ソドバンドがファンとの緊密な呼吸の中で「移籍 Curated 03 ソドバンド」公演を終えた。優勝者であり’朝鮮ポップ’という音楽ジャンルを披露した書道バンドが舞台に上がった。

今回の公演は、韓国の大衆文化を率いる力を持ったアーティストが独自で斬新な公演を企画・提案する現代カードカルチャークレーションの一環として行われ、これでソドバンドは移籍の第3Curatedアーティストが公演に先立ち、ソドバンドは「一人の自我は宇宙よりも大きな世界を持っているのに、その世界をどのように余裕ができるだろうか?」という質問を投げたという。そして「ただ眺めて遊泳し、完全な私を旅すること」という結論に達したと。その意味にふさわしく、今回の公演は大衆に披露してきた華やかな音楽より個人的で率直な思いを表現した曲で構成されるトラックリストが印象的だ。は時には宇宙で、小さな屋根裏部屋で、また夜の海になることもあり、ファンに数多くの世界をプレゼントした。ファンは息吹で、また大きく歓呼し、書道バンドのすべての瞬間を一緒にした。 4年余り準備しておいたまま光を見る日々を待っていたという曲が世に足を踏み出すのに不足がない瞬間だった。

観客が200人にも満たない小さな空間で広がった書道バンドの個人的で率直な話は「Ego(自我)」という主題そのまま彼らのより内面的な音楽世界への招待のようだった。 『ふんりゅう隊長』全国ツアーを燃やした書道バンドがまるで息を選んでいるかのように、カマンガだけ聞かせてくれた今回の公演は、書道バンドにも、またファンたちにも先に進むための心強い力になってくれるものと思われる。

最後曲を控えてボーカル書道は「すべての作品は答えが決まっているのではなく、自分の経験で解釈すること」と話した。書道バンドの自我を投影した特別なトラックリストに加え、移籍に伝える「君と」を含む3曲のアンコールまで。飾られていない素人の書道バンドに会うことができた「移籍Curated 03書道バンド」への答えは、すべての観客の数ほど賛美するだろう。

安兵道記者

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!