w540″>

エイティズ(ATEEZ)が新しいアルバムサプライズスポーでドイツのベルリンを足裏にひっくり返した。 「Mercedes-Benz Arena」では、エイティズの2022ワールドツアー「ザ・フェローシップ:ビギニング・オブ・ディ・エンド(THE FELLOWSHIP:BEGINNING OF THE END)」が開催されました。

ネーム(Say My Name)’、’先導部’、’ダンスをして(TO THE BEAT)’など多様なヒット曲メドレーを続けながらも疲れないエネルギーを吐き出して公演場を熱い熱気で満たした。 3年ぶりにドイツベルリンを再び訪れた彼らはファンと共に応援棒でサーフを進行するかとすれば、観客席を背景にアリーナ公演場をいっぱい満たしたファンと共にフォトタイムも持つなどこれまでの物足りなさを癒すために積極的に現地ファンたちと共感しました。

特に普段は熊石を言ったを持ったメンバージョンホと一緒に’マルティス’というニックネームを拒否し、その代わりに’ドーベルマン’になりたがる女相は「なぜか故郷に来たような心地よさが感じられる」と言いながら落ちて場内に大きな笑いをプレゼントする。 p>

今回のベルリン公演は現地ファンの熱い声援に支えられ、さらに一日開催することになったことで、エイティズは「メルセデス・ベンツアリーナ」側からベルリンを象徴する動物であるクマ型の人形をプレゼントされた。 。このお土産は、現地アーティスト「クリオ・カラディム(Klio Karadim)」がエイティズの今回のツアーコンセプトに合わせて特別にカスタマイズしたもので、これまでU2、ミューズ(Muse)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)などがプレゼントされた。

特にベルリン公演でエイティズは「新しいアルバムを準備中だ」と明らかにして熱い歓声を受けた。エイティズは今回の欧州アリーナツアーを通して公演に先立ち、次のカムバックを暗示するティーザー映像を上映してきたところ、直接スポイラーをしたのは初めてであり、これと関連してオンラインではグローバルファンのリアルタイム反応が絶えなかった。

一方、エイティズは来る12日(現地時間)オランダ・アムステルダムで2022ワールドツアー「ザ・フェローシップ:ビギニング・オブ・ディ・エンド」のヨーロッパ最終公演を進行する。

写真=KQ Entertainment提供

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!