ユン・スンア、ギムムヨル、ブーム誇りに思ってて-ブームは、私が程度

‘助けてホームズ俳優ユン・スンアが、夫ギムムヨルが同級生ブームを応援していると伝えた。 24日放送されたMBC「助けてホームズ」ではユン・スンアとセブンがインターンコーディネートに出撃した。この日ヤン・セヒョンはユン・スンアの夫ギムムヨルとブーム、セブンのつながりを言及した。続いてヤン・セヒョンは”安養予告出身3天王がある。雨、セブン、キムムヨルである」と述べてブームを名残惜しくにした。 これブームはギムムヨルを思い出して、「同窓であり、あまりにもヒットした」とし「今ジェスシ見サムエルが考えていた」と格別な親交を思い出した。 するとユン・スンアは「車に乗って行くとラジオでブーム氏の声が聞こえる時がありますが、そのたびに誇りに言う」と「「伝説であった」と言っていた」と述べた。これブームは「私がいるほどだ」と言って肩をすくめた。 新次元テンアジア

ホームズユン・スンア、ダンスの実力はチャン・ドンミン? ♥キムムヨル前にもならない詰まらせる

/写真=MBC「助けてホームズ「放送画面キャプチャー「ホームズ」の俳優ユン・スンアがチャン・ドンミン顔負けのダンスの実力を披露した。 24日放送されたMBC芸能プログラム「助けてホームズ」では両親の江原道引退ハウスを探す依頼が登場した。 ボクチムはコメディアンバクナレと俳優ユン・スンアが出撃した。バクナレは「家主が直接施工した家は考えていると思う」と「ビッグドラゴン3階建ての家」を紹介した。これは美しいデリョンサンビューが広がる3階の住宅だった。 ユン・スンアはバクナレで初めてダンスを披露した。ユン・スンアはギクシャク代実力で「夫の前でもない春ガール踊っ」とミンマンハムを表わして笑いをかもし出した。チャン・ドンミンはこれ”私と言葉遣い必要ダンスの実力が似ているだろう」と笑いを加えた。 イシホ

ユン・ジョンシン、広い庭の家公開…チャン・ハンジュン頭に巻いてもいい?

10年目住んでいる家チャン・ハンジュン、親しいらしい姿チョン・ミラ”私に反対した場合?」 「ジプコンライブ」/写真=tvN映像キャプチャ「ジプコンライブ」ユン・ジョンシンが家でコンサートのステージを飾った。 24日夜放送されたtvN「ジプコンライブ」には、ユン・ジョンシンが自宅で、いわゆる「ホームメイドコンサート」をする姿が描かれた。 ユン・ジョンシンは「この家は、2012年に取締役に来て住んでいる家である」と庭とキッチンが続く家を紹介した。彼は「家族が最も頻繁に集まるところがレストランだと思って」と話した。 子供の跡があちこちににじみ出るユン・ジョンシンの家が公開、広いキッチンが目をひきつけた。ユン・ジョンシンは「この家で、10年近くになった時この際歌も聞かドリルことができる時間になったらした」と述べた。 ユン・ジョンシンはコンサート曲順を命じるが、「「いいの」は良くないようだ家庭を成した家の中で昔の恋人をしのぶ歌を歌うのがちょっと」と話して笑いを誘った。 続きチャン・ハンジュンが静かに家の中に入ってきた」や頭に巻いてもいい?頭をしない巻き取る」と自分の家のように楽に家に入って目を引いた。頭を巻いて出てきたチャン・ハンジュンは「オープニングから再作成する必要ハヌンゴない?」と述べ、親しいユン・ジョンシンは「しなくてもいい。放送常習者が多ました」と指摘した。 ユン・ジョンシンは、誰もが集まった席で話をしていた中で「異邦人プロジェクト」で海外に出るようになったきっかけを述べた。彼は「「いいの」がうまくいって良かったが、2017年に忙しかったことも、2019年に去ることになったきっかけであった」と忙しい日常の中で自分を探してたかったときを回想した。 ユン・ジョンシンの妻チョン・ミラは「「いいの」を出してばかり出なかった時だった。「1年休んでいけないの?」と言った。しかし、答えをできなかったよ。快く「はい、が」としておらず話をしなかった。子どもたち連れて生きるが絶望的だったしかし本人もしまいに苦しくたらあのように話をしたのかたくそれからはちょっと申し訳なかった」と述べた。 チョン・ミラは「もし私に残しかける反対した場合、どのようしたの?」と尋ね、ユン・ジョンシンは「許諾なかったらない行ったよ。ところで、今ごろ疲れて倒れ酸素呼吸器つけていただろう」と冗談を投げた。 新願いテン、アジア客員

