グループドリームキャッチャーハンドンが12日午後オンライン生中継で行われた正規2集「アポカリプス:セーブアース」発売記念ショーケースに先立ちポーズをとっている。 「Apocalypse」シリーズの始まりを知らせる今回のアルバムは、タイトル曲「MAISON」を含めて合計14曲が収録された。/写真提供=ドリームキャッチャーカンパニー 2022.04.12/写真=イ・ドンフン [email protected]
グループドリームキャッチャーが7人のメンバーが全員参加した正規アルバムに戻った。 us’発売記念オンラインショーケースを開催した。

今回のカムバックは昨年7月、ミニアルバムスペシャルミニアルバム「Summer Holiday」を発売してから約9ヶ月ぶり。正規アルバム発売は2020年3月に発売した「Dystopia: The Tree Of Language」以来約2年ぶりだ。

正規1集発売当時、中国人メンバーハン・ドンが中国オーディションプログラムに参加して一緒にできなかった。ジユは「正規1集は一同が一緒にできず残念だったが、今回は完全体で正規アルバムを出すことができて嬉しい」とカムバックの感想を明らかにした。

ハン・ドンは「過去のアルバムは私がいなかったが、今回は7人完全体に戻った。意味が特に深い」とした。僕たちがあまり戦う。’を発売する。今回のアルバムは「アポカリプス」世界観の始まりを知らせるアルバムで、めまいの世界でみんなのためにより良い方向への跳躍を夢見るドリームキャッチャーのメッセージを盛り込んだ。環境を破壊する行動に無色のない「君」たちにドリームキャッチャーが伝えるメッセージを盛り込んだ曲で、イントから始まる歪みベースを中心に強烈なサウンドが印象的だ。

>

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!