ヒョリンが独歩的なパフォーマンスでグローバルファンを魅了した。

この日、ヒョリンは現在出演しているMnet「クイーンダム2」出演陣の最後に登場し、1次コンテストで披露した「Touch My Body」ステージでカリスマあふれるサマークイーンの姿を誇った。

女性ソロアーティストとして登場したヒョリンは、魅惑的なオーラとしっかりとした実力で、ホロオロトが舞台を満たして驚きをかもし出した。それだけでなく、ヒョリンは魅力的な導入部を持つ「Touch My Body」曲でしっかりとした実力を証明し、熱い歓声も呼び起こした。この感じられるボーカルを披露し、巨大なスケールのダンスブレイクパフォーマンスまで加わり、「舞台職人」のタイトルを立証した。意味が格別なだけに、これにヒョリンはファンとの重要な出会いにおいてステージの完成度をさらに高めた。今回の独歩的なパフォーマンスの舞台を見守ったグローバルファンたちは「この舞台だけ100回見た」、「名不虚戦サマークイーン、舞台見るだけでも幸せになる」などの反応を見せて舞台上で最も輝くヒョリンを惜しみなく応援した。 p>

これまでヒョリンは「クイーンダム2」コンテストの中で「Touch My Body」、「So What」、「私の思春期に」などを自分だけのアーティスト的色を倍加させ、様々な色が詰まった舞台で披露し実力派歌手としての限界のないジャンルの消火力を証明した。ヒョリンは去る8日、「KCON 2022 Premiere in Seoul」(以下「ケーコン2022プレミアであるソウル」)に出演し、注目を集めた。この日、ヒョリンは現在

Categories: 放送/TV

山内 貴之

長年メディア産業に携わってきました。 K-Popをはじめ、少し新しい分野に挑戦します。 今日一日も最善を尽くします!