カンヌ映画祭レッドカーペット明らかにする「ブローカー」[フォトエンHD]

【カーン(フランス)=ニュースエンチョン・ユジン記者】第75回カーン国際映画祭(Cannes Film Festival 2022/以下カンヌ映画祭)競争部門に招待された映画「ブローカー」レッドカーペットが5月26日午後(現地時間)フランスカンパレ・デ・フェスティバルで行われた。 5月17日から28日までフランス南部の休養都市カンヌで行われる。

美街道生放送中にカメラに銃狙った男性…警察の追跡から

放送局「現場のスタッフはとても驚きましたが幸いです」 美街路生放送中にカメラに銃狼男【シカゴフォックスニュース画面キャプチャ。再販およびDB禁止] (シカゴ=ヨンハップニュース)キム・ヒョン通信院=ヨン・イウン銃期事故で米国全体が衝撃に包まれた中、シカゴ地域放送の路上ニュース生放送中に正体不明の男性が画面に乱入、カメラに向けて銃を狙うことが発生した。中、このようなことが起きた。この突然画面に現れ、ラムのすぐ後ろでカメラを見つめて銃を狙ってゆっくり消える場面がそのまま生中継された。 驚いた視聴者は、該当の放送局に電話をかけて被害を受けたスタッフはいないか懸念を表明し、警察にも届出電話が殺到したと地域メディアは伝えた。 制作陣は「現場スタッフみんなが大きくびっくりしたが、幸いなことに全員無脱だ」と明らかにした。を頼んだ。 警察は、現場近くの閉鎖回路テレビ(CCTV)に捕捉された容疑者の印象着議に基づいて、彼を18~25歳の間と推定している。 これに関連するニューヨークポストは、大都市シカゴが犯罪組織(ギャング)間の力強さから始まった銃器暴力で体を痛めている」と報じた。呼ばれる有名ショッピング街の近くで個人的な感情の戦いが触発された銃器乱射事件が起きて2人が亡く​​なり、7人が負傷した。/p> [email protected]

チョン・ウソンXイ・ジョンジェ映画ハント=清潭夫婦の死闘(年中)

(エキスポートニュースペク・ミンギョンインターン記者)「年中ライブ」イ・ジョンジェ、チョン・ウソンがティー格打撃ケミを発散した。 国際映画祭’特別企画で飾られた。 この日放送にはゲリラデートをするイ・ジョンジェ、チョン・ウソンが姿を描いた。映画「ハント」でカーン映画祭に招待された二人。 「ハント」はイ・ジョンジェの演出デビュー作だ。 。これにイ・ジョンジェは「私が影を踏んだ。申し訳ない」と謝罪しながらも「(チョン・ウソンが)所属事務所代表だと負担だ」と笑いを誘った。

全身麻痺ダクロスキム・ヒョクゴン父子、30種類の薬がなければならない。 0000814765_001_20220527064501751.jpg?type=w540″> [スポーツソウル| 26日に放送されたMBN「スクープ世界」には、オートバイ事故で全身麻痺となったキム・ヒョクガンが出演した。 3月のカムバックのための録音後、家に帰宅していたところ、交通事故にあって頚椎損傷による麻痺判定を受けた。 彼は「怖すぎた。何も動かないから。 「もうこんなに植物人間になったのか?」精神はあるのに、目だけがぼやけて浮かんだまま生きていかなければならない。下炎なしで心の中で涙を流した」と当時を思い出した。幹細胞も6回やってみて、すべてをやった後に受け入れることになった」と淡々と話した。/p> しかし彼は「傷ついて10年になりました。毎日一日一日耐えて頑張るもので、今体調はずっと良くなっていて、より良い歌をするのは科学的に物理的に難しいことだ。それでも最後まで歌う」と音楽に向けた情熱を表わした。両親の助けも大きかった。大腸がん4期のキム・ヒョクゴンの父は直接彼の外出や食事を助けた。公開された両親の家にはキム・ヒョクゴンがいつでも休むように準備されていた。また、両親の家には多くの薬があったが、彼の父は「革建家が約30種類の薬がなければ耐えることができる」と彼の体の状態を伝えたりもした。彼女に行った途中で燃やしてくれると言っても大丈夫だった。彼女を買うために、キムバプを買って暖かく食べようとするために少し早く行こうとしていたと思います。 MBN

[スポーツソウル|南ソヨン記者]グループザクロスキム・ヒョクゴンの近況が公開された。 26日放送されたMBN「スクープ世界」にはオートバイ事故で全身麻痺となったキム・ヒョクゴンが出演した。キム・ヒョクゴンは2012年3月のカムバックのための録音後、

高3象徴、父とアイコンの徳徳合致?コンサート一緒に行く [全日画]

)「主接が豊年」にアイコン(iKON)を愛証する父が登場して目を引く。 この日、主接団の中には徳徳八年目の高3ファンが登場し、反対席には「娘を愛してアイコンを愛証する高3娘お父さん」と紹介した高3ファンの父が登場しました。 チャン・ミンホは「お父様の反対がとてもひどかったのか」と尋ねたが、コ3ファンは「反対がひどくなかった。むしろお父さんが私のおかげで合致した」と話して気になる。これに父は「私が一緒に通うようになった理由は小学校1、2年生の時から(アイコンが)好きだったが、とても幼いから子供を保護しなければならない立場で一緒に通ったのだ」と説明した。 これを聞いたキム・ドンヒョクは「幼い友達は人々多く集まるとけがをするかもしれないから。ところで、とても大変だ」と吐露し、ドンヒョクは「そうですお父様。私たちのコンサートは大変です。ジャンプして(大変なので)躊躇したら四方にアイコニックがいるのではないか。ソン・ユンヒョンは「いくら大変だった。/27/0001453645_003_20220527064601726.jpg?type=w540″> 高3ファンには弟だけ3人がいたのに、大娘ばかりのことについて子どもたちが苦手ではないかというイ・テゴンの質問出た時ありますね? あの先輩のスカイドーム行って外から何時間待ってたのか分からない」と舌を出した。これにアイコンメンバーたちは「お父様が公平だな」と感心した。行けばとても行っているのに、お父さんと一緒に通いながら多くの話も分けることができてよかった」と話した。学業が心配にならないかというイ・テゴンの質問に、高3ファンの父親はため息をつくと、「勉強はあきらめたし、アイコン好きながら歌をしたいから」と実用音楽と進学を準備中だと説明した。 これでコ3ファンはパク・ミソンの要請に即席で「別れ道」を歌ったが、アイコンメンバーは「声がとても良い」と褒めた。 キャプチャー