寿命を左右する更年期克服法

■もう一度チェックタイム 無病長寿を目指す百歳時代。しかし、更年期をどのように送信するかによって寿命が大きく左右されるという。更年期が来る50代のときから健康の赤信号が強くオンになるからだが、特にこの時期には、様々な疾患が急に訪れることができ、さらに入念な健康管理が必要である。 「もう一度チェックタイム」で俳優ノヒョンフイと健康管理のための更年期症状克服法を調べてみる。昨年更年期が来たというノヒョンフイは「健康だった体が更年期がきてから好きではないされた。さらに、脳卒中の前兆症状まで来た」と明らかに皆を驚かせた。これは彼女の健康状態を点検してきた、果たしてどのような結果が出たのだろうか。

今動画マーケティングの時代

■成功ドキュメンタリー最高だ 全世界的に瞬間を生き生きと共有する動画ソーシャルネットワークサービスが人気を集めている。今日の消費者は、商品説明書より商品紹介映像やレビュー映像を見ることがよく知られている。すべてのマーケティングが「動画の時代」と言っても過言ではないほどのビデオは非常に重要な手段となった。このような流れの中で誰でも簡単に「動画ショッピングモール」を作ることができるプラットフォームを開発した人がいる。 小商工人と1人創業者が少しより多くの利益を簡単に出せるようにバクジョングク会長は、モバイルに上げる商品動画があれば、誰でも簡単にショッピングモールを作って運営することができるプラットフォームを開発した。スマートフォンだけあれば動画で売り手と消費が直接取引することができるショッピングモールの構築が可能となったものである。

ジプコンライブポン・テギュ、17年ぶりに取り出した初めて見る私

/写真=tvN24日に放送されたtvN「ジプコンLIVE」には、ホームメイドのコンサートを繰り広げるユン・ジョンシンの姿が描かれた。 熟していく雰囲気ポン・テギュは過去’ノンストップ4」のアルバムをユン・ジョンシンに見せた。ユン・ジョンシンは「ギューを初めて会ったのは2002年の「品行ゼロ」であった。ように感じがいいと思っていたシチュエーションコメディ’ノンストップ4」であった」と伝えた。 アルバムのカバーの中の出演を戻り見ていたユン・ジョンシンは「実は私はスターに交渉されたのだ」と冗談を言っ”製作スタッフに感謝した点がある。ユンギョスはあえてキャラクターが必要ない。しかし、出演料を取りまとめために私にセリフを与えた」と述べた。 ユン・ジョンシンは「その時」ノンストップ4」のOSTを作ったイェスルがの歌が一番人気が多かった」と話した。ポン・テギュが「私も音源1などしていた」と言うと母は「申し訳ありませんのに今日初めてないように見えた」と言って笑いを抱かれた。 ユン・ジョンシンは「ギュー声がすごく澄んで録音しながら声がとても澄んで感動した」と回想した。ついでにポン・テギュは「初めて見る私」を歌って、すべての思い出にぬれた。ポン・テギュは変わらずクリアな音声で舞台を完成し風変りな魅力を誇った。 イドクヘン

