ネーション

歌手提示が帰ってきた。新しい歌も率直で、堂々とした。いつも大声で私の声を出した提示。爆発力のあるサウンドの上で、より硬い音を出し、再び「セン姉」の真の教育に入った。

ジェシーは13日午後6時、新しいシングル「ZOOM」を発売する。 「Cold Blooded」以後6ヶ月ぶりの新曲だ。芸能で忙しく活動を続けてくる「二日ぶりに」 作業した曲だ。だからといって完成度が落ちるわけではない。多彩な音を盛り上げるためにサイ、bobblehead、塩タなどとコラボレーションし、ダンスチームとしてはMnet「ストリートウーマンファイター」で凧を結んだラチカと一緒にした。サウンドやパフォーマンスともに、ジェシーダウン爆発力と堂々とを抱きながら、短期間に作業した結果物であることを驚かせる。

13日に行われたオンライン懇談会で、ジェシは「要塞はスマートフォンをたくさん使ってとても発展になった。私たちは携帯電話なしで買えないという意味だ」とし「悲しいこともある。写真だけ撮って関心を受けたい。というのが現実」とし、新曲「ZOOM」に込めたメッセージを説明した。トラップヒップホップジャンルの「ZOOM」は、写真を撮るための瞬間を生きていく現代人の姿を直感的に解放した曲だ。 「Zoom In、 Zoom Out/ 私たちはすべて写真を撮るために生きて、関心を受けているために生きる」などの堂々とした率直な発則な提示の魅力があります。

「芸能人としてカメラと離してこそ離せない人生を生きている。ミュージックビデオでも芸能人として登場する。と言った。相変わらず強い歌をするが、以前と違って可愛さも埋まっている。ジェシーは「これまで可愛い面はなかった。これまですべてがすべて買った。これはそれほど数えないから可愛く見えるものだ。サウンドと様々な種類のパーカッションソースで音の調和を成した。フリーコーラス区間ではオルタナティブポップな要素を活用してより立体的な没入感を完成する。ここに主題とふさわしいカメラシャッター効果音で聞く楽しさを加えた。ラチカが参加した振り付けは、直感的な歌詞に合わせて手でズームをするような振り付けをポイントにした。

ジェシーは「ZOOM」で「「よくやっている」という言葉を聞きたい」という風を掲げた。毎瞬間「本当に一生懸命暮らす」と強調し、歌手としての認定を幅広く受けたいという目標を表わした。コンサート 計画も耳打ちした。ジェシーは「公演が本当にやりたい。 『目のお姉さん』以来、公演ができなかった。早くコンサートをしてファンに会いたくて狂っているようだ。.

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!