<!-記事の内容->

グループ防弾少年団。ビッグヒットミュージック提供

グループ防弾少年団(BTS)が新曲バター」と米国ビルボードのシングルチャートで発売直後の5週連続トップを占めた。グループとしては、ビルボードの歴史第二だ。

ビルボードは29日(韓国時間)、公式ホームページを通じてバター」が今週のメインシングルチャートホット100」で5週連続1位になったと述べた。先週4週連続1位に上がって初めて、英語曲ダイナマイト」で立てた3週1位の記録を破ったBTSはまた、自分が立てた壁を超えた。

BTSがグループとして発売直後の5週連続ホット100チャートで1位を記録したのは、ビルボード史上2番目である。先進の記録はマライア・キャリーとボーイズツメンが一緒に歌ったワンスイートデー」に、1995年から1996年の間に16週連続1位を占めて作成された。純粋なグループにのみ立てた記録では、BTSが最初というわけだ。

ビルボードによると、グループではなく個人まで含めても発売直後の5週連続1位の記録を立てた曲はわずか11個だけである。今年も8週連続1位を占めた怪物新人」オリビアロドリゴのドライバスライセンス」だけが記録を樹立した。

BTSとしてビルボード週間ホット100チャート1位を記録したこと今回で10回目だ。 ダイナマイト」(3回)、フィーチャリングに参加したサベージラブ」のリミックスバージョン(1回)、アルバムBE」のタイトル曲ライフゴスてきた(1回)およびバター」(5回)の4曲で立てた記録である。

バター」の上昇は続いている。ビルボードが引用したMRCデータによると、27日まで一週間」バター」をラジオでは、リスナーが2760万人に達している。直前週間集計より6%増加した数値だ。直前週にも2580万人を記録し、その前週より6%増加した。 ラジオソングス」チャート順位も25位から22位に上昇し、ストリーミング市場よりも保守的なアメリカのラジオ市場でも善戦している。 バター」はデジタルソングセールス」チャートでも進入の最初の週から5週連続トップを守った。発売後5週連続週10万件以上の販売量を記録しているが、これは2017年のエドシロンのセーフ・オブ・ユー」以後初めてだ。 24日までの一週間の間に、米国内のストリーミング数は1240万件、ダウンロード数は12万8400件を記録した。

ギネス世界記録を持つバター」のミュージックビデオは28日、YouTube再生回数4億ビューを突破した。公開当時最大同時接続者390万人を越して、YouTubeのミュージックビデオ初上映では、最高記録を立てユーチューブミュージックビデオ史上24時間最多ヒット」(1億820万件)の記録を公認された。

メンバーはファンコミュニティ位バスを介して”とは、5主や1位なんてとても感謝します。アミのおかげで、本当に不思議な体験をしています」(ジーン)」5与えるいくつかの怖いながら嬉しいですね。…愛していますアミ」(シュガー)」ありがとうございます。愛しています」(RM)など、ファンに感謝の気持ちを表した。

キム・ヨンヒョン記者[email protected]

GoodNews paperⓒ国民日報(www。 kmib.co.kr)、無断転載および収集、再配布禁止

国民日報新聞購読」> </div>
</p><div style=

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!