放映終了「人間失格」チョン・ドヨンXリュジュンヨル、星座思い出召喚再会エンディング

「人間失格」のチョン・ドヨンとリュジュンヨルこの星座祭り場で再びあっ再会エンディングを迎えた。 24日JTBC「人間失格」の最終回が放送された。この日否定は夫整数に自分の秘密を淡々に告白した。 短いデートの幸せもつかの間、鋼材との別れと一緒に父の訃報に厳しい時間を過ごした否定。否定は初恋卿の心に苦しんでいた整数に「私も好きな人できたみたい」と告白した。 否定は、「誰にも言う人がいなく。友達もなく、誰も打つ。それはなぜそのような話を私に一つバカのようにそうだった今は、なぜそうしたのか知っているように思える。あまりにも言いたかったんじゃないか。好きと言うので好きだ」と自分に他の愛する人が生じたを打ち明けた。 「どのようにしたい?」と尋ねるの整数に悪事は「ただ今は好きだと言いたく」と告白した。 「その人に話した?」と聞くと否定は「あなたも言わなくて言った。だから私に言ったんじゃない。その人に話すことができないから。言えば壊れなるから。二人は解決できないことになるから」と淡々と語った。 傷を隠して、整数は「私はあなたが大好きです。あなたにとってはすべてを与えることができている。私の目にも心にも与えることができて」と告白したが、否定はもう少し冷静に二人の関係を見つめた。否定は「私もそう。私たちはお互いに犠牲にすることができますが好むはできないだろう。今では”と元に戻すことができなくなった二人の関係に言及した整数は、最終的にトイレでこっそり涙を注いだ。 時間が経った後、鋼材と不正は再び日常に戻った様子。不正は再び翻訳の仕事を始めた安定しつつ姿を見せた。鋼材も民政、ちょうどこのと友情を続け、彼だけの生活を生きていた。ミンジョンはぴったりのに「給料受け取るように書いてもいいですか?」という告白にぴったりのをときめくように作っお互いに向けた気持ちを確認しぎくしゃく関係を継続した。 鋼材は星座祭り広報文字を受け否定と天文台を求め思い出を思い出した。否定もバス停から天文台祭りの広報を見て鋼材とした時間を思い出した。 結局運命は二人を再会に導いた。鋼材は天文台祭りを見つけ椅子に着席した。続いて彼は通路を渡って座った見慣れた姿の女性を見ることになった。まさに否定だった。否定も同じ気持ちで天文台を訪れた鋼材の姿を発見した。偶然のように再び出会った二人は、お互いを見つめそっと笑みを浮かべ愛を撤回していた二人のときめく再会エンディングが最後を飾った。 写真=「人間失格」のスクリーンショット

