ゴレエダ号乗船ブローカーカーン濡れ涙と歓喜… 12分起立拍手

現場反応は歴代級に飛び出した。ただ、映画に跳ね上がったのか、黄金やし像と縁のあるゴレエダヒロカズ監督とソン・ガンホが再び戻ってきたのに起きた理由なのかは、ちょっと見守ることだ。 部門招待作「ブローカー(ゴレエダヒロカズ監督)」が27日午後7時(現地時間)、リュミエール大劇場(GRAND THEATRE LUMIERE)でワールドプレミアで初ベールを脱いだ。今年カンヌ映画祭に招待された韓国映画の中では、最後に公開されて長い待ち時間ほど気になることを伴った。 /05/27/0000300223_002_20220527081201914.jpg?type=w540″>第75回カンヌ映画祭(Cannes Film Festival)競争部門招待作「ブローカー(ゴレエダヒロカズ監督)」27日LUMIERE)でワールドプレミアとして初公開された中、上映後、なんと12分を超える時間の間、起立拍手を受けて驚きをかもし出した。ゴレエダ広和監督をはじめ、主演俳優ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨンは一緒に拍手をして観客に感謝の挨拶をする。 |カン(フランス)=パク・セワン初めての韓国映画という点で企画段階からグローバルの関心を一身に受けた。ゴレエダヒロカズ監督とソン・ガンホの出会い、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、イ・ジウン(アイユ)、イ・ジュヨンなど注目すべきスターたちの合流も、彼らの挑戦とケミストリーに対する期待感を高めた。アジア大統領だった。国内取材陣と日本取材陣はもちろん、これまで以上にアジアファンの姿が続々と捉えられた。特に俳優イ・ジウンでカンを見つけたが、IUのアルバムやグッズなどを持って「アイユ」を叫ぶファンの姿が印象的だった。カーン公式カメラも何度もファンの姿を撮ったほど。 IUのグローバルな人気を確認することができました。 75回カンヌ映画祭(Cannes Film Festival)競争部門招待作「ブローカー(ゴレエダヒロカズ監督)」チームが27日午後7時(現地時間)、リュミエール大劇場(GRAND THEATRE LUMIERE)でワールドプレミア上映前にレッドカーペットを務めた。 |カン(フランス)=パク・セワン [email protected].co.kr 〈写真=JTBCエンターニュース〉 27日午後7時(現地時間)リュミエール大劇場(GRAND THEATRE LUMIERE)でワールドプレミア賞を受賞レッドカーペットに出る準備中だ。 |カン(フランス)=パク・セワン [email protected] 〈写真=JTBCエンターニュース〉 27日午後7時(現地時間)リュミエール大劇場(GRAND THEATRE LUMIERE)でワールド・フリー上映前にレッドカーペットを踏んだ。 |カン(フランス)=パク・セワン [email protected] 〈写真=JTBCエンターニュース〉 ?type=w540″>第75回カンヌ映画祭(Cannes Film Festival)競争部門招待作”ブローカー(ゴレエダヒロカズ監督)”の俳優ソン・ガンホが27日午後7時(現地時間)リュミエール大劇場(GRAND THEATRE LUMIERE)で上映前にレッドカーペットを踏んだ。 |カン(フランス)=パク・セワン [email protected] 〈写真=JTBCエンターニュース〉 27日午後7時(現地時間)リュミエール大劇場(GRAND THEATRE LUMIERE)でワールド・フリー上映前にレッドカーペットを踏んだ。 |カン(フランス)=パク・セワン [email protected] 〈写真=JTBCエンターニュース〉 ?type=w540″>第75回カンヌ映画祭(Cannes Film Festival)競争部門招待作”ブローカー(ゴレエダヒロカズ監督)”の俳優カン・ドンウォンが27日午後7時(現地時間)リュミエール大劇場(GRAND THEATRE LUMIERE)でワールド上映前にレッドカーペットを踏んだ。 |カン(フランス)=パク・セワン [email protected] Read more…

IU、涙の悩み…ブローカーカーン映画祭の起立拍手に感激[カン@SPO]

