信じ聞く季節ソング台帰還である。グループエピックハイ(EPIK HIGH/タブロー、トゥ-カット、米にがい)が新しい梅雨ソングに戻ってきたこと。

エピックハイは、6月29日午後6時、国内外の音源サイトを通じて新曲雨の日を聞く良い歌」を発表した。今回の歌はエピックハイが1月に発売した正規10集アルバムEpik High Is Here上」(エピックハイイズヒア上)以来5ヶ月ぶり​​にリリースした新譜であり、2003年に初めての正規アルバムMap Of The Human Soul」(マップオブ・ザ・ヒューマン・ソウル)でデビューしてから18年ぶりに初めてお目見えしたデジタルシングルである。

デビュー初めからすべてのヒット曲を直接作詞、作曲、編曲し特出した音楽的力量を発揮してきたチームらしく新曲もセルフプロデュース作業を通じて完成した。歌詞はタブローと米にがい陣と共に書き、作曲はタブローとトゥ-カットが一緒にした。編曲はトゥ-カットが一人引き受けた。

エピックハイは雨が降って/君が思い出さ/雨が降って/また雨が降って/悲しい音楽が流れる/昔の歌のように/君を思い出し/君を思い出し/雨が降って/睡眠が来ない/悲しい音楽が流れる/昔の歌詞のように/君を思い出し/君を思い出し/君を思い出し」などの歌詞を介して雨が降る日には間違いなく浮かぶ人について歌った。シンガーソングライターコールド(Colde)はフィーチャリングを引き受け特有の訴える力濃厚なボーカルを加えた。

歌を通して流れてくる美しい旋律と耳染みる甘いラップ、胸に触れるジーン歌詞はラップする吟遊詩人エピックハイの真価を再確認することである。蒸し暑い夏の夜雨のようにクールでありながらしっとりとした感性が引き立って見える。いろいろ心の中埋めた懐かしい人がいる音楽ファンたちなら難なく共感することができるだけの曲だ。


コールドだけでなく、びっくりフィーチャリングボーカルも加わり、よりない嬉しさをかもし出した。歌末尾歌手ユンナが雨の日に/リスニング良い歌/しきりにより増えて行きますね/雨が降って」と歌って聞く楽しさを加えたもの。ユンナは2008年に発売されたエピックハイの正規5集’Pieces、Part One」(ピース、パートワン)収録曲傘」からフィーチャリングボーカルとして活躍した。

曲のタイトルであり、ユンナが消化した歌詞のように雨の日を聞く良い歌」は、雨の日聴きたくなるもう一つの歌に位置づけられる見通しだ。先に熱い愛を受けた傘」に続き、2012年の正規7集99」収録曲寒い(Feat。以下で)」を使用して固めた季節ソング最強のイメージが今回の新曲を通じて一層強化されるものと思われる。

エピックハイは新曲発売に先立って、26日午後7時ティクトクライブを介してオンラインコンサートFOREST 2021」(フォレスト2021)を盛況裏に開催した。この日の公演でFLY」(フライ)とLove Love Love」(ラブラブラブ)、ONE」(ワン)、Do not Hate Me」(金ヘイト米)などの代表ヒット曲を完璧なライブで消化し、観客たちの好評を受けた。

過去18年間絶えず本業に忠実でリビングレジェンド」(生きている伝説)位相を証明してきたエピックハイは今回のシングルに続き、下半期新曲で満たしたEpik High Is Here下(エピックハイイズヒアし)を発売する予定だ。新しいアルバムを通しはまた、いくつかの違ったラップと感性、メッセージを聞かせてくれる期待が集まっている。

(写真=アワーズ提供)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!