(エックスポツニュース露記者)ボーイズグループ縁ピンが、今回のアルバムを通じてビーグル石」というタイトルをオトギル希望した。

29日午後に縁ピン(DRIPPIN)は、最初枚目のシングルフリーパス(Free Pass)」発売記念メディアショーケースを進行した。

デビュー10ヶ月の車縁ピンはデビューに続き二番目カムバックで列を指定歩みを続けている。最初の夏カムバックをし、メンバー金ドンユンは私達が夏に初めてカムバックする。清涼な歌も初めてだ。後で後輩たちも私たちを考えたときの清涼したときに縁ピンが思い出されゲクム良い成果を得てほしい」と覚悟を伝えた。



引き続きイヒョプは私たちは常に良い成果も良いメンバー同士、常により発展して、少しでも良い結果を収めることを目的としている。今回の活動でも、最も重要な健康を取りそらえながら少しでも良い成果を収めてほしい」と謙遜を示した。

今回のアルバムを準備しながら発展した点で最年少ギムミンソは表情を挙げた。ギムミンソは表情の発展したかった。今回のアルバムを通じて明るい表情を練習した」とかわいい欲を表わした。

チームに最も後で合流したアレックスは、舞台の上で自信が大幅に増えた」とし、ぐんぐんいつもは実力を誇った。金ドンユンは誰か当社舞台を見たとき上手」こんなことも考えたが、幸せなエネルギーを感じてもらい望ん」と舞台の上で感情を扱う練習をしたと話した。



チャジュンホは舞台でもう少し楽しむ姿を考えながら準備した。実際に舞台を幸せにしたようだ」と楽しむ舞台を満足した。ファンユンソンは団体的にエネルギーおり見せようと活発に練習ヘトダ。個人的に鏡たカーンの中なら私ゲクムて一人で清涼であることをアンハンジ撮ったりもした」と自らジクケムを撮って見たと述べた。

イヒョプは”私たちが監視映像を頻繁に撮影する。そんなときメンバー全体を見ることもあるが、私は清涼のか、観客の立場から見た時のエネルギーを与えているかどうか悩んだ。先輩たちモニターもたくさんした」と答えた。ジュチャンウクは録音開始した瞬間から曲のイメージを思い浮かべるうとする。最初は大変だったが、最近では高速浮かんで準備するために容易になった」と付け加えた。



清涼石」、スーパールーキー」以外たい修飾語として金ドンユンは清涼石もいい、このような場で緊張した様子でのみ見えるが、私たちの同士興が多い。ファンの方にもそう呼ばれてたいが大衆の方にもビーグル石」にぎやかなイメージで見ようとしたい”と答えた。

一方、縁ピンの最初のシングルフリーパス」は29日、オンライン音源サイトを通じて発売される。同名のタイトル曲フリーパス」は、リズミカルなサウンドが引き立つシンセポップ(Synth pop)ジャンルの曲だ。

写真=コ・アラ記者

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!