ホームズセブンXヤンセチャン、望んでいた海での勝利。ドクチム4連勝の快挙

/写真=MBC「助けてホームズ」放送画面キャプチャー「ホームズ」歌手セブンとコメディアンヤンセチャンが勝利した。 24日放送されたMBC芸能プログラム「助けてホームズ」では両親の江原道引退ハウスを探す依頼人が登場した。 ドクチムのインターンコーディネートにはセブンが出演した。セブンはブームの二年生の後輩だったと過去のブームが自分を呼び出し回廊をさせたと暴露して笑いを抱かれた。ボクチムのインターンコーディネートにはユン・スンアが出演した。ユン・スンアは自分の夫ギムムヨルもブームと安養予告同級生であることを言及して”ラジオで声が出てきたら誇りに伝説だったした」と付け加えた。 セブンとヤンセチャンは大関嶺ビューが見える2階建ての家」大関カフェ流しス」を紹介した。大関カフェ流しス採光の良い広々とした原木リビングルームと屋外平常に「本当のカフェだ」という所感をもたらした。チャン・ドンミンは「家なだめたところ、なぜカフェを紹介させて与えるのか」と不満して笑いを誘った。セブンは家紹介し続けて歌を歌ったが、ヤン・セヒョンは”いくつかの曲や歌いましか」と尋ねて笑いを加えた。 セブンとヤンセチャンは続いて「望んでいた海」を紹介した。望んでいた海は束草海水浴場が目の前にいっぱいに広がる家であり、セブンは「オーシャンビューが7つ」と素敵なビーボーイングポーズを披露し賞賛をもたらした。二人は引き続き春川の「ホーム!音楽中心」を紹介した。この家は作り付けのスピーカーがデフォルトのオプションで登場して注目を集めた。ヤンセチャンは名前を見てみよう」の名前をあのように建てたというのは知らず知らずに歌という意味である。第知人が自宅見るプログラムで変更されたかとした」と話して爆笑を誘った。 /写真=MBC「助けてホームズ」放送画面キャプチャボクチムはコメディアンバクナレと俳優ユン・スンアが出撃した。バクナレは「家主が直接施工した家は考えていると思う」と「ビッグドラゴン3階建ての家」を紹介した。これは美しいデリョンサンビューが広がる3階の住宅だった。ユン・スンアは家の紹介をしてギクシャク代ダンスを披露して笑いを誘った。ユン・スンアは「夫の前でもない春ガール踊っ」ときまり悪くし、チャン・ドンミンはこれに「私と言葉遣い必要ダンスの実力が似ているだろう」と話して笑いを誘った。 バクナレとユン・スンアは引き続き大理石のタイルで統一感を与えたリビングルームと、虹の餅に似た作り付けの長目を引いた「南漢江虹餅ハウス」を紹介した。 「虹の餅ハウス」は、多数えきれないほどの基本的なオプションと水上家屋に近い南漢江ビュー感嘆をもたらした。ユン・スンアはジプソ「今この瞬間」を歌ったが、ブームはツクタクイはジェスチャーに「除数氏放送日外食するのが良さそうだ」と助言して爆笑を加えた。 バクナレは撮影中にカメラ監督がユン・スンアの単独ショットを続けて撮ろう”長すぎる撮る」と笑いを誘った。バクナレはスタジオで「私に出ていろした」と明らかにして笑いを加えた。依頼人の選択は、ドクチムが最終選択された「望んでいた海」だった。ドクチムは4連勝を成しボクチムをきつく追って、ボクチムは「家庭菜園をしたいなられなかったのか」と驚愕した。依頼人は、管理して楽な構造であるとチャーターであること、海ビューを選択理由に挙げた。 イシホ

