>(エキスポートニュースチョ・ヘジン記者)グループアイブ(IVE)がキャリアハイを達成し、「第4世代代表グループ」の力量を立証した。

アイブ(アン・ユジン、秋、レイ、チャン・ウォンヨン、リーズ、イーサー)は1日に放送されたSBS「人気歌謡」を最後に約4週間の2番目のシングル「LOVE DIVE(ラブダイブ)」活動を成し遂げた。

去る5日2回目のシングル「LOVE DIVE」を発売して4ヶ月ぶりにカムバックしたアイブは同名のタイトル曲「LOVE DIVE」で各種音楽放送を縦横無尽にした。

アイブは愛に対する堂々と主体的なメッセージが収められた曲を通じて「Z世代ワーナビー」らしい姿を現わし、「ミラーダンス」と「ダイビングダンス」をはじめ、初めてダンスブレイクを披露して強烈な中毒性を与えた。完璧な呼吸が際立つ幻想のケミを見せてくれ、ここに安定したライブまで加わり、舞台を見る楽しみを倍加させた。

特にはアルバム発売と同時にタイトル曲「LOVE DIVE」と収録曲「ROYAL(ロイヤル)」ともにバックス、メロン、ジニーなど主要音源サイトにチャートインさせる底力を表わした。 「LOVE DIVE」は音楽放送6冠王と音源チャートのトップレベルに位置するかと言えば、ミュージックビデオはYouTube基準6700万ビューを超えた。活発に続いており、「#LOVEDIVE」ハッシュタグが含まれた映像視聴回数は一週間で2億ビューを超えてグローバル人気を証明した。

ハンターチャート基準初動(アルバム発売後一週間の販売量)33万枚以上を達成し、デビューシングル「ELEVEN(イレブン)」初動の2倍以上増加した数値を記録した。特にアイブは初動集計が締め切りになる前に歴代ガールズグループ初動記録TOP10の席に上がり、「4世代代表グループ」の存在感を強固にした。

出ました。デビュー曲「イレブン」と最近発表した「ラブダイブ」まで音源がビルボード、スポーティファイ、YouTubeミュージック、Amazonミュージック、アップルミュージック、オリコンチャート、ラインミュージック、QQミュージックなどグローバルチャート上位圏に名前を上げて「グローバルスーパールーキー」’を越えて大勢に成長した。

意味のある成績を書いて自分たちの立地をしっかり固めているアイブがどんな姿に戻るか今後の歩みに関心が集まる。

写真=スターシップエンターテイメント(EXPORTSニュースチョ・ヘジン記者)グループアイブ(IVE)がキャリアハイを達成し、第4世代代表グループの力量を立証した。アイブ(アン・ユジン・秋・レイ・チャン・ウォンヨン・リーズ・イーサー)は去る1日放送されたSBS人気歌謡を最後に約4

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!