2F(イフ) シン・ヨンジェが2年ぶりにソロアルバムを出す。単独コンサートは5年ぶりだ。この日、シン・ヨンジェ氏は「一生懸命準備しただけに大きな関心を受けたい」と伝えた。と「見ている方々に多くの共感帯が形成されたらと、個人的には老年の愛が最も印象的なようだ」と話した。 「2020年に再隊後初のソロアルバムを出したのだ。その時アルバムを出してコンサートを必ずやりたかったのにコロナ19で延期された」とし「今回のコンサートは以前より今回の新報に合ったコンセプトに行く」と話した。 >

新報「四季」には春、夏、秋、冬まで四季の感性が込められた。アルバム全体を貫通する「季節」というテーマがシン・ヨンジェ氏だけの音楽的色と調和し、さらに繊細な感性に仕上がった。同名のタイトル曲「四季」は真夏の砂漠と爽やかな吹雪のように、私たちの前に繰り広げられるどんな逆境の中でもすべての季節を一緒にするという内容のバラード曲だ。叙情的なピアノ演奏とシン・ヨンジェさんのボーカルが一体となって深く濃厚な感動をプレゼントする。歌だ。曲ごとに季節感が違う」と話した。

この他にも、チョンハさんがフィーチャーリングに出て期待を集めている収録曲「あの花(Feat。チョンハ)」から「夜の海」、「不気味」、「レストオブマイライフ(Rest of my) life)’までタイトルだけでも感性総集合体である曲で今回のアルバムを構成した。四季を代表する感性と胸を響かせるシン・ヨンジェ氏特有のボーカルが調和してリスナーたちの疲れた心に触れることが期待される。ロマンチックなムードの曲”とし”聞きやすく暖かくてときめきが共存する曲”と話した。また、チョンハさんについて「彼の声が本当にきれいなチョンハさんのおかげで録音も本当に早く終わった」と説明した。 「と言った。

この日、シン・ヨンジェ氏は予備花嫁に対して「私が結婚を控えている。しかし、花嫁を念頭に置いて今回の愛歌を準備したわけではなく、ただ自然に愛の感情が出た」と伝えた。

続いて、「予備花嫁が私が作曲だけをして作詞は他の人がしたことを知って失望した」と述べた。その結果が今の時期になった」と伝えた。今後コラボしたいアーティストについては「歌手ペク・イェリン」を挙げた。 LP予約販売はこの日の正午から22日の正午まで各種レコード販売サイトを通じて行われる。長い時間待ってきた音楽ファンにプレゼントのような時間をプレゼントする予定だ。

[写真=オッセン]

[email protected]でお気軽にお問い合わせください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!