バター」先週続いホット100上に
、アジアの歌手最長記録また更新
世界11曲だけ…毎週記録気炎’


グループ防弾少年団(BTS・写真)が、米国ビルボードのメインシングルチャートであるホット100」で5週連続1位を記録した。自分の立てたアジアの歌手最長記録を再び更新した。

アメリカのビルボードは、28日(現地時間)、公式ホームページに掲載した記事をBTSが先月21日に発表したデジタルシングルバター(Butter)」でホット100(7月3日パーティ)チャートで5週連続で1位になったというニュースを伝えた。先にバター」は去る5日者」ホット100」チャートで進入と同時に、通常のを踏んだことがある。バターは、その後一度も1位の座を与えなかった。

ビルボードによると、ホット100」に進入し、すぐに上を踏んだ歌は54曲だけだ。その中の5週連続1位を占めた歌は11曲で、バター」もこれに該当する。個人ではなくグループが出した曲でホット100」に1位に新規参入して上を維持した期間がバター」よりも長い曲は、1995年にマライア・キャリーとボーイズツーマンが一緒に歌ったワンスイートデー(One Sweet Day )」が唯一だ。その曲は、16週連続1位を占めた。

特にバター」は、すでに先週、アジア歌手としては、そのチャート最長1位記録を更新した。先に、アジアの歌手最長1位はBTSの最初の英語のシングルダイナマイト(Dynamite)」と1963年の日本の歌手社のモットー規のすき焼き(Sukiyaki)」が立てた3位だった。 BTSは、自分たちが立てた記録を毎週更新しているわけだ。

半れた記者[email protected]


里奈 清水

まだ経験不足の記者ですが、同僚の方々からたくさん学んでいます。 いつも感謝しています。 これからも記者として成長できるように最善の努力を尽くします。 いい記事でお返しします!