JYPエンターテイメント「スポーツ朝鮮チョン・ライト記者」グループStray Kidsがワールドツアーコンサートの砲門を激しく開いた。

ストレイキッズは1日、ソウル松坡区チャムシル室内体育館で2回目のワールドツアー「マニアック」を開催した。

4月29日から3日間、2回目のワールドツアー「マニアック」を開き、ファンと出会ったStray Kidsはこの日、ソウルコンサートの最後の公演を行った。この日の公演はビヨンドライブを通じてオンラインでも同時中継、グローバルステイ(ファンダム)たちとも疎通できた。

最初のステージは、ストレイキッズに米国「ビルボード200」1位を与えたアルバム「オーディナリー」のタイトル曲「マニアック」だった。ツアータイトルが「マニアック」であるだけに、ストレイキッズは唯一無二の特色でチーム色を見せた。新鮮な演出とビジュアルで「オードな」魅力を強調しながら、真の「オードナリー」が何なのかを感じられるように構成した。

何より’自作グループ’修飾語に合ったセットリストを披露し、公演の完成度を高めた。’新メニュー”バックドア”声優”昇戦家’グループ代表曲はもちろん、ユニット曲’咲く”マディウォーター’などまで公開し、久しぶりに出会ったファンたちの願いを涼しく解消した。

スンミンも「久しぶりに対面公演だと負担されたが、ステイに力をたくさん受けた。あいさつを伝えた。バンチャンは「ストレイキッズの音楽、色、私たち自体を愛してくれて認めてくれるステイに感謝する」と感謝の気持ちを表現した。

今回の公演はバンドライブで豊かなサウンドを誇った。計28曲のセットリストのうち、なんと15曲をバンドライブでプレゼントしたのだ。やっぱり「『声優』のステージをバンドライブで一緒にしてシナジーがさらに上がった。私たちもステージを壊すことができるらしい。意味でバンドの方々に感謝したい」とバンドライブに対する誇りを表わした。

公演中ファンが参加できるゲームを準備したストレイキッズはアンコールで「他」「迷路」「スターロスト」「ヘブン」の舞台を続け、最後までファンの興を引き立てた。特に’迷路’を歌いながら突出舞台に出て、遠くのファンたちとも近く会おうとした。ヒョンジンは「家に帰らない」とし、リノは「残念ながら最後の挨拶をしなければならない」と惜しい気持ちを表わした。ヒョンジンは、ファンを見て、「どうやって2年半を我慢したのか。本当に感謝している」と挨拶した。

/05/01/2022050101000081800004344_20220501201302777.jpg?type=w540″>ストレイキズリノ、バンチャン、チャンビン、ヒョンジン、フィリックス、アイエン(左上から時計回りに)。写真提供=JYPエンターテイメント写真提供=JYPエンターテイメントストレイキッズは今回のソウル公演を皮切りに世界中のファンに会う。来る6月11日と12日日本神戸、18日と19日東京、28日と29日アメリカニューヨーク、7月1日シカゴ、3日アトランタ、6日フォートワース、9日と10日ロサンゼルス、12日オークランド、14日シアトル、26日と27日日本東京まで計10都市で18回公演を展開する予定だ。

▶無料で見る今日の占い

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!