>

[OSEN=ジミンギョン記者]発売されたジダン二日ぶりに’ミリオンセラー’の反熱に上がったトゥモローバイトゥゲザーの新報に海外有数の媒体たちが賛辞を送っている。

イギリスの著名音楽マガジンNMEは、トゥモロービアトゥゲザーの正規2集「混沌の場:FREEZE」に続き、ミニ4集「minisode 2: Thursday’s Child」にも別点5点満点を与えた。 NMEは「最悪の上心も彼らの創作の炎を消すことができない」というタイトルのレビュー記事を通じてトゥモローバイトゥゲザーの新しいアルバムを絶賛した。

NMEは次のように述べています。 「Good Boy Gone Bad」が怒りなら、その前には現実を否定する激乱の「Opening Sequence」がある。彼(「Good Boy Gone Bad」)の後ろには(現実と)妥協して憂鬱感に陥り、ついに(現実を)受け入れる旅が続く。ミニアルバムはこのように各トラックの歌詞とサウンドで各段階の感情を鮮やかに捉え、現実世界を反映しようとするこのチームの意図を満たす」と紹介した。

NMEは、Bong Kyuがプロデュースに参加するなど、アルバムの全曲にメンバーが参加したことを言及し、「‘minisode 2: Thursday’s Child’はトゥモローバイトゥゲザーにもう一つの跳躍を意味する。彼らは断固とした創造力と発展を見せた」と評価した後、前作「LO=LO♡ER」に続き、今回のタイトル曲のラップメーキングに参加した演奏についても「タイトル曲と’Lonely Boy(4本目の上のタトゥー)」で素敵なラップで光を放つ」と紹介した。

NMEはカップリング曲「Trust Fund Baby」も集中照明した。記事は「この曲は近年最も記憶に残る独創的な別れ曲の一つ」とし「曲タイトルは時代精神を捉えるトゥモローバイトゥゲザーの能力を表わす」と分析した。 NMEは「このアルバムは人生の屈曲について考えさせる、卓越したレベルの歌を通じてトゥモローバイトゥゲザーが同世代の声に位置づけていることを完全に正当化する」という評価でレビューを終えた。

アメリカのマガジンTeen Vogueもアルバム全曲にメンバーが参加したことに言及しています。合計15分内外の長さのアルバムだが、訴え力が濃いアルバム」と「minisode 2: Thursday’s Child」を高く評価した。

また、Tin Bogは、「トゥモローバイトゥゲザーのストーリーの中の主人公を通して、今回のアルバムは別れと心のような現実世界のテーマを扱う。しかし、すべての虚構的要素の根底にはさらに成長し、個人としてもミュージシャンとしてもどのような人になりたいのか自らを発見していく青年たちの話が込められた」と分析した。/[email protected]

[写真]ビッグヒットミュージック

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!