グループSEVENTEEN(エスクンス、チョンハン、ジョシュア、ジュン、ホシ、ウォン、ウジ、ディエイト、ミンギュ、ドギョム、スングァン、バーノン、ディノ)の新報に海外メディアの好評が相次いでいる。 27日と28日(現地時間)アメリカのビルボード(Billboard)とイギリス有力日刊紙ガーディアン(The Guardian)、英国有名マガジンデイズド(DAZED)などが公式ホームページに掲載した記事を通じて一斉に「今週に必ず聞かなければならないアルバム」 「セブンティーンの正規4集『フェイス・ザ・サン』を挙げた。爆竹と一緒に新しいプロジェクトを開始する。一緒に手を打たせる”と新しい姿に戻ってきたセブンティーンの姿を集中照明した。ながら、私たちの関心を集めて、新たに悟った目的意識を誇示する」という評価を付け加えた。セブンティーンが昨年発売した2枚のミニアルバムすべて米国チャートでTop 20に上がった。

また、デイズドは「9曲で構成された今回のアルバムはエネルギー的です。ヒップホップからウエスタンギターまで様々なサウンドを盛り込んだポップジャンルの曲でいっぱいに満たされた。’ホット’ミュージックビデオでSEVENTEENは終末以降(post-apocalypse)を連想させる砂漠を背景に弾、オートバイなどをすべて避けて爆発的な振り付けを披露する”とパフォーマンスに対する賞賛を惜しまなかった。

セブンティーンは正規4集発売初日販売量175万枚で早く6連続「ミリオンセラー」を達成してキャリアハイを撮り、「フェイスザライン」は発売されてから3日ぶりに販売量182万枚を超え、ハンター週間レコードチャート(2022.05.23~2022.05.29集計基準)1位に上がった。また、加温チャート22週目(2022.05.22~2022.05.28集計基準)週間リテールアルバムチャートでも1位を占めた。

p> [写真=プレディスエンターテイメント提供]

(オ・ユンジュ記者[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!