に涙を浮かべるIU。 ⓒカン・ヒョジン記者 [スポーティビニュース=カン(フランス)、カン・ヒョジン記者] 26日(現地時間)午後7時、カーン・リュミエール大劇場で第75回カンヌ競争部門進出作「ブローカー」がカン・リュミエール大劇場でワールドプレミアとして初公開された。 この日、上映が終わった直後、リュミエール大劇場では、声と拍手の音が鳴り響き、クレジットが終わって上映館に火がつくと、頻繁に聞いた拍手の音が再び飛び出した。観客たちの起立拍手はゴレエダ・ヒロカズ監督がマイクを握って所感を伝えた後、劇場を離れるまでまで約10分間続いた。 デビュー作をカンヌで初公開したのに続き、起立拍手まで受け取ったIUは明るい笑顔で客席を眺めながら喜びを満喫した。特に、生中継画面としても感じられるほど激しく上がる喜びに涙を浮かべたりもし、注目を集めた。一方、ソン・ガンホはゆったりとした姿で指のハートを送って客席の歓呼に答えた。長い時間並んでいたファンたちはIUの最新アルバム「ライラック」を持って取材陣に向けて明るい笑顔を見せた。レッドカーペットで彼らを発見したIUはスタッフに許諾を求めて長時間待ってくれたファンに近づいて即席ファンサイン会を持つなど格別なファン愛を見せて嬉しさを醸し出した。 ‘はベビーボックスを囲み、関係を結ぶようになった彼らの予期せぬ特別な旅程を描いた映画だ。日本の巨匠ゴレエダ広和監督の初の韓国映画演出作で、CJ ENMが投資及び配給を引き受けた。韓国最高の制作陣一緒にした「ブローカー」はソン・ガンホとカン・ドンウォンをはじめ、ペ・ドゥナ、IU、イ・ジュヨンまでドリームチーム級キャスティングで注目を集めた。

12分起立拍手になったが…。ブローカーの呼びかけガリン外信評

/mimgnews.pstatic.net/image/437/2022/05/27/0000300224_002_20220527062401823.jpg?type=w540″>現場反応は驚くほどパンになったが、外信の最初の評価は完璧。 第75回カンヌ映画祭(Cannes Film Festival・以下カンヌ映画祭)競争部門招待作映画「ブローカー(ゴレエダヒロカズ監督)」が27日午後7時(現地時間)、リュミエール大劇場(GRAND THEATRE LUMIERE)でワールドフリーで初公開された中、上映が終わるやいなやメディアとSNSなどを通じて観覧平も注がれている。総合するとソン・ガンホとイ・ジウンの演技は絶賛、作品に対しては物足りなさが相当だと見られる。 ニューヨークタイムズは「胸を温めながら同時に病気にする映画だ。選択された家族に対する細かい肖像画でありながら、没入度のために犯罪プロットも入っている。ソン・ガンホを筆頭に俳優たちの演技が印象的だ。かなり面白くて面白い」、Wマガジンは「共感を起こす映画で、私たちが選ぶ家族と涙を留めてくれる家族に対するロードトリップオデッセだ。イ・ジウンが印象的でソン・ガンホはやはり輝く」と伝えた。 ファーストショーイングネットは、「ゴレエダ監督がもう一つの美しい家族映画で、家族がどれほど大切で重要かを示している。感情的に降り立つわけにはいかない。韓国のあちこちを横切って許しと共感を扱う。話題にして話す価値がある’、フィルムステージは’代案家族に対する暖かい話をもとに倫理と法的側面に対する哲学的価値を扱う。笑いながらも愛らしくて悲しい」と残した。 トータルフィルムは「非常に細かく観察した社会性のある映画でありながら、胸暖かい映画だが、ゴレエダヒロカズが黄金の思いやりを受けた「ある家族」のライバルでは耐え難い」、デッドラインは「ちょっともっとタイトに脚本を書いたらもっと良かったようだ。ストーリーテリングに物足りなさがあり、それほど深い映画ではない。しかし、人間の多様な感情と希望、欲望を見せてくれる’と書いた。 フィルムランドエンパイアはイ・ジウンをキツネ主演賞1位に挙げながらも「映画自体は思ったより失望だ」と表現した。ジは「根本から愚かだ」という酷評と共に「監督は二人の赤ちゃん誘拐犯を愛らしい盗賊に変えようとする素朴な態度を見せてくれる」と言った。 また、「現実では、そのような嫌な詐欺を実行する人々を不気味に嫌悪するでしょう。しかし映画は二人の男をただ愛らしく、心はロマンチストな欠点がある男と見せてくれる。タフなソヨン(イ・ジウン)はドンス(カン・ドンウォン)に「私のような女性に捕まえることができるともっと強靭にならなければならない」とまで言う。ゴレエダ監督としては珍しい失策だ」と鋭く指摘した。 ‘ブローカー’はベビーボックスをめぐって関係を結ぶようになった彼らの予期せぬ特別な旅程を描いた作品だ。ゴレエダ・ヒロカズ監督の初の韓国映画で、ソン・ガンホはベビーボックスの赤ちゃんをよく育てる敵任者を見つけようとする自称善意のブローカー・サンヒョン、カン・ドンウォンはサンヒョンのパートナー同士、イ・ジウンはブローカーたちと予期せぬ同行を始めたママ・ソヨン、ペ・ドゥナはブローカーたちの旅程を執拗に追いかけた刑事スジン、イ・ジュヨンはスジンを信じて従う後輩異刑事として登場する。 カン(フランス)=チョ・ヨンギョンエンターニュースチーム記者[email protected](コンテンツビジネス本部)

