type=w540″>

[ニュースエン・ファン・ヘジン記者]’第4世代リーダー’グループトゥモローバイトゥゲザーがタイトル曲’Good Boy Gone Bad'(グッドボーイゴンバッド)でカムバックする。

トゥモローバイトゥゲザー(スビン、ヨンジュン、ボムギュ、テヒョン、ヒューニングカイ)は5月1日0時公式ホームページとSNSにミニ4集「minisode 2:Thursday’s Child」のトラックリストを公開した。新報にはタイトル曲「Good Boy Gone Bad」をはじめ、「Opening Sequence」、「Trust Fund Baby」、「Lonely Boy(4本目の上のタトゥー)」、「Thursday’s Child Has Far To Go」など別れた後に現れる様々な形態の感情線が濃く染み込んだ計5つのトラックが収録される。

トゥモローバイトゥゲザーが先に「MESS」、「END」、「HATE」そして「TEAR」など合計4つのバージョンのコンセプトフォトを公開、初の別れの多様な感情を表現した中でタイトル曲タイトル「 Good Boy Gone Bad’が目を引く。純粋だった5人の少年が「黒化」したという意味を込めたタイトルのタイトル曲にはどんなストーリーが隠されているのか好奇心を刺激する。

トゥモローバイトゥゲザーは「minisode 2:Thursday’s Child」の全曲に参加し、「初めての別れ」を多彩なジャンルの音楽と解釈することでアルバムの完成度を高めただけでなく、アーティストとしての音楽的成長を証明した。 。

ヨンジュンは昨年発売した正規2集リパッケージアルバム「混沌の場:FIGHT OR ESCAPE」のタイトル曲「LO$ER=LO♡ER」(ルーザーラバー)に続き、再びシンボのタイトル曲「Good Boy Gone Bad」のラップメイキングに参加した。また、テヒョンとヒューニングカイが作詞に参加した「Opening Sequence」、ヨンジュンとテヒョンが作詞に参加した「Trust Fund Baby」、ヨンジュンがラップメイキングし、ヒューニングカイが作詞に参加した「Lonely Boy(第4指上タトゥ)」テヒョンが作曲と作詞に参加し、ボムギュが「鏡の中の迷路」以来約2年ぶりにプロデュースした「Thursday’s Child Has Far To Go」などデビュー以来初めてアルバム全曲のクレジットにメンバーたちが名を連ねた。 p>

‘minisode 2: Thursday’s Child’は’夢の章’と’混沌の章’に続き、次のシリーズに進む前に発表するアルバムで、初の別れを経験した後に感じる少年の複合的な感情、そしてこれを通じて、自分と自分を取り巻く世界をもう少し知っていく少年の姿を描く。日アルバムプレビューを公開、カムバックオープンを続けていく。

がタイトル曲「Good Boy Gone Bad」(グッドボーイゴンバッド)でカムバックする。トゥモローバイトゥゲザー(スビン、ヨンジュン、ボムギュ、テヒョン、ヒューニングカイ)は5月1日0時

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!