケール、興奮を帯びるバンド演奏と振り付けなどが調和した公演で目と耳をひきつけた。 様々なステージと共に新鮮でスペクタクルなVCRも印象的だった。またファンに向けたイム・ヨンウンの感謝と愛情は温かさをかもし出した。 ファンクラブ英雄時代もイム・ヨンウンのためにテチャンと共に「変わらない歌になってくれ」、「変わらない心を約束する」と書かれたスローガンイベントでムンクルな感動をプレゼントした。この日の会場は英雄時代の水色の波で足のトレッドギャップがなかったという後門だ。 .jpg?type=w540″>/写真提供=魚ミュージック”私はいつもこの席この舞台で皆さんを待つ。また会うその日までに建てる”アンコールの舞台を飾り、観客に忘れられない思い出をプレゼントした。 また、観客は来る12月の年末コンサートを知らせる映像が出ると大きな歓声で喜びを表現し、約3時間以上の生中継が終わって再び舞台に出たイム・ヨンウンは観客のために5曲のリアンコールとして感謝を伝えた。 ソウルの最後の日の公演は生中継とオンラインライブストリーミングで現場の熱気と感動をファンに伝えた。魚ミュージックによると、リアルタイム中継放送は96.8%のシェアで異例の数値を見せた。日曜日であることを勘案した時も圧倒的なシェアだ。 一方、イム・ヨンウンは今年末、釜山、ベクスコ、ソウル高尺ドームでアンコールコンサートを開催する予定だ。ユン・ソンヨル記者

歌手イム・ヨンウンがソウルでも空っぽの祭りを繰り広げ、全国ツアーを盛況裏に終えた。 15日、所属事務所の魚ミュージックによると、イム・ヨンウンは12日から14日まで3日間、ソウル松坡区バン・イドンオリンピック体操競技場(KSPO DOME)で

ファン・ミンヒョン、ファンミーティング私の夏の成績… 평생 잊지 못할 추억

[서울=뉴시스] 황민현 2022.08.15 (写真=プレディスエンターテイメント)[email protected] *再販とDB禁止 ファン・ミンヒョンは去る12~14日3日間ソウル江南区COEXアーティウムで単独ファンミーティング「私の夏」を開催、約2時間ファンと時間を過ごした。 この日直接ピアノを弾いて登場したファン・ミンヒョンはソロ曲「イヤホン(EARPHONE)」でファンミーティングを始めた。続いて彼は現場を訪れたファンに感謝挨拶を伝え、ホピポーラの「君の海」を熱唱した。 ファン・ミンヒョンはネル「記憶を歩く時間」、シャイニー「ビュー(VIEW)」、ペクヒョン「国連ビレッジ(UN Village)」など新しく再解釈した曲を準備してボーカル実力を表わした。またアコースティックバージョンに編曲した「ユニバース(Universe・星の歌)」、「デイブレイク(Daybreak)」などバンドライブを披露した。ファン・ミンヒョンは「10年ぶりに初めて単独ファンミーティングをした。この生涯忘れられない思い出になり、黄道と一緒ならどんな未来が訪れても恐れないようだ」と話した。 続いて「今回のファンミーティングが人生の原動力になり、より素敵なアーティストになる。これから様々な活動で訪れることができるようにする」と感想を伝えた。

少女時代サニーは叔父のイ・スマンと親しい?彼女が言ったことは次のとおりです

「知っているお兄さん」の最新放送で、少女時代のサニーは、SMエンターテインメントの創設者である生物学的叔父イ・スマンとの関係について言及しました。アイドルが明らかにしたことは次のとおりです. 少女時代サニーはイ・スマンと親密ですか?アイドルがおじさんとの関係に言及 8月13日、デビュー15周年を迎えた「国民的ガールズグループ」少女時代が、JTBCのバラエティ番組「知ってるお兄さん」の第345話に出演した。このエピソードでサニーは、実の叔父であり、SMエンターテインメントの創設者兼プロデューサーであるイ・スマンについて語った. (写真: 少女時代 (News1)) この話題は、スヨンがメンバーに会いたくないときがあることを明らかにしたときに話題になりました。彼女は次のように説明しました: 「私たちが何を言おうと、気にせずにサニーを見たくありません。」 それでは、MCスーパー ジュニアのキム ヒチョルは考えられる理由を次のように主張しました。彼は間接的に、サニーの叔父として知られているイ・スマンに言及した. スヨンは急いで次のように説明した: 「いいえ、(サニーの)叔父のせいではない」. サニーは強くて、メンバーが何を言おうと笑顔を絶やさない. サニーはいつも「あなたが何を言っても、私はまったく気にしない」と言っています.イ・スマン (News1)) イ・スマンの話が出てきたとき、サニーは彼について直接話し、彼女はいつも「先生」という肩書を使ってきたと告白しました。: 「実は、(先生の)イ・スマンを「おじさん」と呼んだことは一度もありません。」 MC が尋ねたとき: 「若い頃、彼を「おじさん」と呼んでいませんでしたか?」 (写真: Sunny (News1)) この質問で、Sunny は大切な人と親しいかどうかをほのめかし、次のように答えました: 「でも、若い頃はほとんど交流がありませんでした。 MC のイ・スグンは、2 人の K-POP パーソナリティの親戚でもあると主張し、視聴者とメンバーの興味をそそりました。 「イ・スマン! イ・スグン! (名前が似ているので) 私は同じ家族の出身です. スンギュ (サニーの本名) と私は親戚です.」 p> Read more…

임영웅, IM HERO 전국투어 성료..라이브 스트리밍 기록까지 쓴 역대급 마무리

[ヘラルドPOP=チョン・ユンヘ記者]歌手イム・ヨンウンが全国ツアーコンサートを成し遂げた。コンサート「IM HERO」(アイムヒーロー)が開催された。愛されている正規1集タイトル曲「再び会えるか」から収録曲で舞台を飾った。バラードやダンス、ヒップホップ、トロット、ポップなど多彩なジャンルはもちろん、高品質のステージ演出、そして膨大なスケール、興奮を帯びるバンド演奏と振り付けなどが調和した公演だった。またイム・ヨンウンはファンに向けたイム・ヨンウンの感謝と愛情をいっぱい表わした。ファンクラブ英雄時代もイム・ヨンウンのためにテチャンと「変わらない歌になって」、「変わらない心を約束する」と書かれたスローガンイベントでムンクルな感動の余韻を続けた。 イム・ヨンウンは、「私はいつもこの場でこのステージであなたを待っています。再会するその日までに建設」と終わりの挨拶を渡し、夏の歌メドレーと「人生賛歌」などでアンコールをプレゼント、最後まで濃い余韻の中の皆に忘れられない大切な思い出をプレゼントした。また来る12月年末コンサートを知らせる映像が出ると歴代最高デシベルの歓声でその喜びを表現し、約3時間以上の生中継が終わって再び舞台に出たイム・ヨンウンは観客のために5曲のリアルコールステージをプレゼントした。 ソウルの最後の日の公演は生中継およびオンラインライブストリーミングされ、現場の熱気と感動を続けた。リアルタイム中継放送は96.8%のシェアで異例の数値を見せ、これは日曜日であることを考えた時も圧倒的なシェアだった。 を開催する予定だ。去る12日から14日まで3日間オリンピック体操競技場(KSPO DOME)でイム・ヨンウンの全国ツアーコンサート「IM HERO」(アイム・ヒーロー)が開催された。叫び声と拍手の中に登場したイム