p>(エキスポートニュースキムノを記者)デビュー7年目グループビクトンがお互いに対する信頼で「カオス」を歌う。

カオス(Chaos)発売記念ショーケースが開かれた。この日の進行はキム・ファンアナウンサーが引き受けた。タイトル曲「Stupid O’clock」は夜遅い時間または早朝の時間を意味する言葉で、時間が流れて夜を迎えなければならない人たちに時間が伝えるメッセージを愛に叩いて表現した曲だ。

この日、ドハンセは今夏のボーイズグループカムバック対戦について「個人的に実力は自分がいる。ボーカルとラップ、サウンドは本当に自分がいるのに、それが私たちだけの差別点ではないかと思う」と所信を明らかにした。

続いて「メンバーたちも個人活動を着実に続けているが、それによって良い姿が見られ、ビクトンというグループを輝かせているようだ」とメンバーに対する深い信頼を表わした。

チェ・ビョンチャンも「5月と6月の多くのボーグ私たちは私たちだけの実力と粘り強い信仰を持っています。話をたくさんしていただきありがとうございます。それだけ7年以降一緒にする歩みを見るのが大変だから。いつのまにかデビュー7年目に入ったビクトンの今後の歩みはどのように予定されているのだろうか。これらのメンバーたちの団結力、意志、信仰である。姿を見せてみるとビクトンがさらに先に進むことができるだろう」と明らかにした。利子原動力になった。 切実でこの場に来ることができた。 7年ジンクスと言うのではないか。 p>

今回のアルバムにはタイトル曲のほか、ミディアムテンポのポップダンス曲「Bonnie and Clyde」、R&Bダンス曲「INK」、モダンポップジャンル曲「Stay」、チョン・スビンが作詞に参加した「In Love」、カン・スンシクが作詞に参加した「Dear」 。 youngなど、多彩な6曲が収録された。 「中で悩みをちょっとした」としながらさらに成熟した姿のための努力を耳にした。

写真=パク・ジヨン記者

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!