ジプコンライブユン・ジョンシンXハリムXイムジンXポン・テギュの高品位ライブ

/写真=tvNユン・ジョンシンが中心となったホームメイドのコンサートが濃い感性の舞台をプレゼントした。 24日放送されたtvN「ジプコンLIVE」には、ホームメイドのコンサートを繰り広げるユン・ジョンシンの姿が描かれた。 ユン・ジョンシンは「2012年度に引っ越して来た家である」とし「今日は簡単に手の楽器と呼ぶことができる曲がいいだろう。」いいの」は、家庭で呼ぶのはよくない。昔の恋人の話を家庭で成し遂げた家にするはちょっとそうだ」と冗談を言った。 この日ユン・ジョンシンは、自分の友人のハリム、チャン・ハンジュン、ポン・テギュ、ハハ、イムジンなどを招いてサᆮ。招待を受けた友人は、食品と生活必需品を持ってユン・ジョンシンの家に訪問した。 特にチャン・ハンジュンは家に訪問しよう」や頭に巻いてもいい?頭をしない巻き取る」と言って笑いを抱かれた。結局、頭を巻いて出てきたチャン・ハンジュンは「オープニングから再作成する必要ハヌンゴはないか」と尋ねユン・ジョンシンは「しなくてもいい。放送常習者が多ました」と言って笑いを抱かれた。 続き、本格的なジプコンライブが行わされた。ユン・ジョンシンの「ロンディ」の舞台を見た母は、過去、米国で一人過ごし「異邦人プロジェクト」を進めていたユン・ジョンシンと「容易ではない決定だ許してくれた妻もすごく許した行く兄すごい」と明らかにした。 ユン・ジョンシンは「実際に私の人生は、午前中に出て夜明けに入ってくる生活を回し車のように住んでいた。一週間に一回する必要があり、プログラムのために出ていないか20年である」と打ち明けた。 また、「他の人のように苦労して日韓ではないが、創作者として止めが必要だと感じた。止まらず一生転がり行くことはできないと思った」とし「「いいの」は、むしろ大変だったことのピークもあった。成功が楽しいはしたが、それほど大変だった」と述べた。 妻チョン・ミラは、「「いいの」を出して出ていないとき、ユン・ジョンシンが1年ぶり休むアンドゥェニャゴ聞いボーダーラインところでさっさと答えをしていなかった。そうして、本人がどのよう大変しまいに必要とそんな話をしたのかと思うが挙げ快く答えていない点が申し訳なかった」と明らかにした。 チョン・ミラは、逆にユン・ジョンシンに「私は許されていない場合はどうしたのか」と尋ねユン・ジョンシンは「おそらくない行ったのだ。おそらく今ごろ倒れたんだ」と冗談を言った。 ポン・テギュは「私は逆に妻が「一、二ヶ月写真を撮ってきたらならないのか」と言う場合がある」とし「前は快く不明と言っはならない。しかし、頭では理解しますが、簡単な答えたりし大変なことだ」と語った。 ユン・ジョンシンに続きハリムの公演が続いた。ハリムはポン・テギュの申請を受けた「難病」をはじめ、「出国」を相次いで歌って甘い感性を誇った。 軍服務時代ハリムに会って、20年間一緒にいたユン・ジョンシンは「ハリムは、その前に見た音楽上手の人とは接続が違った。他の人は音楽を分析した場合ハリムは筆を振るうスタイルだった」と伝えた。 /写真=tvNイムジンも自分の歌」課題曲」と自分の顔を広く知らしめたハンヨンエの「誰オプソ」を歌った。特にイムジンのファンというユン・ジョンシンの娘のすぐそばで、「誰オプソ」を歌って意味深い思い出をプレゼントした。 続きユン・ジョンシンと特別な縁を持つ人々のリクエスト曲が登場した。過去ユン・ジョンシンの常連焼肉屋社長の息子が、ユン・ジョンシンの「年齢」を要請し、ユン・ジョンシンは感性的な声で「年齢」を熱唱した。 熟していく雰囲気ポン・テギュは過去’ノンストップ4」のアルバムをユン・ジョンシンに見せた。ユン・ジョンシンは「ギューを初めて会ったのは2002年の「品行ゼロ」であった。ように感じがいいと思っていたシチュエーションコメディ’ノンストップ4」であった」と伝えた。 アルバムのカバーの中の出演を戻り見ていたユン・ジョンシンは「実は私はスターに交渉されたのだ」と冗談を言っ”製作スタッフに感謝した点がある。ユンギョスはあえてキャラクターが必要ない。しかし、出演料を取りまとめために私にセリフを与えた」と述べた。 ユン・ジョンシンは「その時」ノンストップ4」のOSTを作ったイェスルがの歌が一番人気が多かった」と話した。ポン・テギュが「私も音源1などしていた」と言うと母は「申し訳ありませんのに今日初めてないように見えた」と言って笑いを抱かれた。 ユン・ジョンシンは「ギュー声がすごく澄んで録音しながら声がとても澄んで感動した」と回想した。ついでにポン・テギュは「初めて見る私」を歌って、すべての思い出にぬれた。ポン・テギュは変わらずクリアな音声で舞台を完成し風変りな魅力を誇った。 多様な話や歌を鑑賞したユン・ジョンシンは「この日の5人の縁を「悲壮な覚悟で忘れない」ではなく少し軽く任意のセルを秘めたまま長らく離れてみる」と所感を伝えた。続いてハリムの「告解社」を最後にユン・ジョンシンのジプコンライブは終わった。