ゴレエダ韓国代表俳優・製作陣動員…面白くないなら私のせい

「生命に関する物語」“イ・ジウン、完璧な演技を披露…”私のおじさん”にすっかりキャスト” 映画「ブローカー」演出したゴレエダヒロカズ監督 [再販とDB禁止] 第75回カンヌ国際映画祭競争部門進出作「ブローカー」を演出した日本の巨匠ゴレエダ広和監督は、公式上映前日の25日(現地時間)、国内取材陣と会った席でこう語った。/p> ‘ブローカー’はゴレエダ監督の初の韓国映画で、ベビーボックスに捨てられた赤ちゃんを媒介で出会った人々の話を描いた。ゴレエダ監督が直接書いた脚本をもとに演出も引き受け、韓国製作会社の家が製作し、CJ ENMが投資・配給した。まず日本と違って労働環境が徹底的に守られたおかげで準備された環境で撮影ができた」と話した。ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(アイユ)、ペ・ドゥナ、イ・ジュヨンなどの映画で一度に見にくいスター俳優たちが総出動した。 をまた別の関係でどのようにスクリーンの中に盛り込むかが大きな負担だった」と話した。彼らは「ブローカー」からベビーボックスに捨てられた子供を盗んで売っているブローカーを延期した。 AKR20220527009800005_05_i_P4_20220527181919670.jpg?type=w540″>映画「ブローカー」の中のシーン [CJ ENM提供。再販およびDB禁止] 息子を捨てたママソヨン役を引き受けたイ・ジウンはtvNドラマ「私のおじさん」を見てキャスティングを提案したという。 ゴレエダ監督は「コロナ19ファンデミックの間、自宅で過ごしながら「私のおじさん」にすっかり落ちた。笑った。として感度とても良かったので、正解のように完璧な演技を披露しました。 > ゴレエダ監督は「『空気人形』を撮る時、あまりにも優れた俳優のペ・ドゥナに私が狂わないという考えもした」とし「今作で監督として成長した姿を見せなければならないという覚悟と心で臨んだ」と話した。 “間違いなく申し上げることができるのは、主演俳優5人のアンサンブルが本当に素晴らしいということです。” [CJ ENM提供。再販とDB禁止] 「歩いても歩いても」、「そんな父になる」、「台風が通り過ぎ」などを通じて家族の話を何度も披露したゴレエダ監督は「ブローカー」でも同様の素材を選ぶした。帽子関係の小営と優性だけでなく、優性を売ろうとしたブローカーたち、さらに彼らを追いかけた警察まで時間が流れて家族みたいな関係を結ぶ。ある「と違いを強調した。展開される物語、その生命とともに釜山からソウルへ旅行を去ることになるそのような話です。」 [email protected] 生命に関する話イ・ジウン、完璧な演技を披露…私のおじさんにすっかり抜けてキャスティング

飲酒運転パク・シヨン、セブンとこんなに優しいのか…。 ♥だから嫉妬するよ

ソース|パク・シヨンインスタグラム [スポーティビニュース=チャン・ダヒ記者]俳優パク・シヨンが歌手SEVENと優しいツーショットを公開した。 パク・シヨンは26日、自身のインスタグラムに「舞台がまるで本人コンサートだけで破れてしまったドンウクと泣いて笑わせてくれた素敵な俳優たち演技がとても素敵でした。 「公開された写真の中のパク・シヨンは、白いシャツとズボンを着て黒のカーディガンをかけている。セブンは青いシャツとブラックジーンズを着てパク・シヨンと優しくついてポーズをとっている。 二人の温かいツーショットに見る人々の視線をひきつけた。これにネチズンたちは「とても美しい」と二人を賞賛した。 離婚後、娘を一人で育てているパク・シヨンは昨年1月、ソウル松坡区で左折信号待機中だった乗用車を受けた事故を出した。当時パク・シヨンの血中アルコール濃度は免許取消水準で罰金1200万ウォンを宣告された。パク・シヨンは2006年にも飲酒運転を出した。

何を誇っていますか?ティアラ・ヒョミン、C社バッグ・名品脚線美同時披露

記者] ティアラ・ヒョミンが高級バッグに加えて高級脚線美を誇った。 公開された写真の中で、ヒョミンは薄緑色の光が特徴のブラウスとミニスカートを着てC社のライムカラーの高級バッグを巻いている。これよりも目立つのはヒョミンの名品ボディ。ヒョミンは脚とバッグを同時に誇る格別な気分のあるポーズ選定でネチズンたちの注目を浴びた。 >▶あなたは知らないその人が隠している秘密