歌手にびっくり変身…ミュージックに駐韓ニュージーランド大使同性夫婦出演<内>が先進化しなければ先進国>…外食事業再進出も推進

(ソウル=ヨンハップニュース)で歌を歌いました」を再解釈した新曲「Kトップスター」(K TOP STAR)は、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)で苦しい大衆をそれだけのエキサイティングな方法で慰める歌だ。

ニュースとのインタビューで「性的アイデンティティによる差別だけでなく、他のいろいろなことで大変で疲れた方々に「手をつないで一緒に行こう」というメッセージを楽しく伝えたかった」と発売趣旨を明らかにした。

彼は「コロナ19ファンデミックを体験して、やりたいことをしながら生きるべきだと思った」とし、「芸能人であり実業家として人々に楽しさを与えなければならないと考え、さらに遅くなる前に挑戦してみようと決心した」と歌手変身のきっかけを伝えた。 p>

ホン・ソクチョンは、数年前に敗血症で生死の泣きを越えた後、愛着を持って運営していた食堂を一つ二つ折った。こぼれたのに襲われた格でコロナ19韓派が襲いかかった最後の残りの食堂二ヶ所さえドアを閉めて自分自身と家族・知人に視線を向けたと言った。 (代替不可トークン)として出す提案が入り、関連プロジェクトの一つとして歌まで発表することになった。

ホン・ソクチョンはあっても/みんな起きて一緒に踊ろう」と相違を超えて和合を歌った。を表出したかった」と話した。同性夫婦というより、一国のセリフが他の国のアーティストのミュージックビデオで踊ったという事実がもっと驚くという評価が出ている。

日本と韓国を比較して同じように違う状況を話した”とし”「社会(変化の)スピード感」というのが国ごとに違って新しい感じが聞こえた」と振り返った。

続いて「今回のプロジェクトをしながら「同じようにすれば意味が大きいようだ」と言ったら、快く受け入れてくれた。

「差別を受けた人たち、その中でも性的少数者に関わる歌とミュージックビデオを作るという点で、私を「リスペクト」(respect)してくれたようでした。助けることができればと思います。」ホン・ソクチョン(TOP G)新曲「Kトップスター」カバーイメージ<ホン・ソクチョン提供。再販とDB禁止]

ホン・ソクチョンは先月、米国の「セカンドジェントルマン」ダグラス・エンホフ弁護士と広場市場を振り返った。

誰なのか失わないことが一番大事なのに、これを守ってくれてリスペクトする’と言われました。 1995年KBS大学ギャグ祭でデビューした彼は過去27年間ドラマ、芸能、演劇、ミュージカルなど多様な分野を行き来して活躍した。特に1990年代「男3人女子3」で見せた比重あるコミック演技は、20年以上の歳月が流れても多くの視聴者の脳裏に残っている。キャラクターあるいは過度に重い談論だけを要求してきた。これについて物足りなさはないかと思った。軽いキャラクター演技)一つでも上手だったら意味があると思う”とおまけに言った。 「絶えず挑戦する情熱と姿勢そのものが私にとっては重要だ」と付け加えた。この流れはみな受け入れる雰囲気になったようです。私が目指した絵に近いようです。彼は「ジェンダーレス(Genderless)とエイジレス(Ageless)」と自分を定義し、「男女関係なくコミュニケーションをとることができ、しっかりした年齢でも20代の子供たちと存分に遊ぶことができる。コミュニケーションのブリッジ(脚)役割をすればいいと思った。させる文化が根付いて、私のような人々のアイデンティティも論じる開かれた社会に行かなければ先進国」と強調した。尋ねた。小商工人と自営業者に役立つ「夜マーケット」(Night Mayor)プラットフォームを作るのは悪くないと思う」と答えた。

業家だった彼は今年食堂を再び開く計画もあると耳打ちした。単純な外食事業を越えて食堂運営の問題点を解決してくれるコンテンツに関心がある。食堂をするなら外食分野でも1等をしたいです。 ハハ。映画に駐韓ニュージーランド大使同性夫婦出演内面が先進化されなければ先進国…外食事業の再進出も推進 最近の世代や性別による編分けが激しいじゃないですか?しかし、みんな隣人で、家族で友達です。みんな一緒に

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!