/写真提供=KQエンターテインメント
グループエイティズ(ATEEZ)がヨーロッパアリーナツアーで15万ファンと会った。ファンデミック以後、Kポップ歌手初めてヨーロッパでアリーナツアーの最初の砲門を開いたという点で意味が違う。

「ザ・フェローシップ:ビギニング・オブ・ディ・エンド(THE FELLOWSHIP:BEGINNING OF THE END)」のヨーロッパアリーナツアー幕を下ろした。

/image/108/2022/05/13/0003053322_002_20220513105201345.jpg?type=w540″>/写真提供=KQエンターテイメント年ぶりにヨーロッパのファンに直面したエイティズは去る4月スペインマドリード(Palacio Vistalegre)を皮切りにイギリスロンドン(OVO Arena Wembley)、フランスパリ(Accor Arena)、ドイツベルリン(Mercedes-Benz Arena)、そしてオランダアムステルダムまで5つの都市で8回目の公演を通じてさらに成長した姿を立証した。エネルギーから「夜間飛行」、「スター1117(Star 1117)」のような舞台では、訴え力濃厚感性まで伝えたエイティズは、各地域別言語まで練習し、現地ファンの心をひきつけた。

だけでなく今回のヨーロッパツアーには同じ所属事務所の食口でシンガーソングライター「マドックス(Maddox)」がびっくりゲストとして登場し、甘美な音色でアデル(Adele)の「イージーオンミ(Easy on me)」からイーデン(EDEN)と一緒に作業ある「ランプ(LAMP)」でヨーロッパの夜を彩った。これにアデルの公式ファンアカウントはマドックスの舞台映像に対して「We love this」と答えて注目を集めた。

108/2022/05/13/0003053322_003_20220513105201394.jpg?type=w540″>/写真提供=KQエンターテインメントお互いに忘れられない思い出をプレゼントした。舞台でこれを見守ったエイティズは、目の前を赤くして「皆さんがどこにいても、どんな姿で何になっても、私たちは皆さんと一緒にやる。感想を伝え、観客席を感動で染めた。 「エイティズは会場を熱狂させた」、「2回の素敵なコンサートを一緒にしてくれてありがとう。 /写真提供=KQエンターテインメントデミック以後、ヨーロッパでアリーナツアーの最初の砲門を開いたKポップアーティストという立場からの立地戦的成果を証明しただけでなく、去る1月ソウル公演を皮切りに2022ワールドツアー「ザ・フェローシップ:ビギニング・オブ・ディ・エンド」を通じて米国とヨーロッパのアリーナツアーを回ってこれまで11都市で17回公演を進行して約15万人のファンと呼吸したという点で今後の歩みをさらに注目する。

2022シップ:ビギニング・オブ・ディ・エンド「ヨーロッパアリーナツアー」を成し遂げたエイティズは、7月に日本横浜「ピアアリーナMM」でワールドツアー公演を続ける。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!