‘MANIAC’

ストレイキッズ(Stray Kids)がソウルで計3回対面単独コンサートを開催し、新しいワールドツアーの華やかな幕を上げた。

ストレイキッズは4月29日から5月1 3日間、ソウル松坡区チャムシル室内体育館で2回目のワールドツアー「Stray Kids 2n​​d World Tour「MANIAC」」(ストレイキッズ2回目のワールドツアー「マニアック」)の初開催地であるソウル公演を開いた。最後の日である5月1日には、オフライン公演とともに、Beyond LIVEプラットフォームを通じてオンライン有料生中継を同時進行し、世界中のファンと時空間を超えた大切な思い出を築いた。

Stray Kids 2n​​d World Tour’MANIAC’

ツアー「Stray Kids World Tour「District 9:Unlock」」(ストレイキッズワールドツアー「ディストリクト9:アンロック」)以降、約2年5ヶ月ぶり​​に実現した対面単独コンサートで、チケットは前売り開始と同時に素早く全席完売を達成して視野制限席までオープンするなど、これまで以上に熱い期待を集めた。去る3月18日発売したミニアルバム「ODDINARY」(オーディナリー)のタイトル曲「MANIAC」(マニアック)をツアータイトルとし、計28曲に達するセットリストはストレイキッズの唯一無二さを確実に刻印させる個性強い曲でよく飾られました。 World Tour’MANIAC’

アメリカのビルボードメインチャート「ビルボード200」のトップに輝くアルバム「ODDINARY」のタイトル曲「MANIAC」でオープニングステージをプレゼントし、「クモの巣」、「Easy」(イージー)、’ALL IN (Korean Ver.)'(オールイン),’District 9′(ディストリクトナイン)などパワーと魅惑美を兼ね備えた曲で雰囲気を甘くする。さらに、正規2集「NOEASY」(ノイジー)に収録されたバンチャン、ヒョンジン2人ユニット曲を8人完全体バージョンで初公開して爆発的な歓声を導いた。メンバーたちは「長い待ち終わりに今日同じ日を迎えることになってとても感激だ。これまで本当に見たかった。私たちステイ(ファンダム名:STAY)が客席をいっぱいに満たしている様子を見ると、3D映画のように非現実的で信じられない。なんと2年5ヶ月ぶり​​に会う席であるだけに、様々な姿をお見せしようとセットリストからパフォーマンスまでたくさん悩みながら準備した。 )、’副作用’をはじめとするグループ代表曲はもちろん、既存アルバム人気収録曲までファンたちの願いを涼しく解消する多彩な舞台たちで’K-パフォーマンス大将主’の姿を誇った。その中でバンドセッションと合わせて作った計15曲の舞台は断然今回の公演のハイライトだった。韓国の伝統ダブルスを再解釈したスタイリングをして登場した8人のメンバーたちは、「サウンド」を筆頭に「DOMINO」(ドミノ)、「神メニュー」(新メニュー)などジュオクのような曲をバンドライブバージョンで披露し、一味違った満足感を与えた。メンバーチャンビンは「より豊かなサウンドを聞かせたい気持ちで初めてバンドライブを準備してみた。初めての練習の時から席に座ることができないほど楽しくソルリムダ。皆さんも好きでいただきたい」と伝えた。 p> Stray Kids 2n​​d World”

最新アルバム「ODDINARY」収録ユニット曲のステージも初公開された。バンチャン、リノ、スンミン、アイエンは甘いバラード曲「ピアナンダ(バンチャン、リノ、スンミン、アイエン)」で歌唱力を誇り、チャンビン、ヒョンジン、ハン、フィリックス4人組の「Muddy Water(チャンビン、ヒョンジン、ハン、フィリックス)(マディウォーター)は洗練されながらもヒップな魅力が際立っていた。公演末尾には文字通り狂乱の舞台が広がった。 「Hellevator」(ヘリベーター)、「Double Knot」(ダブル鎌)、「TOP(「神の塔」OST)」(トップ)、「昇戦家」につながるエンディングは赤い照明と華やかなLED、強烈なロックサウンドが調和を映画「マッドマックス:怒りの道」の中の一場面を思い出させ、場内を熱狂のるつぼに染めた。ストレイキッズは久しぶりの対面公演であり、観客の声声を聞くことができる重要な時間を迎え、公演場のあちこちを歩き回って観客たちと目を合わせて一緒に呼吸してこれまでの物足りなさを癒した。観客たちは舞台の上のメンバーたちの表情とジェスチャー一つ一つに力強い拍手と歓声で答えたし、暖かいメッセージが込められたスローガンと応援棒を力強く振って会場を美しく彩った。

Stray Kids 2n​​d World Tour’MANIAC’

オープンソウル公演を盛況裏に終えたストレイキッズは、米国と日本にツアー地域を拡大し、さらに多くのワールドワイドファンと会う。来る6月11日と12日日本神戸、18日と19日東京、28日と29日(現地時間)アメリカニューアーク、7月1日シカゴ、3日アトランタ、6日フォートワース、9日と10日ロサンゼルス、 12日オークランド、14日シアトル、26日と27日日本東京まで計10都市で18回の公演を展開し、「Kポップ大勢グループ」の荒れた上昇を続ける。

(写真提供:JYPエンターテイメント)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!