/06/07/0004708216_001_20220607113202890.jpg?type=w540″>イ・ソンス、タク・ヨンジュンSM共同代表/写真=SMエンターテイメント提供
イ・ソンス、タク・ヨンジュンSM共同代表2’に選ばれた。

イ・ソンス、タク・ヨンジュン共同代表は米国ビルボードが6日(現地時間)公式ホームページを通じて発表した’2022インディパワープレイヤーズ’に名前を上げた。

‘インディパワープレーヤーズ’はビルボードが2017年から毎年米国の3大メジャーラベルと呼ばれるユニバーサルミュージックグループ、ソニーミュージックエンターテイメント、ワーナーミュージックグループのほか、世界の音楽市場で独自の成果を成し遂げたラベルおよび流通会社のリーダーを発表するリストである。今年はイ・ソンス、タク・ヨンジュン共同代表をはじめ、ケンバント・ディズニー・ミュージックグループ会長、シャリー・ブライアン、オマール・グラント・ロックネーション・ラベル共同代表などが共に選ばれた。開かれたメガラのイベントに招待され、エスパはコチェラのメインステージでパフォーマンスを繰り広げた”とSMアーティストたちのグローバルな活躍を紹介した。

NCTの全世界アルバム販売量が1000万枚を突破した。こうしてKポップが注目を集めている時期にSMがグローバル音楽産業の先駆者とされることが非常に誇りに思っている」と伝えた。

人は去る4月ビルボードが発表した「2022インターナショナルパワープレーヤー(2022 International Power Players)」にも選ばれたことがある。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!